LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測】

暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。

「ダスティング攻撃」とはハッカーがウォレット保有者が気付かないほどの少ない暗号資産を多数のウォレットに送付し、ウォレットの取引履歴などを追跡することで私生活を侵害する犯罪手法を意味する。

ハッカーがウォレット保有者である個人や企業が特定できれば、個人情報を利用し、フィッシング攻撃やサイバー犯罪などを起こせるようになる。

この事件に関して、ライトコインの共同設立者、王新喜氏はTwitterで彼自身もダスティング攻撃を受けたことがあることを明かし、「ダスティング攻撃は一般的に大きな威嚇にはならない」と述べ心配する事はないと説明した。

また、「彼自身はダスティング攻撃を無視しているし、ダスティング攻撃を深刻な問題として言及する人たちはFUDであると主張した。

※以下はバイナンスの発表

参照元:Cointelegraph Japan

こちらのニュースもチェック!!

プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか

Libra、リリースされない可能性がある・・FBが投資家に警告か

米、国税庁が暗号資産保有者1万人に「税金督促状」を送付

リップル元従業員「XRPの価格はリップル社と関係ない」」

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント