7/2(火) 朝のニュースまとめ - VeChain約28億円分のVETバイバック、韓国財界3位SKグループが、米ブロックチェーン開発会社に約9億円投資

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    コイン相場ユーザー様おはようございます。

    本日の朝4:30分ごろ、バイナンスでBTCが10,030ドルの安値を更新しギリギリ、10,000ドルの壁が崩れませんでした。

    ビットコインは今日、どういう動きを見せるかとても気になります。

    さて、今日も昨日の夜から今日(7/2)の朝にかけて報道されたニュースを要点だけまとめて、お伝えしのでぜひご確認ください。

    【VeChain、2,500万ドルのバイバックを発表】

    時価総額ランキング28位のブロックチェーンプラットフォームVeChainの開発を担当している非営利団体VeChain財団は2,500万ドル(約28億円)のVETを12か月にかけてバックアップすることを明らかにした。VeChainの設立者Sunny LuはツイッターのAMAビデオチャットでこの内容を伝えた。今回のバイバックはイーサリアム基盤のトークンからメインネットネットワークになってから12か月を記念するイベントだという。参照元

    【NEM財団が6月の最新アップデートを公開】

    国内、暗号資産最大メディア―コインポストによると今年の秋にカタパルトのリリースを控えるネムがロードマップ及びカタパルトの最新アップデート内容、また6月におこなったパートナーシップの概要などを報告したという。現在ネムの企業ユースケースの拡大を図るネム財団は、トークンのホルダーやコミュニティ層が厚い日本市場を重要視しているようだ。参照元

    【リサーチ資料によると米、SNSユーザー80%はリブラの購入可能性は極めて低い】

    暗号資産専門メディアーTheblockが米投資会社Jefferiesの設問結果を引用し"米、SNSユーザーらがリブラを利用する可能性は高くない"と報道した。Jefferiesが600名を相手に調査を行った結果、"約80%がリブラの購入可能性が全くないか、確率的に低い"と答えた。調査相手の45%は"FaceBookが消費者のトランザクションデータに対するアクセス権限がなくても不信感を抱いている"と理由を説明した。また、40%は"既にモバイル決済ウォレットを利用中でリブラウォレットを利用する理由がない"と答えた。参照元

    【韓国財界3位SKグループが、米ブロックチェーン開発会社に約9億円投資】

    韓国、財閥企業SK株式会社は最近米ブロックチェーン開発会社“コンセンシス”と協約を締結、約9億円相当の支援することを決定した。具体的な合意内容や時期は公開されていない。イーサリアムの共同設立者ジョセフ・ルービン氏が率いるコンセンシスはイーサリアムブロックチェーン関連のサービスと応用プログラムを開発しており、政府機関及び企業の技術支援をしている。参照元

    【韓国の釜山が地方自治体ステーブルコイン発行に着手】

    釜山市はBNK釜山銀行とブロックチェーン基盤のデジタルバウチャーサービスを推進している。"1ウォン"を"1コイン"として換算し、BNK釜山銀行の口座に入っている金額だけウォレットにチャージし使う形になる。また、青年手当など地域福祉事業もこのステーブルコインで推進する予定だという。釜山市関係者は"中小企業ベンチャー企業部の最終判断は残っているが、ICOなどの敏感な事案はないため、特区指定は無難”であるとコメントした。参照元

    『合わせてご覧ください。』

    7/1 持ち逃げ疑惑のプラストークン関係者ら6名がバヌアツで逮捕

    7/1 藤巻議員、仮想通貨税制改正の嘆願書を提出

    今回のビットコインの上昇と2017年の5つの違い

    KAKAOが仕掛けるKlaytnで発行されるトークンが7月coinoneに上場される見込み

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    コインポイン取引所まとめ取引所診断

    関連記事

    コメント