【API連携】Liquid/リキッドのAPI連携方法 - 画像付きで分かりやすい!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【重要】APIキーはスマートフォン所有者にしか分かりません

通常のサービスの場合はサーバーにデータが残る

通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。

コイン相場の場合はサーバーレス

コイン相場ではサーバーレスアーキテクチャを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。

【重要】APIの悪用については弊社は責任を負うことはできません

スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。

仮想通貨取引所Liquid by Quoine(通称Liquid)とは?

金融庁が認可した仮想通貨取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」はQUOINE株式会社が運営する取引所です。

以前はQUONIEXという名前で運営されていましたが、仮想通貨取引所が直面している「流動性」問題を解決するためのソールションを提示し、2018年9月5日にリブランディングしました。

Liquid取引所では「流動性」を束ね、より大きな「流動性」を提供することで市場の安定を促進させる世界初の仮想通貨取引所です。

また、セキュリティ面でもマルチシグ対応をしたり、100%コールドウォレット管理しているなど、とてもしっかりしておりお勧めできる取引所です。

Liquidのメリット

1.ワールドブックで流動性を確保

2.高いレバレッジ倍率

3.スプレッドが小さい!

4.セキュリティーが頑丈

5.運営資金が豊富

【API連携の手順】

1.ログイン後、右上をタップ

2.APIアクセスへ

3.「APIトークン」タブから「APIトークンを作成する」をタップ

4.下記4項目にチェックを入れ「確認」をタップ

5.IDと値をアプリに貼り付け

6.ログイン後、取引可能です

APIキーが認証されない場合

「全選択」でコピーする

キーをコピーする際に「全選択」を選択してから貼り付けてください。

「選択」でコピーすると全部貼り付けされていない可能性があります。

最後に半角の空白が入ってる可能性が多い

bitbankやhitBTCでAPI連携できないというお問い合わせが多いです。

「全選択」しても最後に半角の空白が入っている可能性がありますのでお気をつけください。

その他のお問い合わせ

認証はされるが取引ボタンが現れない場合

iPhone(Android)自体のアップデートをお願いいたします。

その他のトラブルの場合は

お手数ですがコンタクトフォームよりご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。

◤◢◤◢   関連記事   ◤◢◤◢

流動性とセキュリティーが自慢の国内取引所Liquid by Quoineのご紹介と登録方法を解説!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コインポイン

関連記事

コメント