Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【Coincheck、仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、お客様情報の追加登録を実施】

暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。

2019年8月29日までに追加登録が完了していない場合はお取引(仮想通貨の購入、送金、日本円出金)に制限がかかるとのこと。

お客様情報の追加登録期間(予定)

個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日

法人のお客様:2019年7月下旬以降

追加登録が必要な情報

  1. 国籍や職業などの属性情報

  2. 資産に関する情報

  3. お取引に関する情報 など

参照元:Coincheck Blog

こちらのニュースもチェック!!

TRONの北京オフィスに警察出動-トロンの名前を使ったHYIP案件が原因

BTC半減期でマイニング業者はBTCを売らない、LIBRAの難航

キムチプレミアム再来、日韓でアービトラージってできるんだっけ!?

持ち逃げ疑惑のプラストークン関係者ら6名がバヌアツで逮捕

今回のビットコインの上昇と2017年の5つの違い

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント