IOV -- ブロックチェーンを人類の手元にもたらす

Sponsored by IOV
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

「弊社は公平性、透明性、信頼という価値を体現する未来を築き上げることを希望しています。今のところ暗号通貨の世界はあまりにも複雑です。普及に至るためには、ブロックチェーン技術へのアクセスが簡単かつシームレスなユーザーエクスペリエンスである必要があります」。カリム・ガネム(IOV共同創設者)

「暗号通貨利用の普及に取り組むうえでの大きな問題として、トークントランザクションの実行が難しい点が挙げられます。エンドユーザーが実際に利用する際の観点からは、従来のブロックチェーンプラットフォームは、とりわけウォレットアドレスに関するユーザーエクスペリエンスの問題を解決できていません。例えば、暗号通貨取引の際にかなり頻繁に発生する問題として、『不正確アドレストランザクションエラー』が知られています」。イザベラ・デル(共同創設者兼CTO。元チーフシステムアーキテクト、LISKの最初の技術社員)

概要

IOVとは「価値のインターネット」(Internet of Values)の略称です。IOVはその始まりからある目的を抱いていました。それは、あらゆる人に世界の価値とデジタル資産への平等かつ容易なアクセスを可能にするというものです。IOVが築き上げようとしている技術は、人種、性別、富、教育に関係なく誰でも参加できる、新たなピア・ツー・ピア価値経済への円滑な移行を可能にします。IOVが設計しようとしているウォレットでは、ユーザーにとってすべてのデジタル資産の管理が簡単になり、人間が読み取れるアドレスで価値のやりとりを容易に行えるようになります。

このようなアドレスを可能にする分散型ブロックチェーンネームサービスは、人間が読み取れる形式でのブロックチェーン、固有のデジタル資産、ウォレットの名称に関する、コミュニティが管理する登記簿として機能します。IOVソリューションを支えるブロックチェーン間通信用の汎用プロトコルによって、開発者はアトミックスワップ対応のスケーラブルなアプリケーションを制作することができます。

IOVの技術

  • ブロックチェーン通信プロトコル:デジタル価値の交換のための汎用標準セット:マルチチェーンウォレットのインターフェース、命名システム、アトミックスワップ。

  • IOVウォレット:人間が読み取れるたった1つのアドレスですべてのデジタル資産を交換できるようにする、ユーザーフレンドリーなウォレット。サードパーティの関与は不要です。

  • ブロックチェーンネームサービス:DNS様の分散型ブロックチェーンメタデータ登記簿兼命名システム。

  • IOV-Core:開発者がシームレスにマルチチェーンアプリを制作するための公開ライブラリ。

購読者7000人、コミュニティメンバー6000人。

プライベートセール500万ドル達成。

従業員25人。

パリとバルセロナに営業拠点。

製品ロードマップ

IOV-Coreリリース済み。(https://github.com/iov-one/iov-core
Alphanetリリース済み。

クロスチェーン アトミックスワップ ウォレット プロトタイプ

トークンセールの詳細:https://www.coinjinja.com/ico/iov

関連記事

  • 仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

    仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。なので、一旦ここでは、、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。日本ではというブログサービスが一番有名ですね。ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。世界的にも有名な
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した

コメント