AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

Sponsored by Aeron
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。

    ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。

    この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプションの新たな世界が、ARNトークンホルダーへと開かれました。

    即時トークンスワップは、こちらからご利用いただけます:https://i.aeron.aero/swap

    こちらに、トークンスワップに関するよくあるご質問に回答いたしました:

    • ARN ERC20とARN EOS双方のトークンが共存することになります。
    • スワップは強制ではなく、ホルダーの裁量で行うことができます。
    • スワップを行うためのタイムリミットは存在せず、永久的に受け入れ続けます。
    • EOSトークンが公開された場合、ERC20トークンはロックされ(逆も同様)、各EOSトークンは、古いERC20トークンの価値と1:1で変換できます。
    • スワップは双方間に行われ、EOSトークンはいつでもERC20トークンに戻すことができるため、いかなるトークンのバーンも行われません。
    • どちらの方向にトークンをスワップする際も、手数料はかかりません。

    ARN EOSトークンの完璧な流動性は、その初日より、EOS経済圏での主要取引のリストアップと、EOSウォレット MEET.ONEによるサポートにより整えられます:

    ARN EOSトークンの購入、送金、交換:https://meet.one/download/en

    ARN/EOS交換ペア(その他の取引についても今後追加予定):

    Newdex:https://newdex.io/trade/aeronaerozzz-arn-eos

    Chaince:https://www.chaince.com/trade/arneos

    WhaleEx:https://www.whaleex.com/whaleex/dash/trade/ARN_EOS

    BTEX:https://btex.org/#/trade/154445785443355402

    Findex:https://findex.pro/trade/ARN_EOS

    今後、EOSステーブルコイン(EUSD、EBTC、EETH)でのARN交換ペアも追加でご利用いただけるようになり、EOS経済圏での価値交換や保管のための便利な選択肢を提供していく予定です。EOSステーブルコインとその有用性についてはこちらをご参照ください:https://eosstablecoin.com

    さらに我々は、EOS分散型取引で今まで取引をされたことのない方に向けて、基本的な説明書を提供しております。これらの取引所で取引を始める前に、あなたの資産の送金や運用管理に使用するEOSアカウントの登録を行っているかご確認ください。MEET.ONE(https://meet.one/download/en)もしくはPaytomat Wallet(https://wallet.paytomat.com)での登録が可能です。EOSアカウントの取得には数ドルが必要となります。また、トラブルのないウォレット管理のために、ステークを行うのは5 EOS(CPU、RAM、NET用に)までを推奨しています。ウォレットのアプリケーション内でその設定を行うことができます。

    EOSアカウントの準備が整いましたら、すぐに取引を行うことができます。

    これらは、資産を保管するのではなく、ユーザーのウォレットに直結している分散型取引です。全ての取引はスマートコントラクトを経由して実行され、ブロックチェーンに記録されます。これらのEOS取引に登録するには、EOS経済圏で認証を行うことのできる特別なソフトウェアツール Scatterを使用する必要があります。インストールにはあまり時間を要さず、このScatterは様々なプラットフォーム上でご利用いただけます。このツールのインストールと設定には、公式のFAQをご参照ください:https://support.get-scatter.com/collection/14-getting-started。Scatterを経由しての認証ができましたら、あなたのEOSウォレットをDEXアカウントに連携させ、取引を始めましょう。

    特定の分散型取引では、登録にもう一つの選択肢があります。Scatterの使用に加えて、モバイル端末のEOSウォレットアプリケーションでQRコードをスキャンすることで、取引アカウントをEOSアカウントと直接リンクすることができます。もしくはモバイルアプリで直接取引きすることも可能です!

    Aeron(ARN)トークンスワップのバックエンドは、既存の売買システムや顧客金融商品向けの小売業の支払いを扱う、総合型支払ソリューション Paytomatによりサポートされています。Paytomatの基盤により、18種類以上の仮想通貨による支払いが可能で、世界中の小売業へサービスを提供しています。その一方、Paytomatの非委託管理型ウォレットにより、複数コインとERC20・EOSトークンの購入、送金が可能になります。クロスチェーントークン移動の開発は市場全体にとって、そしてPaytomat自身の今後にとっても、より大きく迅速な市場を作り出し、全てのステークホルダーを潤すために重要となります。

    Aeron経済圏は、全力でARN ERC20トークンを支え続けます。EOSトークンの統合は、2019年に徐々に行われる予定です。完全に配備されたのち、EOSブロックチェーンの特色(自由取引、スケーラビリティ、低遅延)は、Aeronのビジネスモデルを大きく成長させることが予想されます。 その一方で、Aeronサポーターによる即時使用も可能で、EOS経済圏とその独自の利点について体感していただくことができます。

    関連記事

    • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

      ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.29

      直近2週間は、UI最適化と機能追加により、アプリがアップデートしました。仮想通貨の相場は相変わらずの冬景色ですが、業界を少しでも盛り上げられるように頑張って参ります。最新版は今週中にリリース予定ですので、しばらくお待ちください。先週にリリースを予定していたTOPページなのですが、UIの微調整・ニュース整理のため予想していた時間より少し時間がかかりました。全ての情報をTOPページでスピーディーに確認できます。最新バージョンでは、各通貨詳細ページでSiri機能をショートカットで追加し、コインの価格がリアルタイムで確認できるようになります。簡単かつ便利に利用できる機能でございますので是非、お試しくだ
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.28

      2019年の1月も半分以上経っております。仮想通貨市場全体が下がっておりますが今年もコイン相場アプリはこれまで以上に進化していきますのご期待ください。今月は主に今までの機能を最適化する作業をおこないました。ニュースタブにTOPページが新設されます。今までユーザーは最新情報を得るために多数のページにアクセスする必要がありました。今回、アップデートされるTOPページではよりスピーディーな情報獲得ができます。また、速報スクリーンショットシェア機能が追加され、SNSで共有できるようになります。一般モードと夜間モード両方で目に負担がかからないような色を選別し、調整いたしました。待ち時間を減らすため、ポー

    コメント