名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

更新:

暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。

地域貢献、グランパスならではなどの観点を評価

コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。

内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。 さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグッズやチケット、会場グルメなどと交換が可能になる。

シンクロライフのユーザーは、加盟店で飲食することで会計金額の1%〜5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗号通貨「シンクロコイン・SYC」を受け取ることができる。

暗号通貨は、店舗から提供されるQRコードを読み取ることで自動的にシンクロライフアプリのウォレットにプレゼントされる。

飲食店は、初期費用・月額費用なしでシンクロライフの加盟店になることができ、スマートフォンやタブレットで運用ができるため、端末の費用もかからない。

加盟店は、シンクロライフ経由の飲食代金の5%の支払いのみで、シンクロライフ上に広告掲載することができる。

「仮想通貨がもらえるグルメSNSで街中応援」というコンセプトで、シンクロライフのアプリ運用実績、飲食店向けサービス実績、リワード還元の仕組みなどを活用し、名古屋グランパス、グランパスファン、そして地域の三者にメリットがある仕組みとなっている。

シェア
COINJINJA編集部(@coinjinja)です。主に仮想通貨、ブロックチェーン関連のニュースをたびたび配信していきます。立ち位置は仮想通貨界隈の大衆紙、毎日正確な情報を適切に配信するというスタンスではありませんのでご注意下さい。