【7/8】世界ニュースまとめ - BTC半減期でマイニング業者はBTCを売らない、LIBRAの難航

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【暗号資産アナリスト、BTC半減期でマイニング業者はBTCを売らないとコメント】

著名な暗号資産アナリスト、Joseph Youngが最近ツイッターを通じ「BTCマイニング業者らがBTCの売却をするより保有するというBrain Kellyの展望があった」と述べ、「半減期が近づくに連れこういった現象は予想より強力な要素として働く」と予想した。

BTCは2020年6月からマイニングの報酬が半分になると想定されている。半減期によって、ビットコインのブロック当たりのマイニング報酬は現在の12.5BTCから6.25BTCになる予定だ。

BTCの半減期は21万ブロックが生成されるたびに訪れると決められており、約4年ごとに一度の半減期を迎えることになる。

参照元:Twitter

【バイナンス最大、1万ドルのバグBountyプログラム発表】

中華系の仮想通貨取引所バイナンスは7/8午前9時頃(日本時間)公式ホームページを通じ、第2バイナンスチェーン及びバイナンスDEX関連のバグBountyプログラム(セキュリティ上衰弱点を発見したら報酬を与えるもの)を発表した。

今回のプログラム期間は約6ヶ月でバイナンスがサービスしているBinance.org、dex.binance.org(API)、Binance Chainなどの欠陥及びバグを発見し知らせるユーザーには最大、10,000ドル相当(約108万円)のBNBを報酬として与えるとの説明だ。

参照元:Binance

【欧州中央銀行(ECB)幹部がLIBRAに関する迅速な規制措置を求める】

7月7日ブルームバーグの報道によると欧州中央銀行の幹部、Benoit Coeureが、金融規制当局にFacebookの暗号資産『Libra』に対して急いで対応する必要があると要求した。

Coeure氏は7日、フランス南部の都市Aix-en-Provenceにて規制が欠如している中で新しい金融サービスと資産クラスの開発を認めることは無責任だと主張していた。

先週は、米国下院の金融サービス委員会が、Facebookとそのパートナーに対し、Libraの開発を中止するよう要請しており難航が予想される。

参照元:APPTIMES

こちらのニュースもチェック!!

プラストークン、韓国サイト・青瓦台請願に調査を促す請願が登場

持ち逃げ疑惑のプラストークン関係者ら6名がバヌアツで逮捕

【7/5】FB、Google、Twitter"仮想通貨広告禁止"に対し市場最大、約54兆円規模の集団訴訟、

【7/4】TAOTAO、1ヶ月で預かり円資産約5億円、1万人ユーザー確

カカオ、投資子会社を通じコスモチェーンの正式サービス"FitsMe"買収

キムチプレミアム再来、日韓でアービトラージってできるんだっけ!?

今回のビットコインの上昇と2017年の5つの違い

KAKAOが仕掛けるKlaytnで発行されるトークンが7月coinoneに上場される見込み

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント