ビットポイント台湾が、ジャパン側に「約26億円の賠償」を求める

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【ビットポイント台湾が、ジャパン側に「約26億円の賠償」を求める】

Cointelegraphの31日報道によると、暗号資産取引所「BITPoint Taiwan(ビットポイント台湾)」のCEOである郭雅寧(グオ・ヤーニン)氏が「Bitpoint Japan(本社)が先日の12日に発生したハッキングによって(サービス中止)被害を受けた台湾側のユーザーを対象に賠償しなければ即刻訴訟に踏み切りたい」と明らかにした。

ビットポイント台湾のCEOは8月1日ビットポイント ジャパンのCEO小田 玄紀(おだ げんき)氏に会って賠償を要求する予定だ。

また、彼は「今回、要求する賠償額はビットポイント ジャパンの被害額ではなく、台湾ユーザーに対する被害賠償である」と述べ「約6億台湾ドル(約21億円)相当の暗号資産と1.5億台湾ドル(約5億円)を要求する予定である」ことを明らかにした。

ビットポイント台湾は本社のハッキング事件で23日からすべてのサービスが中止され、サービス再開時期も不確実な状態だ。

業界の関係者によると、「ビットポイントジャパンと台湾は同じシステムを使っており、台湾側が4月にハッキングされたとき、本社にシステムのアップデートを要望したが、結局アップデートはされていなかった」と説明した。

参照元:bittimes

参照元:cointelegraph Japan

こちらのニュースもチェック!!

リップル(XRP)、東大・京大と提携へ

Libra、リリースされない可能性がある・・FBが投資家に警告か

IEOプロジェクトの調達資金は『約1,736億円』

ブラジルのフォルタレザ市、BTCで交通機関の乗車券が購入可能になる

米、国税庁が暗号資産保有者1万人に「税金督促状」を送付

マネックスがリブラ協会に参加か

LINEのdApps、4CASTが2019年8月26日にサービスを終了の予定

リップル元従業員「XRPの価格はリップル社と関係ない」」

プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認「本体ではない」

持ち逃げ疑惑のプラストークン関係者ら6名がバヌアツで逮捕

コインポイン

関連記事

コメント