Bithumbトークンの被害者らが関係者20名を刑事訴訟か・・ICOから-99%下落

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【Bithumbトークンの被害者らが関係者20名を刑事訴訟か】

韓国の仮想通貨取引所Bithumbの買収を進めていた「BXAコンソーシアム(法人名 BTHMB)」が資金不足を理由に、残金が払えない状態になり買収のプロセスで発行された「BXAトークン」が問題になっている。

15日、韓国の関連業界関係者によると、BXA投資家は「被害者の会」を組織し被害事例などの情報収集を行っているという。Bithumbトークンと呼ばれていたBXAトークンは日本でもツイッターなどを通じ、販売されていた。

しかし、Bithumb Globalは11月12日るBithumb Chainにおけるネイティブトークン「BT」を新しく発表している。

韓国のBXAトークン投資家たちは「BTHMB」がBithumbを買収できる能力がないにもかかわらず、BXAトークンをBithumbトークンとして紹介したと主張し、トークン発行・流通に関わっていた関係者20名を対象に詐欺などの罪で刑事訴訟を進めている。

BXAの投資家たちはBithumb側にも責任があると主張し、責任のある態度を求めている。BTHMBのBithumb買収が完了されていない状態でBTHMBはBithumbのブランドを利用し、資金調達を進めていた。

BithumbはBTHMBがブランドを利用することを放置し、逆にBXAトークンのICOが開始された時期、公式ホームページで「Bithumbの株主がBXAトークンを発行した」などのアナウンスをするなど誤解されるような行動をしていた。

しかし、BTHMBの買収がなくなると一変、BithumbはBXAトークンの発行元はBTHMBで、Bithumbは一切関係がないと解明している。

日本でも一時期、SNSなどの経路で販売されていたトークンであるため、今後の動きが気になるところだ。

コイン相場Telegramチャンネルでより多くの情報が受け取れます。ぜひ、ご参加ください。(参照元の確認はチャンネルでお願いします。)

自分に合った仮想通貨取引所を見つけよう!!

比較記事を読まなくても、自分にぴったりの仮想通貨取引所を診断してみませんか?(11月版リリースされました!)

仮想通貨投資タイプ診断-5つの精霊で判定-

投資経験がない方々はどういう投資スタイルが自分に向いているか簡単に診断することができます。また、投資経験の豊富な方々にとっても投資スタイルを見直す機会になるでしょう!

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント