暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

Sponsored by Platio
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。

しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。

ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Platioがこういった問題を解決しようとしているのです。 Platioは英国金融行動監視機構の認可を受けた支払い機関であり、暗号通貨のオペレーションを行うための関連したEUライセンスを保持しており、世界中の30カ国以上で認可されています。

PlatioのCEOであるDima Okhrimchuk氏の信念は「すべての金融資産はトークン化されブロックチェーンで実行されるようになります。 これは革命であり、国際金融システムを完全に変えるでしょう」です。 そのためには、暗号化の採用を妨げる問題に対処する必要があります。 Platioのスマート・バンキング・エコシステムは、こういった問題を解決することを目指しています。

暗号と商取引

暗号通貨がお金として機能するためには、交換手段として使える必要があります。 オンライン化が進む経済において、暗号は商品やサービスの支払い方法として不換通貨に後れを取っています。 取引速度は速く、第三者の仲介者は不要だというのは理想的ですが、それが買い手と売り手の両方に問題を引き起こすのです。

ここでの主な問題は、決済リスクです。 いったん顧客が製品を暗号通貨で支払ったら、売り手が商品やサービスを提供する保証はありません。 この問題を解決するために、Platioは独自のスマート・エスクロー(Smart Escrow)商品を開発しています。 スマート・コントラクトが備わっているので、売り手の資金は両当事者が満足する取引が完了するまで第三者に預託されます。

暗号セキュリティー

秘密鍵に対する不安も、暗号通貨の導入の妨げとなっています。 秘密鍵を持つことで、他人が自分の資金にアクセスできないということはユーザーを安心さるでしょうが、潜在的なユーザーは鍵を失くし、自分の資産にアクセスできなくなることを心配しています。 260億ドル以上の価値がある400万ビットコインがこうやって失われていて、回復することはないでしょう。

顧客が損失から自分の資金を守るための革新的な方法として、Platioは資産保護(Asset Guard)商品を開発しています。 ユーザーは自分のアカウントを設定でき、決められた期間アクセスされないと、残高は暗号通貨または不換通貨で自動的に他の場所に転送されるのです。

Platioのスマートバンキング・エコシステムは、暗号世界の主な課題に革新的なソリューションを提供します。 EOSブロックチェーン・テクノロジーを搭載し、スマート・エスクロー(Smart Escrow)および資産保護(Asset Guard)商品を含むこのプラットフォームは、暗号の資産としての信頼性を高め、世界中に普及するでしょう。

Platioの未公開プレセールは2018年8月20日(月)に開かれました。公開プレセールは10月8日に開始します。

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。[無料チケットのお申し込みはこちら](https://summit.teamz.co.jp/blockchain-summit-conference-only-coinjinja/)スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェ
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 【参加費無料】仮想通貨・ブロックチェーンの国内先駆者が集う「Next Economy Conference 2018」9月15日東京にて開催

    Next Economy Conference 2018は、ブロックチェーンやトークンを組み込んだサービスが2018年から増え始めていくだろう、新しい稼ぎ方、ライフスタイル、これから変わるサービスと未来を先駆者の目線から語り尽くすイベントです。数少ない日本のICO事例であるALISやSynchrolife、ブロックチェーンに踏み切ったモバイルファクトリー、地方×ブロックチェーンで注目を集めるプロジェクトなど国内の最先端を走る方々にお話を伺います。また、当日はスタートアップブースやイベント限定のトークン発行/アトラクションなど10以上のブースも併設しており、ブロックチェーンや仮想通貨が実際に使わ

コメント