ウォレット内の仮想通貨を日本円に変えるには? - 国内取引所の口座開設をしよう

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ウォレットにある仮想通貨を日本円に変えるには?

ウォレットにある仮想通貨を日本円に変えるには獲得した仮想通貨を取引所のアドレスに送金し、販売する必要があります。

ビットコインアドレスはどんなもの?

ビットコインアドレスの例:BetQEbno5AniwU5X9k6KupmmsEfWrGnr

ビットコインアドレスは、ビットコインを利用するに当たっての「口座番号」のようなものです!

ビットコインアドレスは、1 または 3 から始まる 27~34 文字の英数字からなっており、最初ご利用される方は戸惑うかもれません!

ビットコインを送金する際には送金先のビットコインアドレスを指定が必要です。

国内取引所に上場されている仮想通貨を日本円にする大まかな流れ

【コイン相場ウォレット】→【取引所のアドレスに送金】→【日本円と取引】→【取引所から銀行に送金】

【ウォレットに関するFAQ】コイン相場ウォレットからから外部に出金するときに手数料が高い理由はなんですか?

ビットコインの送金手数料は

1.マイナーの送金優遇

2.取引件数の量

3.ウォレットの手数料 

などの要素で決まります。

最近の手数料の推移を以下のURLから確認すると少し高くなっているのが見られます。

https://bitinfocharts.com/comparison/bitcoin-transactionfees.html

取引の件数が増えビットコインの手数料が高くなっていますが、ウォレットの手数料自体が高く設定されているのは事実です。

弊社側ではウォレットの手数料は一切受け取っておりませんが、ウォレットを開発する際に利用したMixin Networkには手数料を支払う必要があります。

Mixin Networkの長所はウォレット同士で送金手数料がかからないことや送金がとても速いことですが、外部送金の際に手数料が高く設定されているのが短所です。

多くのユーザー様から既にお問合せいただき手数料が高いことは弊社も認識しておりしてMixin側と協議中です。

コイン相場で無料で仮想通貨をゲットする方法

ビットコインを無料で獲得するには? - コインポイン

Quizに正解すると無料でトークンが獲得できる - エアドロップ Q

個人でエアドロップを行う人を見つけよう - みんなのエアドロップ

現金化するのに必要なものリスト

1.取引所のアカウント

→お勧めの取引所を本記事の下でご紹介しますのでご覧ください。

2.取引所に入金できるアドレス

→取引所のアカウントを作ったら入金アドレスを取得し、コイン相場ウォレットから出金しましょう。

※注意:コイン相場ウォレット → 取引所のウォレットにBTCを送金の際は0.0007BTC(2019/03/29基準で約300円相当)がかかります。 送金するたびに、送金手数料がかかりますのである程度BTCを貯めてからまとめて送金することがお勧めです。 尚、時期や通貨によって手数料が異なりますので、ご注意下さい。 (手数料はコイン相場が決めている訳ではなく、各通貨の予め決められたルールに則って変動します)

国内で取引所アカウントを作るならどこがオススメ?

1.DMM Bitcoin

特徴:DMMは多くのアルトコインを取り扱っており、レバレッジ取引もできるのでアグレッシブに投資をされる方にお勧めできる取引所です。

コイン相場のコインポインから登録すると合わせて2,000円分のビットコインが獲得できます。

詳しくはバナーをクリックし、ご確認ください。↓

2.bitbank

特徴:bitbankはアルトコインの指値取引ができる取引所です。 国内で人気のある仮想通貨モナコイン(MONA)やリップル(XRP)の取引高が日本一 なので、アルトコインで大きな資金を運用したい方も安心して利用できます。

今、コインポインで口座開設すると1,500円相当のビットコインが獲得できます。

詳しくはバナーをクリックし、ご確認ください。↓

3.Liquid

特徴:取り扱っている仮想通貨は種類は少ないが、国内取引所最大の25倍のレバレッジ倍率をかけることがでるます。

また、Liquidでは顧客の資産を100%コールドウォレットで保管しているので、セキュリティーがしっかりしている取引所で取引をしたい方にはお勧めです。

今、コインポインで口座開設すると1,800円相当のビットコインが獲得できます。

詳しくはバナーをクリックし、ご確認ください。↓

コイン相場ウォレットから他取引所へ出金方法

【ピックアップ】→【PINコード入力】→【BTC選択】→【出金】→【金額入力】→【他取引所のアドレス入力】→【出金】

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント