ビットコインにポジティブな4つの世界ニュースまとめ

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

1.【トルコ政府が300万以上の銀行口座を凍結】

海外のニュースメディアによると、トルコ政府は税金を借りているか滞納負債がある個人や法人を対象に銀行口座を凍結すると発表した。税金を借りている250万以上の個人の資産が凍結され、未払金のある80万以上も同じ目にあうことになる。こういった中央政府の動きはなぜ我々が国家と分離されたデジタル通貨が必要なのかを見せてくれている。

2.【香港の不安定な情勢】

香港の一部の現金自動預け払い機(ATM)に現金が足りなく、通貨不足の状態だ。特にHSBCが所有するATMは、香港市民が貯蓄を物理的な通貨に変換しようとしているため、空になっている。これは、中国本土がデジタル支払いを元にデモ隊などを監視しているという恐怖によるもの。こういった情勢が不安定になっている香港ではBTCのOTC取引が急増している。

3.【インドPMC銀行、現金の引き出しを制限】

インドの準備銀行(RBI)は最近、PMC銀行に対し出金制限することを命令した。現在、PMC銀行の顧客は一つの口座当たり、1,000ルピー(約1,500円)を超えない金額だけ出金できる。この措置に対し、顧客の不安が大きくなり最近、25,000ルピー(約37,000円)で出金制限を引き上げた。報道によると、この措置は6ヶ月間続く展望だ。多くの労働者はお金の出金が制限されることを恐れている。PMC銀行以外の問題ない銀行からも取り付け騒ぎが始まっている。

4.【欧州中央銀行が量的緩和を後押し】

Forbesによると、マリオ・ドラギ欧州中央銀行総裁は、同銀行が量的緩和策を「再開」すると述べた。現在、銀行預金率は過去最低の-0.5%だ。ユーロ圏経済は停滞しているため、より多くの通貨を効果的に発行する必要があることを意味する。連邦準備制度のような他の中央銀行も同様の立場にある。

コイン相場Telegramチャンネルでより多くの情報が受け取れます。ぜひ、ご参加ください。(参照元の確認はチャンネルでお願いします。)

自分に合った仮想通貨取引所を見つけよう!!

比較記事を読まなくても、自分にぴったりの仮想通貨取引所を診断してみませんか?

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント