プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない】

暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとTwitterを通じて述べたことが分かった。

また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。

Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人が捕まらない限り、中身を取り戻せない状態だという。

Wan氏のツイッターを見て、「20万BTCといえば現在BTC供給量の1%以上にあたる」という驚き反応やプラストークンの「現金化作業」が市場低迷の理由かもしれないという声も出ている。

まとめ

プラストークンは規模が大きかった分、日本人の被害者も多数確認できているプラストークン以外でも同じ手法を使った、いわゆる「モノなしマルチ商法」のポンジスキームウォレットが次から次へと出ているため、投資の初心者は注意が必要だと思います。

参照元:Cointelegraph Japan

こちらのニュースもチェック!!

仮想通貨配当型ウォレットを含む「モノなしマルチ商法」に関する相談増加

持ち逃げ疑惑のプラストークン関係者ら6名がバヌアツで逮捕

プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認「本体ではない」

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント