政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

更新:

ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。

代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのサービスを停止するよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのICOを明示的に禁止し、また仮想通貨の厳しい規制も行なっています。多くの主要経済が仮想通貨を脅威と見なし、何らかの方法で規制したいという構えを取っています。

このような状況では、ブロックチェーンをベースとした大規模なインフラプロジェクトがつまづき、無数の法的問題に陥ってしまうのはよくあることです。そこに抜け道はあるのでしょうか?国民国家からの脅威に晒されている渦中の技術に基づいた、分散型国家を造ることはできるのでしょうか?既存の制度を変更しようと試みるのではなく、新しく構築するだけの価値はあるのでしょうか?

分散型国家はなぜ、最近になってこれほどの関心を集めているのか?

フランス人哲学者のジャン = ジャック・ルソーはかつて、「人は生まれながらに自由である。しかし至る所で鎖につながれる。」と述べました。ルソーは、真の満場一致型意思決定システムが設立された、近代的民主国家を想像したのです。彼の言葉は、分散型国家に目を向けさせるものです。ガンジーからフリードリヒ・ハイエク、プルードンやタゴールまで、その他多くの偉大な思想家たち全員が、少数の手に権力が集中することのない何らかの分散型社会を描きました。

ですが現在成り立っている代表的な民主制は、そういった自由な社会とは全く違うものです。それらはむしろ、あらゆる面で極めて官僚的です。残念ながらさほど効率的ではなく、汚職、縁故主義、えこひいきのような危険をはらんでいます。

現代社会を見つめてみると、大きな経済発展が世界規模で生産性を大幅に上げているにも関わらず、大半の労働者や所得者の状態は概して停滞したままです。世界不平等レポートは、社会の上位1%が成長の50%を独占したと示唆しています。そしてこのトレンドが、世界のあらゆる国々における真実なのです。

この格差は今、より深刻になっています。この状況では、個人の貢献を認識できる制度の提唱が求められます。民主主義体制がその役割を務めることが理想ですが、現代の民主主義は弱体化しています。

フリーダム・イン・ザ・ワールド2019レポートは、米国を含む全世界における自由および市民的自由の継続的低下を示しています。このような証拠の全てが、世界の政治経済に対処するにあたっての、中央集権制度の能力の欠如を指摘しています。

政府による規制と官僚的な手続きに抑圧された大企業は、事業を展開するにあたってより条件の良い国を見つけています。ですが、同じ古い規制と官僚制の同じく古い制度、そして信頼できない政府に拘束されたままの私たちにとって、それは長期的な解決策ではありません。けれども経済的自由の手段としての仮想通貨考案により、分散型国家の構想は、想像以上に近づいてきています。

ブロックチェーンは、分散型国家へどのようにして動力提供できるのか?

情報技術、携帯電話、ブロックチェーン、人工知能のような新しい変革技術の出現は、より良い未来への希望を持たせてくれます。この点において、ブロックチェーンは例に挙げた中で最も重要なものの一つです。この技術は、数多くの既存機関を次のように変える可能性を持っています:

  • 仮想通貨や分散型フィンテック・プロジェクトを通して経済を改革
  • スマートコントラクトを使って法律を改革
  • その他のブロックチェーン・プラットフォームから政治および統治制度を改革
  • 分散型技術認証や記録構造を使って教育制度を改革

ですが行政の現状に対するこういった挑戦は、様々な国の機関において好ましく受け入れられていません。多くの国々が、国家あるいは金融安全保障という名目で革新を抑えつけようとしているのです。インド、中国、さらには米国といった主要経済国家さえ、仮想通貨をある程度偏った目で見ています。

分散型国家は現実となるか?

シンガポールのような都市国家は、その経済的成功がニュースになり続けています。同国の政治制度は、国民により多くの力を与えるよう常に分散化を好んできました。その結果は世界中に示されている通りです。またシンガポールの中央銀行も、国のデジタル通貨を発行するため大々的にブロックチェーン技術を利用したり、支払いの決済や清算にDLTを使用したりしています。

中東の至宝ドバイは、かつてはその豊かな石油資源に経済が完全依存していました。しかし同国は、2022年までに世界初の分散型統治国家となるべく生まれ変わろうとしています。「スマート・ドバイ」プロジェクトは、世界初のブロックチェーン都市を目指して統治のあらゆる側面をブロックチェーンに任せる計画です。

ブロックチェーンを利用したビットネーション(Bitnation)のようなプロジェクトは、忠誠や愛国心の従来的概念よりも統治サービスを重視する、真のボーダーレス国家を作ろうとしています。それらは、本当に包括的な意思決定を可能にする分散型自立組織のように運営されることになります。

これに関連して、ブロックチェーンを利用した分散型国家を作るというノアシティ(Noah City)の取り組みは注目に値します。現代社会がますます金権政治的になる中で、真の実力社会に欠かすことができないコミュニティ精神が失われつつあります。ノアのブロックチェーンは、ノアシティの管理にあたり一般的に使われているプルーフ・オブ・ステーク機構に代わってプルーフ・オブ・インポータンス機構の実装を目指しています。

コミュニティ内で個人が得た権限レベルや社会的評価を定義するために、その個人による貢献や関与には優位性が与えられます。コミュニティ内での仕事は、現代社会での1日分の仕事に相当し、よって人の一生を分散型構造内に組み込むことが可能になります。

ノアシティの主な利点は次のようにまとめることができます:

  • 直接納税の必要がなく、コミュニティへの貢献とその利益が現在の課税構造に置き換えられる。
  • ブロックチェーンによる円滑な海外送金と連動して大幅な金銭的自由を確保できる。
  • ノアシティの一員となることは、他の国家に例を見ない国際レベルの仮想インフラに関わることである。
  • 同国家の市民として身分を強化するため、仮想パスポートと物理的なパスポートが効力を発揮できる。

最後に

分散型国家というアイディアは、新しいものではありません。ですがブロックチェーンのような技術の出現により、その実現が可能なものとなりました。ノアシティのようなプロジェクトは、分散型自立組織のアイディアを現実へ近づけようとしています。本来備わっているはずの高潔さや自由のように、人が長く夢に見ながら未だ成し得ていない性質が、ノアシティの基礎的な柱です。

歴史の中で、この刺激的瞬間を切り開く先駆者になりましょう。ノアシティに今すぐ参加し、市民になりましょう。さらには、分散型投票がどのように機能するかの詳細を見て、スペシャル・ウォレット経由で市民権取得の第一歩に踏み出すこともできます。

プロジェクトの英語または日本語版一般テレグラムチャットへ、気軽に質問を寄せてください。
プロジェクトに関する最新情報は、特別 LINE チャンネルで参照できます。
ディスカッションは、NOAH.QDAO#1NOAH.QDAO#2 のLINEグループで展開中です。

シェア
本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。COINJINJAの執筆記事ではありません。サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。COINJINJAは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。