「コイン相場」開発週報 Vol.37 - 会員制の導入のお知らせ

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

デモトレのUI・データ表示強化

取引のヒントとなるデータ・機能を追加し、UIを改善しました。 追加されたデータ機能は以下の3つです。

1.暗号資産比

ボラティリティーが大きい仮想通貨市場では現金保有率と暗号資産の保有率を調整しながら取引をする必要があります。

暗号資産比ではユーザーが持っている資産の中で暗号資産がどれぐらい占めているかをパーセンテージで表します。

仮想通貨の投資にまだ慣れていない方々はこの暗号資産比を確認しながら取引することをお勧めします。

2.ランキングをパーセンテージ化

全ユーザーの中で上位の何%に入るかが分かるようになりました。

3.シェア機能

デモトレの結果をみんなにシェアできる機能を追加しました。TwitterなどのSNSや相場チャットでシェアすることができます。

チャットとデモトレの連携を強化

ユーザーが最初にチャットルームにアクセスするとデモトレのランキングが表示されますが、2回目にアクセスした時には相場予想の投票ができるようになりました。

また、ユーザーが自由にこれらを選択できるようにし、使い勝手を高めました。

コイン相場アプリの会員制設計

コイン相場はマネタイズの一つの方法として会員制導入を考えております。

今までの機能はそのままご利用いただけますが今後、チャットルームを中心に会員さまだけが使える機能が増えると予想されます。

設計自体はほぼ終わっておりますが、ブラシュアップしているところです。

今の段階で公開できる情報はバッジができることや会員専用のUIができることです。

出来上がるまでご期待ください!よろしくお願いいたします。

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント