コインを自ら上場させ、無制限の取引手数料を手に入れる長期投資方法「NY発、新興取引所BitMart」

Sponsored by BitMart
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

現在、ビットコインを代表とした仮想通貨の価値が高騰している中、多くの投資家の方々は仮想通貨投資に大きな可能性を見出しています。

最近では、Fcoinが開発した「トランスフィーマイニングモデル」が多くの投資家の注目を集めました。このモデルにより、投資家自身がプロジェクト掲載(上場)プロセスに参加し、取引手数料を得ることができるようになりました。

BitMartは、そのようなマイニングモデルに投資家のニーズがあると確信しております。そこで、BitMartはミッションX (Community Listing Market)をスタートします!

ミッションXとは?

ユーザーは、好きなプロジェクトに対しBMXによるサポート(投資)をすることで、BMX市場でそのプロジェクトを上場させることができます。BMX市場上場後のプロジェクトに対する投資の取引手数料は全額サポートをしたユーザーに利益として還元されます。

上場後はBMXの通貨ペアとして掲載されます。また、BMX上場後の有望なプロジェクトはBitMartのメイン市場に上場されます。 (*BMX=弊社トークン) (*BMX市場=BitMartのメイン市場とは異なり、ミッションXのための市場)

Investment Labについて

好きなプロジェクトを上場させるためには、Investment Labでサポート(投資)をする必要があります。

Investment labでは、ERC-20・NEP-5・Stellar smart contractsのコーディングのみ利用できます。

ユーザーは、BMXによるサポートをすることで、好きなプロジェクトを上場に導くことができます。

1つのプロジェクトにつき、最大で100万BMXまで投資可能です。ユーザーによって投資されたBMXはプロジェクトが次の段階に進むための十分な時間を確保するため、90日間ホールドされます。

もし、そのプロジェクトの合計サポート金額が90日間以内に100万BMXを上回らなかった場合は、ホールドが解除され、投資されたBMXは全額サポートをしたユーザーに返還されます。

BMX市場について

Investment Labにて、プロジェクトの合計投資金額が100万BMXに達した場合、そのプロジェクトはBMXマーケットに掲載されます。(BMXマーケットとは、取引手数料0.1%でBMXの通貨ペアとしてトークンを掲載しているマーケット)

BMX市場での取引手数料は、毎日プロジェクトをサポートしたユーザーに還元されます。また、セキュリティを更に強化するため、BitMartは全ての収益とユーザーの匿名化されたメールアドレスを公開します。

ユーザーの方々は、この段階でBMX投資金額の返還を求めることが可能ですが、プロジェクトの投資金額が100万BMXを下回った場合には、そのプロジェクトはBMXマーケットから削除されます。

その削除を避けるため、削除15日間前にお知らせします。また、一度削除されたプロジェクトも再度、投資金額合計100万BMXを超えた場合、BMXマーケットに再度上場されます。

さらに、BitMartはプロジェクトがBMXマーケットに上場された後でも、毎月始めの3日間のみ、BMXで再度サポート(投資)をする機会を設けています。(サポートすることで、そのプロジェクトの取引手数料が利益としてユーザーに還元されるため。)

メイン市場への掲載(上場)について

プロジェクトがBMXマーケットに掲載された後、弊社コインリスティングチームがプロジェクトのメイン市場上場への可否を検討します。

もし、メイン市場へ見事上場された場合でも、合計投資金額が100万BMXを下回らない限りは、BMXマーケットでも引き続き取引が可能です。

「ミッションX」のメリット

ユーザー自身が好きなコインを自らミッションXで上場させることで、そのコイン取引に関する無制限の取引手数料を手に入れることができます。(長期投資)

プロジェクト運営者も掲載費用が無料なので、ミッションXにてサポートを受け、資金調達を図ると共に、取引手数料を手に入れることができます。

BitMart/CEOは、「このシステムにより、ユーザーが自身がプロジェクトを掲載(上場)させることができる、且つプロジェクトは開発ルートの早い段階で主要取引所に上場することができるため、ブロックチェーン技術の成長と革新を促すことができる」と語っています。

ミッションX(Community Listing Market)に興味のあるプロジェクトは、下記のURLから申し込み可能です。どんな種類のプロジェクトでも応募可能です。お待ちしております!!

BitMartについて

  • 国内外問わず業界No,1の最安値(0.05%)の取引手数料
  • 2018年3月にサービスを開始したばかりだが、今年7月には総出来高約1000億円以上を達成し、世界最大の通貨サイトCoinMarketCapでは、世界取引所ランキングTOP38にランクイン
  • 現在アメリカ・中国・韓国にオフィスを展開し、世界160カ国以上44万人以上の登録ユーザーが利用
  • 海外取引所では稀な完全日本語対応(一部を除く)
  • 安心の日本人社員駐在で24時間日本語カスタマーサポート(@BitMartSupport)
  • iOS版・Android版もあり
  • アメリカ連邦政府のMSB取得済み

主なメディア掲載について

  • CCN(アメリカ最大級の仮想通貨ニュースサイト)
  • CoinMarketCap(業界最大のコインリスティングサイト)

詳しい情報は、こちら⇩をチェック¥

ホームページ/ 日本語版Twitter / Facebook

関連記事

  • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

    世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で
  • BitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)が正式リリース

    OneBox株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤直樹)は、2018年12月13日に無料でBitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)を正式リリースしたことをお知らせします。()Tadacoin(タダコイン)は、2018年9月からBitcoinのFaucetサイト)としてβ版の提供をしておりました。 Faucetとは、「水道の蛇口」という意味から転じて、「蛇口をひねるように仮想通貨が出てくる」という意味で仮想通貨の世界では使われています。高水準の配布額で、ユーザー数は2ヶ月で2万人を超えました。2018年11月26日には、Tadacoin(タダコイン
  • 早稲田大学で講義しました!「コイン相場」開発週報 Vol.24

    急に寒くなりましたね。風邪には十分お気をつけください。私は暖房をタイマー設定するの忘れるのが多々あり、喉を痛めております。重複した内容を速報は1つだけ発信するようにニュース内容を解析して自動でフィルターに掛けれるように開発中です。履歴の価格計算の精度の向上を図っています。今まではグローバル価格で計算していましたが各取引所ごとの価格で算出できるよう開発中です。価格の上下が激しい場合に頻繁にアラートが鳴らないように開発中です。毎週金曜の作戦会議です。みんなで意見出し合ってより良いサービスを提供するために議論しています。12月10日に弊社の沼崎が早稲田大学で講義しました。眠そな人がいなくて助かりまし

コメント