【7/29】世界ニュースまとめ - 6月、IEOプロジェクトの調達資金は『約1,736億円』、リップル、米国の国会への公開書簡を公式ホームページで公開

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【6月、IEOプロジェクトの調達資金は『約1,736億円』】

ICObenchが6月上旬に発表した最新の報告書によると、世界のICOプロジェクトの資金調達総額は2億3000万ドル(約250億円)で、一つのプロジェクトの平均調達額は740万ドル(約8億円)に減少していた。

さらに、6月に成功したICOプロジェクトはわずか31件で、成功率はわずか28%だったことが分かった。

これとは対照的に、同じ時期のIEOは好調で6月末までに、合計182のIEOプロジェクトが15億9700万ドル(約1,736億円)を集め、成功率は60%を超えている。

資金の約90%が上位5つのローンチパッドで調達され、CoinealがIEOの実施数でリードしており、Bitfinexは資金調達額で一位だった。

参考元:Icobench

【リップル、米国の国会への公開書簡を公式ホームページで公開】

28日、リップル社が米国の国会への公開書簡を公式ホームページを通じて公開した。主な内容は以下の通り。

1.ブロックチェーンや暗号資産業界の多く人々は責任を尽くす主体である。米国および国際法律に責任を尽くし、より多くの利益のために責任を尽くす。

2.デジタル通貨は米国ドルのような既存の通貨に置き換えることができるわけではなく補完することができる。

3.米国の革新的な企業が有利な位置が先取りできるように促進する規制と制度の支援を要請する。ブロックチェーンに対する根本的な理解を通じ、暗号資産を既存の伝統的な方式とは異なる分類で扱わなければならない。

参照元:Ripple.com

参照元:Coiness

こちらのニュースもチェック!!

ブラジルのフォルタレザ市、BTCで交通機関の乗車券が購入可能になる

米、国税庁が暗号資産保有者1万人に「税金督促状」を送付

マネックスがリブラ協会に参加か

LINEのdApps、4CASTが2019年8月26日にサービスを終了の予定

リップル元従業員「XRPの価格はリップル社と関係ない」」

プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認「本体ではない」

持ち逃げ疑惑のプラストークン関係者ら6名がバヌアツで逮捕

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント