Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

Sponsored by Huobi Japan
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Huobi Japanとは?

Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、https://www.huobi.co.jp/

Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。

Huobi(フォビ)の指値注文と成行注文

Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。 一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。

売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買したいときは指値注文という感じで使い分けるのがおすすめです。

また、Maker(メイカー)とTaker(テイカー)で手数料が異なり、使い分ける方が多いです。Huobi(フォビ)の取引手数料は下記表の通りです。

表のとおり、現在Huobi JapanではJPY建て通貨ペアのMaker手数料が無料となっております。指値注文で新たに取引板に注文を並べる場合はMaker手数料ですが、成行注文の場合はTaker手数料が適用されるので、取引手数料を安く抑えたい場面では指値注文が使われます。

Huobi(フォビ)の成行注文の特徴

国内の多くの取引所が導入している成行注文システムと、Huobi(フォビ)が導入しているシステムでは注文指定方法が異なります。

主要な国内取引所では、「売買数量(枚数)」を入力して指定します。「ビットコインを0.1枚成行で購入」や、「リップルを10,000枚成行で購入」というような注文方法です。売買する仮想通貨の枚数は分かりやすいものの、取引が成立するまで「購入金額」が分からないのがデメリットです。目安の金額は表示されますが、仮想通貨は価格変動が大きいため思わぬ金額で取引が成立するリスクがあります。

Huobi(フォビ)では、「売買金額」を入力して指定します。「ビットコインを5,000円分成行で購入」や「リップルを10,000円分成行で購入」といった具合です。仮に急な相場変動があったとしても、事前に想定していた予算をオーバーすることなく購入できるので、初心者の方でも安心です。

Huobi(フォビ)の成行注文の手順

Huobi(フォビ)で成行注文で仮想通貨を購入するまでの手順をみていきましょう。下記画像は、パソコンから開いたHuobi(フォビ)の取引画面です。

左側にはTradingViewのチャート、買い注文と売り注文の数を視覚化したデプスチャート、取引所の売買板、直近の取引が見られる歩み値が表示されています。右側には注文画面と注文履歴が表示され、ここから「指値/成行」を選択することができます。

金額の入力は、入力フォームの下にあるバーを動かして指定することもできます。「残高の何%を購入に充てるか」を指定できるので便利な機能です。

まとめ

以上のように、Huobi(フォビ)の成行注文システムは想定していた予算をオーバーしてしまう可能性があるというデメリットを補う役割を果たしています。Huobi Japanでは現在BTC/JPYペアは取引手数料が無料で取引することができます。

Huobi(フォビ)は、TwitterやFacebookなどのSNSで仮想通貨に関する情報を提供しています。YouTubeチャンネルでは、分かりにくいブロックチェーンや仮想通貨のことをやさしく解説する「仮想通貨100問」が連載されています。ぜひチェックしてみてください。

Huobi Japan公式ページ

https://www.huobi.co.jp/

Huobi Japan公式SNSページ

Huobi Japan Media(@HuobiJapan)

暗号資産に関するニュースを毎日ツイート。解説1分動画/仮想通貨最新情報/ブロックチェーン関連の役立つコンテンツを毎日つぶやきます。

https://twitter.com/huobijapan

Huobi Japan Exchange(@HuobiJapan_Ex)

暗号資産の相場情報、Huobi Japan取引所に関するニュースを発信するアカウントです。

https://twitter.com/huobijapan_ex

YouTube Huobi Japan チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCpWnfmrT6qyTtkdgZJgNn4w

お問い合わせ:問い合わせフォームへ

フォビジャパン株式会社 

関東財務局長 第00007号(仮想通貨交換業) 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)正会員

仮想通貨ご利用の際の注意

金融庁のホームページに記載されているとおり仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨は、仮想通貨交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎず、金融庁·財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではございません。

仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

仮想通貨は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。

インターネット上でやりとりされる電子データです。仮想通貨は、価格が変動することがあります。仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。

仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの仮想通貨交換業者です。仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

リスク警告https://www.huobi.co.jp/about/risk/

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント