仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。

ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。

なので、一旦ここでは、ローリスク、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。

1. トークンエコノミックなサービスを利用する

enter image description here

少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。

日本ではALISというブログサービスが一番有名ですね。

ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。

世界的にも有名なサービスにはSteemitというものもありますが、こちらは英語の記事が多いです。

そしてSynchrolifeというグルメアプリでも、お店のレビューをするだけで、Synchro Coin という仮想通貨が貰えますね。

そんなにたくさん稼げます、というものではありませんが、コツコツ続けていると少しづつ貯まりますね。

2. 仮想通貨を貸し出す

enter image description here

え!?貸し出すの!?と思うかもしれませんが、仮想通貨の貸付(レンディング)は「対企業に貸し付ける事が出来る」「割と利率は高め」という特徴があります。

CoinCheckBitbankといった仮想通貨取引所でも年率最大5%で貸付サービスを実施しています。

銀行に日本円を預けても0.1%位の金利しかつかない事を考えるとかなり高い金利だという事が分かります。

他にもCoinOnでは、期待リターンが年間10%以上となっています。

※ただし、この選択肢は、

  • 元々仮想通貨を保有していないといけない(相場下落リスクがある
  • 一旦相手に仮想通貨を預けないといけない(信用リスクがある

があるという点に注意して下さい。上記で紹介したのは、仮想通貨交換業のライセンスを持った取引所や、上場企業のグループ会社でしたが、当然他には危険な企業やサービスもあるのでご注意を。

3. 無料で仮想通貨を受け取る

仮想通貨は、時々無料で配布していることがあります。(仮想通貨の世界ではエアドロップ/AirDropと言いますね)

最近では数も減ってきましたが、Twitterで #エアドロップ を検索してみると、いくつか出てきますね。

これもよく分からない案件があったりするのは注意ですが、基本的にはETHアドレスを入力する以上の行動はしない方がいいですね。

手前味噌ですが、コイン相場アプリでも #みんなのエアドロ という個人でエアドロップが出来るサービスを出しています。詳細(# そうだ お年玉、配ろう。 「みんなのエアドロ」リリース!

まとめ

仮想通貨を無料で獲得するには、

  1. SNSサービスの利用
  2. 貸付
  3. エアドロップ

の3つがありました。それぞれ獲得出来る量は少ないですが、その分、リスクも少ないです。

で、獲得したらどうするんだっけ?という話になると、「いつか上がる時までガチホ」ですね。

※「ガチホ」は、「ガチで(本気で)ホールド(保有する)」の略で、上がるまでずっと持っておくことです。

宝くじ感覚ですが、タダで貰えるなら貰っておこう、というのも有りでは無いでしょうか。

ちょっとしたお小遣い稼ぎが、意外といい稼ぎになるかもしれませんので。

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント