韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中】

韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。

Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。

27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。

まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。

業界の関係者たちは「ハッキングされたのか、取引所側でコールドウォレットに移したのか意見が分かれている状況」と述べ「取引所がコールドウォレットに仮想通貨を移す場合、事前にユーザーにアナウンスするのが普通であるため、ハッキングされたと疑われている」と説明した。

つまり、仮想通貨取引所はユーザー保護のために、仮想通貨をコールドウォレットに移す場合があるが今回の場合はアナウンスが正常ではない。

韓国の仮想通貨関連のコミュニティではUpbit(アップビット)ハッキングに関する噂があっという間に広がり、不安が高まっている状態だ。

一方で韓国インターネット振興院(KISA)などの機関で、現在Upbit(アップビット)のハッキングについて調査を進めている。

※参照元などの確認はコイン相場Telegramチャンネルでお願いします。)

自分に合った仮想通貨取引所を見つけよう!!

比較記事を読まなくても、自分にぴったりの仮想通貨取引所を診断してみませんか?(11月版リリースされました!)

仮想通貨投資タイプ診断-5つの精霊で判定-

投資経験がない方々はどういう投資スタイルが自分に向いているか簡単に診断することができます。また、投資経験の豊富な方々にとっても投資スタイルを見直す機会になるでしょう!

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント