Lufthansa、Microsoft、NEM、それに続く企業たち- 明日に架ける橋なるか、UNIBRIGHT…

Sponsored by UNIBRIGHT
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Microsoft、Lufthansaとのハッカソン、NEMとの提携…
大手企業と手を組み、強い意志を持って活動するUnibright。その成功は、同社の戦略の正しさを証明している。

成功を収めたICOから3ヶ月あまり。同ドイツ企業は、有望なパートナーシップ、そして実際のユースケースに初の顧客を獲得してトップニュースを飾った。事業統合に20年以上の実績を持つデベロッパーチームであるUnibrightは、新たなテクノロジーに関してあらゆる企業が抱える共通課題への取り組み方を心得ているようだ。それがブロックチェーンに関するものなら、なおさらだ。

UNIBRIGHTのCEO、 Marten Jungはこう述べる:

「近頃はほとんどの企業がブロックチェーン技術に強い興味を示しているものの、使いこなすのに苦戦しているのが現状です。この問題を解決するために、当社は Unibrightのフレームワークを作り上げました。これを使えば、企業は容易に、そして技術面での知識がなくとも、最先端のブロックチェーン技術を既存のビジネスとITシステムランドスケープへ統合することができます。」

Unibright フレームワークの突出した機能は、ブロックチェーン採用にあたって企業が直面するあらゆる課題を反映している:

長期的戦略の計画

ブロックチェーンの初期段階ではあるものの、ビジネス関連のプロトコルは急速な広がりを見せている。現行のブロックチェーンのそれぞれが、異なる機能を提供している。長期的に確かなビジネスプロセスを構築するためにそれら全てから一つを選ぶことは、企業にとっては不可能に近い作業だ。

実装

熟練のブロックチェーン開発者やスマートコントラクト開発者は希少であり、高価だ。企業としては、その見込み違いは避けたいところだろう。スマートコントラクト内のエラーは広範囲に渡って影響を及ぼし、中央集権型システムにおける従来のプログラミングとは対照的に、大変複雑な修理を要してしまう。

統合

当然のことながら各社は、ブロックチェーンのためだけに現行のITシステムランドスケープを変更したいとは思っていない。しかしオフチェーンのシステムに完璧に統合されていない限り、ブロックチェーンの実装がどんなに完璧でも意味がないのだ。

監査

あらゆる新システムまたは技術が企業のプロセスに関わるようになり、全てのデータと情報を記録することはさらに困難になってきている。プロセスの観点から言えば、データがどこから現れるのかはさして興味深いことではない。それよりも、それが現行のプロセスにどのような意味を持っているかの方が重要だ。

そのような課題を踏まえると、企業内に存在する全ITシステムの99%が未だにブロックチェーンを使用していない、もしくは接続していないというのは、無理もないことだ。 Unibrightは、上に述べたような問題に対して包括的ソリューションを提供することにより、現状に変化を起こすことを目指している。

異なるユースケースに基づいて、このフレームワークはカスタマイズ可能なテンプレートを提供している。これは、個々の事業統合ワークフローを目に見える形で設計するものだ。あらゆる必要オブジェクトは、フレームワークによって自動的に生成されることになる:

  • スマートコントラクト 異なるブロックチェーンを実装
  • スマートアダプター  他のオンチェーン・オフチェーンのシステムと接続
  • スマートクエリ    リアルタイムで進行中の統合プロセスを監視

Unibrightがどのようにギャップを埋めるのか

Unibrightは、ブロックチェーンの採用に新たなスタンダードを設ける、統一フレームワークを提供する。「コーディング要らず」のアプローチにより、企業はビジネスプロセスという重要事項に専念できるようになる。

LufthansaDr. Jörg Liebe、デジタル・イノベーション・ハブ・エアラインおよびエアライン製品のシニア・ディレクターはこのようにコメントしている:

「流行用語としてのみブロックチェーンという語が使われているのをしばしば耳にしますが、私たちはこれを実際に活用していきたいと考えています。」

Unibrightフレームワークがもたらすのは、技術的なソリューションだけではない。この新技術の未来のユーザーたちの意識を高め、彼らの理解を深める手法としても、それは役に立っている。そのため、同フレームワークはエコシステム内の様々なプレイヤーにとって魅力的であると言える:

  • ブロックチェーン・ノードのために構築された自社インフラストラクチャーへ消費をもたらしたい、 技術系大手企業
  • 顧客へ提案できるブロックチェーン技術に関するソリューションを探している、コンサルティング企業
  • ブロックチェーン技術着手にあたり、長期に渡って有効なソリューションを探している企業
  • プラットフォームとプロトコルを提供できる「実社会」の顧客を探している、ブロックチェーン企業

これら異なるビジネスをつなげるために、UnibrightはMicrosoft(2018年5月)のような技術系大手、 Zühlke (2018年6月)のようなコンサルティング会社、そしてLufthansa (2018年7月)のような世界的プレイヤーと共同で一般向けイベントを開催している。さらに、高品質なブロックチェーン・プロトコル(2018年8月のNEMのような)との積極的な提携は、あらゆる関係各社の成功を支援した。

Unibrightフレームワークは、定義、実装、メンテナンス、監査、そして統合まで、ビジネスプロセスのライフサイクル全体に配慮するものだ。この包括的なアプローチにより、企業はブロックチェーン技術に深入りする必要がなくなる。そして、その利点のみを事業に役立てることに集中することができるのだ。

Unibrightフレームワークを使用するために必要なユーティリティ・トークンは、2018年8月14日付でQRYPTOSで取り扱い開始済み。

関連記事

  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!
  • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

    ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の

コメント