Binance、P2P取引で人民元建の取引が可能に・・中国マネー流入になるか

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【Binance、P2P取引で人民元建の取引が可能に・・中国マネー流入になるか】

中華系の仮想通貨取引所、Binanceは10月9日公式ホームページを通じCNY(中国人民元)建ての取引が可能になったと発表した。現在、取引可能な仮想通貨はBTC、ETH、USDTだ。今、P2P取引へのアクセスには条件があり、30日以上登録されたBinanceのアカウントを持っているユーザーでまずはAndoroidアプリをダウンロードする必要がある。iOSお及び、Web版の展開はもう少し時間がかかる予定だ。Binanceのこの動きで中国マネーの流入が少し期待できるようになった。

コイン相場Telegramチャンネルでより多くの情報が受け取れます。ぜひ、ご参加ください。(参照元の確認はチャンネルでお願いします。)

自分に合った仮想通貨取引所を見つけよう!!

比較記事を読まなくても、自分にぴったりの仮想通貨取引所を診断してみませんか?

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント