Asian Fintech (Afin) の新技術 : 相互ブロックチェーン

Sponsored by Afin
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Asian Fintech (Afin) は様々な企業家や企業向けにビジネスプラットフォームを提供し、ブロックチェーンプラットフォーム上で、それぞれの分野のビジネスプラットフォーム用のアプリケーションを提供いたしております。

事業計画概要

Asian Fintech (Afin) は様々な企業家や企業向けにビジネスプラットフォームを提供し、ブロックチェーンプラットフォーム上で、それぞれの分野のビジネスプラットフォーム用のアプリケーションを提供いたしております。Afinは「Afinオンラインプラットフォーム」により、企業家と世界中の企業との間で交わされる取引や交渉を促進し、コネクティビティーを向上させ、精度の高い最新の情報とデータをスピードをもって提供する予定です。 Afinは、弊社とパートナー様のビジネスの拡大と多様化を図るためにブロックチェーン技術を取り入れています。売手にとっても買手にとっても費用対効果や利便性の高い技術です。そのデジタル世界を支えるため、取引で用いる第一の媒体として、Afinの通貨をご用意しました。Afinは主要なブロックチェーンシステム、および、Afinコインと呼ぶトークンベースのイーサリアムERC20を使用します。コイン保有者が当取引市場で使用したり取引を行なう主要トークンがAfinコインです。

しかし、送金時に取引が発生するので、市場に出ている他のトークンと同じ問題を抱えています。価格変動性、送金・承認スピード、高い手数料といった問題です。そこで、Afinはステラープロトコル上でブロックチェーンを用いた特別なトークンを作りました。Afin-Sの名でAfinと平行して利用される予定です。送金手数料やスピードという点で効率的なトークンです。価値が固定ないしほぼ固定されるステーブルトークンなので、仮想通貨を利用する際に起きる価格変動性の問題が解決されます。一般的な市場ではAfinコイン保有者はAfin-Sを利用し、利便性と効率性を最大化するためにAfinブロックチェーンシステムで取引を行なうことができます。

問題点と課題点

「相互ブロックチェーン体系」である当ブロックチェーン技術は、新旧問わず金融システムを高揚させ、革命とディスラプションをもたらす可能性を秘めたデジタル通貨を支えるインフラです [1,2]。金融取引の記録を残し証明するために、分散化を図ったビジネス資産台帳です。しかし、一般人が日常生活で価値の交換を行なうための標準的デジタル通貨は未だに存在しません。一般・大衆消費者を引き付ける魅力に欠け、また、既存の金融取引を置き換えるのに十分な構造的キャパシティーや能力が足りていないからです。さらに、デジタル通貨で市場から購入できる商品やサービスは非常に限られています。デジタル通貨に関わる投資家がデジタル取引の在り方に当惑しているのが現状です。

その結果、デジタル通貨プラットフォームや分散型金融ソリューションはいまだに深刻な課題を抱えており、依然として集中型ソリューションの金融システムが金融市場で中心的役割を果たしています。Afinはデジタル通貨に関するそのような課題を克服し、ブロックチェーン技術インフラにより、手軽に交換できるデジタル通貨の価値・情報を提供いたします。

はじめに

流動的なビジネス環境の時代ですが、技術の進展により投資の機会が強力に加速された今、急速な変革を迎えるこのデジタル世界を、大いに活用するときが来ました。Asian Fintech (Afin) は現在、この技術の時代における世界の市場状況に即した多様なビジネス戦略を武器とする、高い潜在的利益を持ったアジアの企業集団や企業家と提携を行っております。Afinはシンガポールの金融中心地であるマリーナベイに本社を置いています。シンガポールはアジアの虎、そして全アジアの金融ハブとしての地位を堅持しています。また、シンガポールはアジアのデジタルハブでもあります。 ソリューションと機会を創出するAFIN Afinは、デジタル通貨 (仮想通貨) こそが21世紀の通貨であり、結集したグローバル経済の下、異なる企業取引の階層において役割を果たすものと確信しております。

従来の規制された経済も、非中央集権化や制約のない取引の持つ価値を理解し始めています。Afinはユーティリティートークンとして実世界の大衆消費者に向けた仮想通貨であり、デジタル通貨プラットフォームにおいて大衆消費者に機会を提供します。Afinは、大衆消費者がAfinデジタルプラットフォーム上で容易に取引を行えるよう協力を行っています。1. スピード : 何百万もの取引を処理し、何百万ものアクティブユーザーとアプリケーションに場を提供 ; 2. 使いやすいインターフェース : 購入、保管、送金を簡単に。使いやすく機能のまとまったアプリ ; 3. 急成長 : 重要な大衆消費者・利用者によるエコシステムの活用を促進するユーザーベースと関わりを持ち、何百万もの利用者に採用されています。AFINのフォーカス Afinは、広く普及していて受取人と利用者双方、そして関係者にとっても有益である資源へのアクセス・利用を行なう仲介役としてAfinコインを活用するために、ビジネスプラットフォームにフォーカスを置いています。

Afinブロックチェーンプラットフォーム構想

開始:2018年、まずは3つのプラットフォーム :

  1. オークションプラットフォーム

  2. ウェルネス維持プラットフォーム

  3. 仮想通貨マイニング管理プラットフォーム

開始 : 2019年、さらに3つのプラットフォームを追加:

  1. 金融&リーシング・保険プラットフォーム
  2. エンターテイメント&ゲーミングプラットフォーム
  3. 不動産&所有地プラットフォーム

2018年の最初の3つのプラットフォームについて、「入会を行い、2018年9月に当プラットフォームで利用できるようにしましょう」

Afinコインは2018年8月27日にICOを行なう予定です。

www.afincoin.ioをチェックしてください

詳細についてはhttp://afincoin.io/にご連絡下さい

メディアコンタクト

会社名 : Asian Fintech Pte Ltd (シンガポール)


コンタクト担当 : Palida Jantratip


メール : [email protected]


国 : シンガポール


ウェブサイト : http://afincoin.io/

テレグラム : https://t.me/AfinCoin

ツイッター : https://twitter.com/AfinCoin

ミディアム : https://medium.com/@afincoin

関連記事

  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!
  • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

    ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.29

    直近2週間は、UI最適化と機能追加により、アプリがアップデートしました。仮想通貨の相場は相変わらずの冬景色ですが、業界を少しでも盛り上げられるように頑張って参ります。最新版は今週中にリリース予定ですので、しばらくお待ちください。先週にリリースを予定していたTOPページなのですが、UIの微調整・ニュース整理のため予想していた時間より少し時間がかかりました。全ての情報をTOPページでスピーディーに確認できます。最新バージョンでは、各通貨詳細ページでSiri機能をショートカットで追加し、コインの価格がリアルタイムで確認できるようになります。簡単かつ便利に利用できる機能でございますので是非、お試しくだ

コメント