Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

Sponsored by Varanida
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。

Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。

このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の制定及びその他の個人情報保護措置の基礎となる事項について定め、 個人情報を扱う団体が遵守する義務」

ブロックチェーンに基づくデジタル広告ネットワーク

ブロックチェーン技術は、既存のプロセスに透明性、分散化、セキュリティをもたらすことで高い評価を得ています。 これらの属性は、世界の広告詐欺率が最も高い日本のデジタル広告市場の需要が高まっています。

デジタル広告の変革に取り組んでいる既存のブロックチェーンベースのプロジェクトは既に存在します。 たとえば、Braveは、広告ブロッカーを内蔵したプライベートウェブブラウザーである自社の製品を通じて、このデジタル広告革命の道筋を拓くプロジェクトです。 しかし、彼らのビジネスモデルは、利益の大部分をユーザーだけにシフトさせます。

一方、Varanidaは、すべての当事者がネットワークにもたらす価値を公平に補償するエコシステムを構築する、分散型の広告とコンテンツのソリューションに取り組むプロジェクトです。 これは、ユーザーデータの非倫理的販売に取り組み、現在存在する広告詐欺の機会の多くを排除します。

Varanidaが不正行為を除外するのに役立つ評判ランクであるVADkarmaを発行するための監査を行う際に、ID、ユーザー、発行者、広告主にはそれぞれ一意のIDが割り当てられます。

Varanidaは、機械学習アルゴリズムと開発中の機能を組み合わせて、ユーザー、出版社、広告主の3つのステークホルダーすべてのデータの整合性を保証します。

ユーザー

ユーザーのプライバシーを保護し維持するために、ユーザーがデータを広告主と共有することを選択しない限り、ネットワークにはユーザーデータは保存されません。 それでも、そのデータは暗号化されており、そのデータを第三者に販売することは決してできません。 広告との対話の代償として、ユーザーはVADトークンを受け取ることができます。VADトークンは、初めてユーザーが安全に収益を得ることを可能にするプロセスです。

ユーザーは、製品やサービスを購入したり、プレミアムコンテンツにアクセスしたり、エコシステムのメンバーだけが利用できる特別なプロモーションを利用するために、ネットワーク内にトークンを費やすこともできます。 コンテンツ制作者がトークンで報酬を与え、質の高いコンテンツを奨励し、コンテンツクリエイターが広告主に優先順位を付ける必要性を減らすことができます。

出版社

Varanidaの分散型収益化モデルは、集中型の広告ネットワーク費用を排除することで、広告のインプレッションあたりの収益の2倍近くを出版社が獲得できるようにする可能性を秘めています。

出版社は、コンテンツにコメントし、共有したり、コンテンツに貢献するVADトークンをユーザーに提供し、ネットワークのトークンを報酬&ロイヤリティプログラムに変えます。ネットワークは、VADトランザクションを使用して、広告を検証します して、品質を確認する人に報酬を与えることもできる。

広告主

Varanidaは、広告購入プロセスにおいて中立的な役割を果たし、手数料を最小限に抑え、広告主がより生産的なキャンペーンを実行できるようにします。 現在の市場では、広告主の予算のかなりの部分が広告ネットワーク、データブローカー、およびトラッキングサービスからの手数料になり、出版社にとってはほとんど残されていません。 しかし、Varanidaのブロックチェーンベースのネットワークでは、広告主は所属する場所に予算を集中させることができます。

広告主は、ユーザーインタラクションを追跡し、広告に与えられた注意を監視する機能も備えています。これは、効果の追及や報酬の調整のために使用することができます。

Varanidaについて

Varanidaの使命とビジョンについてもっと知りたい場合は、ホワイトペーパーをダウンロードして、是非こちらへご覧ください:

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • いま注目すべき、TEAMZブロックチェーンサミット

    TEAMZブロックチェーンサミットは、ブロックチェーン業界のキーパーソン、世界各業界の主要人物、最新のブロックチェーンプロジェクト、大手取引所とメディアプラットフォームを集めた盛大なビジネスイベントである。ブロックチェーンの最新動向を把握、ビジネスチャンスを掴む、貴重な人脈を作る絶好の機会は、2018年9月28日〜29日に東京で開催されるこのイベントにある。イベントの目的は、キーパーソンと優れたブロックチェーンプロジェクトを結びつけ、両者の良好な関係を促進し、取引成立、ビジネスアライアンスを確立、グローバルネットワークを拡大することである。2日間のサミットで、45名のスピーカーとキーパーソン、

コメント