法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。

一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、 今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。


関連記事:DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1


概要について

大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。

仮想通貨Watch「日本政府、仮想通貨「暗号資産に呼称変更」や「ICOトークンが金商法対象に」等の改正案を閣議決定」

アンダーソン・毛利・友常法律事務所「【金融法】暗号資産に関する改正資金決済法等について」

後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。

これからの動きについて

最前線の動きについては、Twitter(@niwatako)での書き起こしもかなり有能なのですが、ブログも相当有能な、にわタコさんをチェックしましょう。

http://niwatako.hatenablog.jp/

基本的には 仮想通貨Watch、アンダーソン・毛利、にわタコ この3つが極めて重要な情報ソースになります。

他のメディアの記事は断片的であったり、重要なポイントが漏れていたりするので気をつけましょう。

dApps事業者の動き

法改正を受けて、いくつかの事業者が公式の発表をしているので、並べてみます。

主にウォレットを提供するようなdApps事業者(余談ですが、すっかりdAppsという言葉がサービス提供者と同じような使われ方になりましたね)が影響を受けそうです。

ALIS「ALISのこれからの方針について」

Avacus「改正資金決済法成立後のAvacusの展望について」

仮想通貨Watch仮想通貨の投げ銭サービスが相次いで終了発表

以上、引き続きこの記事は追記していきます。

コインポイン

関連記事

  • ブロックチェーン版、インスタグラムPIBBLE(ピブル)がα版をリリース

    韓国発のブロックチェーンプロジェクトPIBBLEが6か月間のクローズテストを終え、最近α版をプレイストアとアップストアに公開した。PIBBLEはインスタグラムに似ているがSNS活動をするすべてのユーザーは報酬として使えるポイントがもらえる。暗号資産のウォレット機能を利用できる人であればだれもがこのポイントをPIB(暗号資産)に交換し、世界どこでも利用できるのが大きなメリットである。特に、PIBBLEはインスタグラムにはない写真コマース機能を持っており、誰もが自分が持っている写真を販売用としてアップロードできる。ピブルチームは最近の“スマホのカメラ”について機能が高度化されているため、写真作家で
  • Apple Watch(アップルウォッチ)にコイン相場アプリが表示されない

    Apple Watch(アップルウォッチ)にコイン相場アプリをインストールしても何も表示されずに真っ暗な状態ですか?その理由は携帯のアプリと同期させていない状態だからです。Apple Watch(アップルウォッチ)でコイン相場アプリを利用するにはアップルウォッチのアプリと携帯のアプリと同期させる必要があります。【ウォッチリストの設定】→【同期とバックアップ】→【アップルウォッチに同期】アップルウォッチの設計上ウィジェットをリアルタイムで表示させることは不可能です。Apple Watch(アップルウォッチ)のウィジェットは一日に数十回自動更新されますのでご注意ください。
  • 【習うより慣れよ】ビギナーズコンテスト開催のお知らせ

    4月の初頭から2倍以上の高騰を見せるしたビットコイン。「ああー乗り遅れた!」という方は多いのではないでしょうか。でも、焦りは禁物です。特に「これから仮想通貨を買ってみたい」という方は、まずはリスクなくデモトレードで体験することをオススメします。っということで、ビジナーズコンテストと題して、初心者の方向けのデモトレード大会を開催します。の新機能「」で、無料で楽しくトレードを体験してみませんか?(2回目の開催は未定ですw)2019年6月9日(日)00:00〜6月15日(土)23:59無料最終的に上位にランクインした方には下記相当のビットコインをプレゼントします。※賞金はの通帳残高に自動反映さ

コメント