プラストークン、韓国サイト・青瓦台請願に調査を促す請願が登場 - 海外メディア情報Plus Token

プラストークン、韓国サイト・青瓦台請願に調査を促す請願が登場 - 海外メディア情報Plus Token

更新:

【プラストークン、韓国サイト・青瓦台請願に調査を促す請願が登場】

韓国現地メディアCoinessによるとスキャム疑惑のあるプラストークンに対して、徹底的な調査を要求する国民請願が掲載された。5日登録された請願の題名は"プラストークン出金停止、持ち逃げ疑惑"だ。請願者は"2019年6月28日から出金機能が停止され、被害を受けていることや世界的に被害規模が大きいことから徹底的な調査が行われるようにしてください"とお願いした。韓国の暗号資産専門メディアCoinessは以前、プラストークンに対し、スキャム疑惑があるプロジェクトなので投資家たちは注意すべきだと指摘していた。この指摘に対し、プラストークンの韓国コミュニティ代表は7月2日、Coinessの報道を全面的に否定し、"ホットウォレットからコールドウォレットに変更するプロセスでマスターサーバーがアップデートされ、マイニング機が一時的に同期されない問題が発生した"と説明し"システムアップデートにより出金が遅れている"と解明していた。ブロックチェーンリサーチ専門会社ロングハッシュによるとプラストークン側が現在、オンチェーンで保有していると推測されるEOS、ETHの資産は4億ドル(約43億円)に達するとのこと。

※本記事は海外のメディア情報を参照にした記事でございます。

参照元:Tokenpost

参照元:Coiness

参照元:青瓦台請願

青瓦台国民請願とは?

2017年8月17日、ムン・ジェイン大統領就任100日を迎え、国民と直接コミュニケーションをとるという趣旨で新設された掲示板である。「国民が聞き、政府が答える」をモットーに、2011年に米国のオバマ政権が始めたウィザピープル(We the people)を参考としたものである。請願は政治改革、外交/統一/防衛、雇用、未来、成長動力、農山漁村、健康福祉、育児/教育、安全/環境、少子/高齢化対策、行政、伴侶動物、交通/建築/国土、経済民主化、人権/男女平等、文化/芸術/スポーツ/メディア、その他など17種類のカテゴリーに分類されている。国民請願は別途登録せずにSNSアカウントでログインして誰でも申立てをすることができ、ただし悪口や卑俗語などが使用される場合には、削除される場合もある

こちらのニュースもチェック!!

シェア
COINJINJA編集部(@coinjinja)です。主に仮想通貨、ブロックチェーン関連のニュースをたびたび配信していきます。立ち位置は仮想通貨界隈の大衆紙、毎日正確な情報を適切に配信するというスタンスではありませんのでご注意下さい。