コインを自ら上場させ、無制限の取引手数料を手に入れる長期投資方法「NY発、新興取引所BitMart」

Sponsored by BitMart
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

現在、ビットコインを代表とした仮想通貨の価値が高騰している中、多くの投資家の方々は仮想通貨投資に大きな可能性を見出しています。

最近では、Fcoinが開発した「トランスフィーマイニングモデル」が多くの投資家の注目を集めました。このモデルにより、投資家自身がプロジェクト掲載(上場)プロセスに参加し、取引手数料を得ることができるようになりました。

BitMartは、そのようなマイニングモデルに投資家のニーズがあると確信しております。そこで、BitMartはミッションX (Community Listing Market)をスタートします!

ミッションXとは?

ユーザーは、好きなプロジェクトに対しBMXによるサポート(投資)をすることで、BMX市場でそのプロジェクトを上場させることができます。BMX市場上場後のプロジェクトに対する投資の取引手数料は全額サポートをしたユーザーに利益として還元されます。

上場後はBMXの通貨ペアとして掲載されます。また、BMX上場後の有望なプロジェクトはBitMartのメイン市場に上場されます。 (*BMX=弊社トークン) (*BMX市場=BitMartのメイン市場とは異なり、ミッションXのための市場)

Investment Labについて

好きなプロジェクトを上場させるためには、Investment Labでサポート(投資)をする必要があります。

Investment labでは、ERC-20・NEP-5・Stellar smart contractsのコーディングのみ利用できます。

ユーザーは、BMXによるサポートをすることで、好きなプロジェクトを上場に導くことができます。

1つのプロジェクトにつき、最大で100万BMXまで投資可能です。ユーザーによって投資されたBMXはプロジェクトが次の段階に進むための十分な時間を確保するため、90日間ホールドされます。

もし、そのプロジェクトの合計サポート金額が90日間以内に100万BMXを上回らなかった場合は、ホールドが解除され、投資されたBMXは全額サポートをしたユーザーに返還されます。

BMX市場について

Investment Labにて、プロジェクトの合計投資金額が100万BMXに達した場合、そのプロジェクトはBMXマーケットに掲載されます。(BMXマーケットとは、取引手数料0.1%でBMXの通貨ペアとしてトークンを掲載しているマーケット)

BMX市場での取引手数料は、毎日プロジェクトをサポートしたユーザーに還元されます。また、セキュリティを更に強化するため、BitMartは全ての収益とユーザーの匿名化されたメールアドレスを公開します。

ユーザーの方々は、この段階でBMX投資金額の返還を求めることが可能ですが、プロジェクトの投資金額が100万BMXを下回った場合には、そのプロジェクトはBMXマーケットから削除されます。

その削除を避けるため、削除15日間前にお知らせします。また、一度削除されたプロジェクトも再度、投資金額合計100万BMXを超えた場合、BMXマーケットに再度上場されます。

さらに、BitMartはプロジェクトがBMXマーケットに上場された後でも、毎月始めの3日間のみ、BMXで再度サポート(投資)をする機会を設けています。(サポートすることで、そのプロジェクトの取引手数料が利益としてユーザーに還元されるため。)

メイン市場への掲載(上場)について

プロジェクトがBMXマーケットに掲載された後、弊社コインリスティングチームがプロジェクトのメイン市場上場への可否を検討します。

もし、メイン市場へ見事上場された場合でも、合計投資金額が100万BMXを下回らない限りは、BMXマーケットでも引き続き取引が可能です。

「ミッションX」のメリット

ユーザー自身が好きなコインを自らミッションXで上場させることで、そのコイン取引に関する無制限の取引手数料を手に入れることができます。(長期投資)

プロジェクト運営者も掲載費用が無料なので、ミッションXにてサポートを受け、資金調達を図ると共に、取引手数料を手に入れることができます。

BitMart/CEOは、「このシステムにより、ユーザーが自身がプロジェクトを掲載(上場)させることができる、且つプロジェクトは開発ルートの早い段階で主要取引所に上場することができるため、ブロックチェーン技術の成長と革新を促すことができる」と語っています。

ミッションX(Community Listing Market)に興味のあるプロジェクトは、下記のURLから申し込み可能です。どんな種類のプロジェクトでも応募可能です。お待ちしております!!

BitMartについて

  • 国内外問わず業界No,1の最安値(0.05%)の取引手数料
  • 2018年3月にサービスを開始したばかりだが、今年7月には総出来高約1000億円以上を達成し、世界最大の通貨サイトCoinMarketCapでは、世界取引所ランキングTOP38にランクイン
  • 現在アメリカ・中国・韓国にオフィスを展開し、世界160カ国以上44万人以上の登録ユーザーが利用
  • 海外取引所では稀な完全日本語対応(一部を除く)
  • 安心の日本人社員駐在で24時間日本語カスタマーサポート(@BitMartSupport)
  • iOS版・Android版もあり
  • アメリカ連邦政府のMSB取得済み

主なメディア掲載について

  • CCN(アメリカ最大級の仮想通貨ニュースサイト)
  • CoinMarketCap(業界最大のコインリスティングサイト)

詳しい情報は、こちら⇩をチェック¥

ホームページ/ 日本語版Twitter / Facebook

関連記事

  • Lufthansa、Microsoft、NEM、それに続く企業たち- 明日に架ける橋なるか、UNIBRIGHT…

    Microsoft、Lufthansaとのハッカソン、NEMとの提携…
大手企業と手を組み、強い意志を持って活動する。その成功は、同社の戦略の正しさを証明している。成功を収めたICOから3ヶ月あまり。同ドイツ企業は、有望なパートナーシップ、そして実際のユースケースに初の顧客を獲得してトップニュースを飾った。事業統合に20年以上の実績を持つデベロッパーチームであるは、新たなテクノロジーに関してあらゆる企業が抱える共通課題への取り組み方を心得ているようだ。それがブロックチェーンに関するものなら、なおさらだ。のCEO、 はこう述べる:「近頃はほとんどの企業がブロックチェーン技術に強い興味を示
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。

コメント