ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

Sponsored by digglue
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

ブロックチェーンの初学者向けオンラインでブロックチェーン技術を学習できるサービス「EnterChain」

2月5日(火)より限定公開版(β版)スタート

ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。

【サービス開始背景】

将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の習得や技術の学習需要の高まりが予想されます。 対面型の教育サービスは増えつつあるものの、ブロックチェーンを教えられる講師の数が足りておらず、技術開発ができるエンジニアや、ブロックチェーンで実現できることや導入メリットを理解しているビジネスマンはそこまで増えていないのが現状です。

※出典:経済産業省「ブロックシェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」

enter image description here

【”EnterChain”の主な特徴】

1. オンライン学習に適したUI テキスト、図解やアニメーション、理解度テストを活用し、難解なブロックチェーン技術をわかりやすく解説します。

  1. プログラミングしながら学習可能 PCへの環境構築は不要で、インターネットブラウザ上でプログラミングをしながら学習することができます。 (エンジニア向けコース)

  2. 基本コースとエンジニア向けの2コースを用意 今回の限定公開にあたり、 Lv1.ブロックチェーンの基本的な仕組み Lv2.JavaScriptで作るオリジナル仮想通貨 の2コースを用意しています。

Lv1では、ブロックチェーンの基礎であるビットコインの仕組みを中心に、テキストと図、理解度テストを合わせて実施できます。 Lv2では、実際にウェブブラウザ上でコーディングを行うことで、オリジナル仮想通貨をつくってみることで、実践的に技術を学ぶことができます。

▼弊社主催勉強会の様子 enter image description here

【今後の展開】

今回、募集した100名からの使用感をもとにサービスの改良と、コンテンツの拡充を図ります。 また、法人向けのサービス提供や、BaaS(Blockchain as a service)向けの学習コンテンツ提供など、ブロックチェーンを導入するために必要なサービス提供を充実していきます。また、導入支援のコンサルティングサービスやブロックチェーンを使ったサービスの開発も請け負い、ブロックチェーンを活用した経済圏の創出を加速していきます。

【株式会社digglue(ディグル)会社概要】

ブロックチェーンを活用し、“価値を発掘し、経済圏をつくる(dig for value and create)”ことをミッションとする。 ブロックチェーンをオンラインで学習するサービス”EnterChain”やブロックチェーンやAIを活用した業務コンサルティング、など、ブロックチェーンの教育・導入支援を実施。 国内のブロックチェーンベンチャーが集まるHashHubを拠点に活動。

  • 所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷3-38-1 本郷信徳ビル7F(HushHub内)
  • 代表者:原 英之
  • 設立:2018年6月
  • 企業URL : https://digglue.com

<お問い合わせ先>

  • 株式会社digglue
  • 代表取締役 原
  • メール: promotion@digglue.com
  • TEL:080-2390-0784

COIN JINJAでは、国内ブロックチェーンスタートアップのプレスリリースを随時募集しています。

弊社もスタートアップであり、応援しています、といえるほどの立場でありませんが、国内のブロックチェーンが盛り上がっていくところにささやかながら貢献したいと考えております。

新サービスのリリースはお問い合わせよりご連絡下さい。

※掲載可否及びその基準に関する質問等には一切お答え出来ませんのでご了承ください。

過去の掲載事例

イベント出展(スタートアップ無料枠)

2018年9月開催・Next Economy Conference 2018にて

株式会社COINJINJAについて

会社概要

  • 法人名:株式会社COINJINJA
  • 事業内容:仮想通貨メディア・ツール・サービス運営
  • 資本金:1億100万円(資本準備金を含む)
  • Co-founder & CEO:徐 楽楽(インタビュー
  • Co-founder & COO:沼崎 悠(インタビュー
  • 本社所在地:〒343-0808 埼玉県越谷市赤山本町4-1 ヨネビル5F

事業内容

  • 仮想通貨オールインアプリ「コイン相場」の企画・開発・運用
  • ICO情報検索サイト「COIN JINJA」の企画・開発・運営
  • ブロックチェーンソリューション事業
  • コミュニティ運営、イベント企画・運営

詳細はこちらから

お問い合わせはこちらから

コインポイン

関連記事

  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・

コメント