コイン神社の名前の由来について

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

最近、

「JINJAって絶対日本人が付けた名前じゃないでしょう」

とか

「COINJINJAって名前、中二病っぽいですよね」

と言われる事が多いので、少しその由来について解説してみようと思います。

コイン相場の前にCOINJINJAがスタート

アプリのコイン相場で弊社の事を知って頂いた方はご存知無いかもしれませんが、元々はcoinjinja.comというICO検索サイトが始まりです。

なので、その当時のサービス名を安直に社名にしたのが、「コイン神社」です。

タイミングが違っていれば、「株式会社コイン相場」になっていたかもしれませんね。(笑)

実際に、JINJAを選んだ理由は3つ位あるのですが、順番に説明していきます。

1. 日本発、世界で勝負しよう

創業当初から海外進出を視野に入れてたので、海外から見て日本発だとすぐわかり、尚且つインパクトのあるような名前が欲しかったんです。

SAMURAI、NINJA、SUMOU、FUJIYAMA・・・など、案はいくつかありました。その中で、一番しっくり来たのが「神社」でした。

ただ、実際には、外国人の方からは、忍者(NINJA)と間違えられることが圧倒的に多いです。(笑)

2. 神社がある所に、市場が出来る

民俗学者の柳田国男は「市」という漢字について、「斎女」の斎の漢字に由来していると言っています。

「斎女」とは神社の巫女さんのことですね。つまり、巫女さんがいる神社に、「市」が出来るということです。

そういえば、商売をするお店には神棚があったりしますよね。これも神社とマーケットが非常に近かった名残だと思います。

3. 全ての仮想通貨を分け隔てなく

神社仏閣は合わせて市場が開かれる場所で、浅草寺なんかのイメージはかなり近いかもしれません。

"Jedai Temple"という言葉もあったので、"Coin Temple"も選択肢としてはあったかもしれません。

ただ、それこそ数万種類も発生しそうな仮想通貨の世界を考えると、「八百万の神」を祀る事が出来る神社の方がしっくり来るな、と。

まとめ

なので、「神社がある所に仮想通貨市場が出来る、それを創るんだ」という意気込みを込めた名前であるのと、

日本古来の歴史にあやかった名前であるというのがポイントですね。宗教的なニュアンスは全くありません。(笑)

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント