時代の先端へ: AIとブロックチェーンが変える医療システム

Sponsored by STEM CELL COIN
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Nikkei Asian Reviewによれば、日本政府は企業や研究者コミュニティーと連携し、人工知能(AI)を活用した病院の建設を目指すと発表しました。日本政府は医師の人手不足解消、医療スタッフの負担軽減、および医療コストの削減にAIを活用していく計画です。

ハイテク技術はどのようにして既存の医療システムを変革し、改善していくのでしょうか? 医療分野では、これまでより患者にフォーカスした医療の提供、医療サービスの質の向上、そして医師の知識のアップデートを目的にハイテク技術が広く活用されています。技術のもたらす最大の恩恵は、コスト削減と時間短縮です。

AI:理論から実践へ

AIは4つの分野で成果を上げています:  

1.ロボットを使った手術

認知手術ロボティクスは外科手術中、患者の個人データに基づいて的確な道具を選択できるため、手術時間の短縮に役立っています。DaVinciサージカルシステムは小型マニピュレーターと高解像度3Dカメラを備えており、手術中の出血と組織の損傷を最小限にとどめることができ、術後の回復期間の大幅な短縮を実現します。  

2. 業務ワークフローの自動化

これは多量のデータ処理とタスクの優先順位設定をサポートし、医薬品の処方や分析結果の解釈といったルーチンワークの時間短縮につながるソリューションです。クリーブランドクリニックでは何千件もの医療文書をすばやく分析して医師の意思決定をサポートできるよう、質疑応答コンピューターシステムのIBM Watsonを活用しています。  

3.新薬開発

AIは膨大な医療情報をもとに、薬物開発に使える分子を特定することができます。これにより製薬会社は、これまでより素早くかつ低コストで新薬を製造できます。サンフランシスコの専門家が開発したAIシステムのAtomNetは、新薬の合成を支援するAIです。すでにAtomNetを活用し、多発性硬化症やエボラウイルス用の薬を開発した事例があります。  

4.看護師に代わる仮想アシスタントの活用

これを利用することで患者は通院回数を減らしつつ医療スタッフと連絡を取ることができます。同時にヒューマンエラーの確率を下げ、治療効率アップにつながります。例えば、アバターを使った医療補助アプリケーションのSenselyは、症状の説明、薬の服用の通知、そして患者と医師のコミュニケーションに活用されています。

最先端を切り開く

AIがもたらす幅広い可能性を見越して、日本の研究者、科学者、そして医師がチームを組み、AIをStem Cell Projectに活用するという野心的な取り組みを始めています。その目的は、医療システムの改革、そして医療サービスをより安価にし、誰にでも利用できるようにすることです。

そのためにプロジェクトの専門家は、世界のどこからでも患者が医師に相談できるようにするバーチャルクリニックプラットフォームを立ち上げます。このプラットフォームを使えば長時間待つことなく、経験豊富な医師とのコンタクトや、専門家の絞り込みができます。

このソリューションは患者が自宅から各種デバイス(PC、タブレット、ラップトップ、スマートフォンなど)を使って医師のアドバイスを受けることができるため、交通費を削減できます。さらにプラットフォームには翻訳機能があるため、海外の医師ともやりとりが可能です。

バーチャルクリニックのプラットフォームとAIは、患者だけでなく医療スタッフにも役立ちます。遠隔健康診断システムとAIチャットボットはかなりの量の書類仕事を減らすことができ、その結果医師はこれまでよりも患者に注意を払うことができ、ひいては診断プロセスの効率も上がるのです。   Stem Cell Projectは医療サービスの改革を目指し、AIと深層学習に加えてブロックチェーンと暗号通貨という強力なツールを活用します。デジタル通貨は手数料や仲介手続きが不要なので治療コストを大幅に削減できるだけでなく、非常に高い安全性、信頼性、そして透明性が得られます。この考えに基づき、プロジェクトチームは独自トークンであるSCCを開発します。

SCCトークンセールは3段階に分けられます:

  1. プレICO: 2018年5月16日〜9月15日(300,000,000 SCCは既に販売済みです。現在は1SCCにつき10円で販売されています)。
  2. プライベートセール: 2018年9月16日〜9月30日(1SCCにつき12円で400,000,000 SCCを販売)。
  3. パブリックセール: 2018年10月16日〜10月30日(200,000,000 SCC)。

パブリックセールにつきましては、1SCCにつき0.14米ドル(14円)で販売されます。どの時点でも、SCCトークンはBTC、ETH、NEOで購入できます。

革新的な技術が導入されることで医療サービスはますます効率的になっていきます。そしてStem Cell Projectは、医療システムを世界のどこからでもアクセスできるようにしていきます。新時代の医療を目指して、ぜひプロジェクトに参加してください!

ICOとボーナスについての詳しい情報こちらを参照してください。本プロジェクトの他の機能については公式ウェブサイトを参照し、Telegramコミュニティーに参加してください。プロジェクトの最新情報はTwitterFacebookからどうぞ。

関連記事

  • 韓国版でもAirDorpQが実現!「コイン相場」開発週報 Vol.23

    paypayの衝撃ヤバいっすね。私もビッグカメラ行きます!!さて先週はアプリの改良を続けました。ニュース機能はよりソート精度を上げているのでアップデートをお楽しみください。複数の詳細画面をウォッチリストに戻ることなく見れるようになります。操作が1つ減るだけですがこの小さな違いが大きな違いです!!仮想通貨の人気が日本より熱い韓国ユーザーからの要望に応えました。現在2週間ほどかけて韓国で複数のブロックチェーン企業を訪問しています。有意義な話がたくさんできました。詳細は乞うご期待!
  • CHAIN PLUS+が韓国でブロックチェーンサミットを開催

    ![](https://www.coinjinja.com//files/upload/blog/201811/chainus/3-min.jpg)人口5,000万人を抱える韓国は、ブロックチェーンと仮想通貨分野で世界で最も活発な市場の1つです。仮想通貨の全国的な盛り上がりから、さまざまな韓国のトップ企業はブロックチェーン市場を加速化させようとしています。韓国で最も人気のあるSNSを運営しているカカオトークグループがUpbitに投資し、カカオブロックチェーンラボを設立しました。日本でもよく知られているゲーム業界の大手Nexonは仮想通貨取引所をKorbitを買収しました。また、Samsungは
  • 12月14日早稲田大学にて、東京2018ブロックチェーンカンファレンスが開催

    2018年12月10日14時から早稲田大学にてブロックチェーンの動向、スタートアップとキャリアについて語る東京 2018 ブロックチェーンカンファレンスが開催されます。1000円割引になるクーポンコードと合わせてのご案内です。1. 社会人 カンファレンスのみ参加 [WBVIP1000] 2. 社会人 カンファレンス& 懇親会 [WBDVIP3000]  13:30 - 14:00 受付 14:00 - 14:10 開会挨拶 - 早稲田大学教授・朝日透 14:10 - 14:15 スピーカー紹介 14:15 - 15:10 ブロックチェーン業界トレンド 15:10 - 15:2

コメント