海外でも有力な仮想通貨取引所、Huobiが日本進出、Huobi Japanの特徴とは?

Sponsored by Huobi Japan
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Huobi Japanとは?

「Huobi Japan」は、世界中に展開する仮想通貨取引所Huobiが、日本で2019年1月から仮想通貨取引サービスを開始した国内取引所であり、金融庁の仮想通貨交換業の登録を受けています。(フォビジャパン株式会社、仮想通貨交換業 関東財務局長第00007号、https://www.huobi.co.jp/

Huobiの本社(Huobi Global)には、全社員1300名のうち約300名がエンジニアとして在籍し、その多くはグローバル企業出身です。そのためHuobiは高いセキュリティを実現しており、2013年の本社創立以来、仮想通貨の流出事件は一度も発生していません。

  • 会社名:フォビジャパン株式会社
  • 設立:2016年9月
  • 代表取締役会長:陳 海騰
  • 代表取締役社長:閏間 亮
  • 資本金:12億2234万円(準備金を含む)
  • 所在地:〒106-0032 東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー 17F

Huobi Japanの特徴

取扱い通貨

(出典) Huobiトレード画面 https://www.huobi.co.jp/exchange/

Huobi Japanでは、国内で人気のリップル(XRP)やモナコイン(MONA)を含む「円建ての6通貨ペア」のほか、「ビットコイン(BTC)建ての4通貨ペア」を取引できます。BTC建ての通貨ペアは流動性が高く、スムーズに取引できるのが特徴です。リップル(XRP)については、国内唯一のXRP/BTCペアが提供されています。

各種手数料

現在の日本円の出金手数料は324円、取引に係る手数料は下記表の通りです。

(出典) Huobi公式サイト「手数料」より https://www.huobi.co.jp/support/fee/

現在BTC/JPYペアの取引は手数料無料、その他円建てのアルトコインもMaker手数料無料で取引できます。また、人気のリップル(XRP)のビットコイン建て「XRP/BTC」ペアが取引できるのは国内でHuobiだけです。

【Maker/Takerとは】 取引所の板に出ている指値注文において売買が成立した際に、成立した取引の指値注文を出していた取引参加者を「Maker」と呼び、その相手方となる注文を発注した側を「Taker」と呼びます。 MakerとTakerの取引手数料は異なります。

外部連携用APIの公開

(出典) Huobi公式サイト「お知らせ」より  https://huobi.zendesk.com/hc/ja/articles/360019559374

Huobi Japanは2019年3月13日より、取引所のプログラムの一部機能を公開し、マーケット情報の取得や資産状況の取得、注文が可能となりました。このAPIの公開により、外部サービスのポートフォリオ連携や自動売買機能を使うことができます。

即時反映、振込手数料無料のクイック入金サービス

(出典)Huobi公式サイト「お知らせ」より 

https://huobi.zendesk.com/hc/ja/articles/360019558694

Huobi Japanでは、クイック入金サービスを提供しています。振込手数料無料、原則リアルタイムで反映される便利なサービスです。

(※例外あり、クイック入金ご利用時の注意事項参照https://www.huobi.co.jp/support/deposit/

※現在は住信SBIネット銀行のみに対応しています。

  1. ログイン後、画面右上の「資産管理」メニューから、「入金」を選択して下さい。
  2. サイドメニューの「入金」を選択します。
  3. プルダウンから「JPY 日本円」を選択します。
  4. 「クイック入金」を選択します。
  5. 金融機関を選択後、入金額を入力し「入金する」を選択します。
  6. 銀行ページに遷移しますので、ログインしてお手続きしてください。
  7. 完了画面が表示されましたら、お手続き完了です。

Huobi Japanまとめ

グローバルに展開する仮想通貨取引所Huobiでは、高いセキュリティにより安心して仮想通貨の取引をすることができます。BTC/JPYペアの取引手数料が無料なのに加えて、日本国内で唯一XRP/BTCペアの取引も可能です。

また、Huobi Japanが運営するTwitterやLINEなどのSNSアカウントでは、多方面の仮想通貨の最新情報やブロックチェーン関連の情報を配信しています。YouTubeチャンネルでは、初心者にも分かりやすくブロックチェーンを解説する「仮想通貨100問」を動画配信しています。

Huobi Japan公式SNSページ

Huobi Japan Media(@HuobiJapan)

暗号資産に関するニュースを毎日ツイート。解説1分動画/仮想通貨最新情報/ブロックチェーン関連の役立つコンテンツを毎日つぶやきます。

https://twitter.com/huobijapan

Huobi Japan Exchange(@HuobiJapan_Ex)

暗号資産の相場情報、Huobi Japan取引所に関するニュースを発信するアカウントです。

https://twitter.com/huobijapan_ex

YouTube Huobi Japan チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCpWnfmrT6qyTtkdgZJgNn4w

本記事に対するお問い合わせはフォビジャパン株式会社までお願い致します。

関連記事

  • 【お知らせ】AIアラートをカスタマイズしよう! - コイン相場の人気機能AIアラートがアップデート

    コイン相場ユーザーの皆様いつもアプリのご利用ありがとうございます。今年の3月にリリースしましたAIアラートが大変ご好評をいただき本日の日付で、アップデートしましたのでお知らせいたします。既存のAIアラートでは銘柄を選ぶことができずBTC、ETH、XRPだけの情報を得ることができましたが今回のアップデート30個のメジャーな仮想通貨を選べるようになりました。BTC、ETH、XRP、BCH、EOS、LTC、BNB、XLM、ADA、TRX、XMR DASH、BSV、XTZ、IOTA、NEO、ETC、ONT、MKR、XEM、ZEC、CRO VET、DOGE、WAVES、OMG、DCR、QTUM、R
  • ビットコイン購入なら手数料が明瞭で 使いやすいHuobi (フォビ)がおすすめ!

    は、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されているで、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。2019年になって再び注目が集まり、ビットコインに関心のある方が増えてきました。「ビットコインを購入したいけど、どの取引所を選べばいいか分からない」という初心者の方も多いと思います。この記事では、初心者にも利用しやすい仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の特徴をご紹介します。ビットコインを購入するには、取引所に口座開設をした
  • モッピーペイとは|ポイ活で貯めたポイントを友達に送付する方法

    近年、「モバイルペイメント」や「キャッシュレス」の流れから、◯◯ペイという名前をよく耳にするようになりました。特にPayPay、LINE Payのプロモーション合戦は「札束の殴り合い」と比喩されるほどに、費用をかけた大胆なものになっており、話題を集めています。ところで、ポイントサイトでお小遣い稼ぎをしているポイ活民に嬉しい決済方法があるのをご存知ですか?やのは以前にご紹介しましたが、簡単にポイントの個人間送金ができるモッピーペイというものがあるんです。モッピーペイとは、自分が保有しているのポイントを、他人にURLで送付できるサービスのことです。URLを受け取った側は、モッピーにログイ

コメント