OSA DCは日本の小売業に革命を起こします

Sponsored by OSADC
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

「苦あれば楽あり」ということわざで表されるように、人間万事塞翁が馬、日本の消費市場の特色やニーズの変化を理解する努力を続ければ、巡り巡って利益を得ることになるのではないでしょうか。日本人は伝統を従順に守りながら生活する静かな人種のように見られがちですが、日本経済は世界の先駆けを走る経済圏として世界で認識されています。約1億2500万人の人口を抱える日本は、GDPは世界3位で世界経済の約10%を占めています。経済産業省のレポートによると、2017年の商業販売額は約456兆円(卸売業約313兆円、小売業約143兆円)となりました。これまで数々のテクノロジーの発明が行われ、世界のハイテク製品の約25%を占めるまでに至りました。日本経済は大多数の中流階級の消費者によって今もなお牽引されていますが、進行する少子高齢化の経済への影響により、小売業は大きな変化を求められる状況に置かれています。

小売サービス提供における、過去の習慣

日本の消費者は世界の他の消費者と全く異なる存在です。彼らにはヨーロッパとアジアにおける購入者両方の独特な特徴が兼ね備わっています。10〜15年以上前、日本人の習慣(好み・考え方)は小売業界に大きく貢献していました。目新しいものを常に探し続ける彼らの姿勢が、ハイテクなガジェットの生産・ハイテク電子製品の購買を促しました。当時は秋葉原の地域を歩くだけで、この状況が分かるほどでした。日本の消費者は、アジアの消費者にみられる特徴ですが、ショッピングをエンターテインメントとして捉える傾向にあり、これが結果的に小規模な小売ひいては小売業界の活性化へとつながっています。幅広い価格幅の物を購入する意欲により、高価なブランドと100円ショップの両カテゴリが生き残る結果となりました。とりわけ日本人は高価なアイテムを選択する際、「高い質とサービス」を得るための追加費用を支払います。さらに、日本の消費者は地元のアイテムよりも、輸入製品を選ぶ確率が高いことも研究によりわかっています。良質な製品を提供する国内メーカーより、ヨーロッパのデザイナーによる高価な靴・ハンドバッグ・洋服などを購入することで、社会的な地位を示すことができました。またスイスの時計・フランス産のワイン・イタリアのパスタ等のように、「国を代表する製品は最高のものである」という一般論をよく支持することでも知られています。ある一部の人達にとっては、ハリウッド映画で頻繁に宣伝される人気マス・カルチャーの影響を受けて、憧れのものを手に入れたいという欲望を充足するための手段でした。

年月が経つにつれ、変化も同時に起こってきます。

しかし、消費者行動の変化に伴い、過去15年間の間に小売市場状況は著しい変化を遂げてきました。この間、ハイテクバブル、人々の購買力の変化、そしてミレニアム世代の出現など、消費志向に影響を与えたものは数多くありますが、ここで取り上げたいのは、「終身雇用制度」や正社員・非正規社員の間の格差をなくす活動が行われてきたことです。

結果的に人々の中で不安感が膨らみ、顕示的消費を控える人々が減り、逆に節約志向によってオンラインで安く購入したい人々が増えました。日本の電子商取引の市場サイズは、ここ5年で1.8倍にも成長しました。統計上でも、オンライン上の小売業界が目を見張るほどの成長を遂げていることが見て取れます。

  • 2017年のB-to-C電子商取引の市場規模は16.5兆円 (前年比: 9.1%増) で、EC化率は5.79%でした。
  • 2017年のネットオークション市場規模は1兆1200億円 (前年比: 3.2%増)、フリマアプリの市場規模は4835億円(前年比: 58.4%増)でした。

既にご存知かもしれませんが、2017年のAmazonの日本国内での売上高は、1兆3335億円(前年比:10.3%) となりました。またオンラインチャネルの成長とともに、チャット取引・ ライブ取引等、オンラインチャンネルの多様化がみられるようになりました。これらの変化によって、小売業者はオムニチャネル対応と、そのための在庫管理に数多くの課題を抱えています。小売業者への負担を更に大きくするかのように、日本におけるスーパーマーケットの利益幅は0〜5%で、従業員の賃金上昇や宣伝広告費にお金をかけることが難しくなっています。

新しいミレニアム世代の出現が、物質主義の消費者世界から足を遠ざけ、思いつきの買い物よりも充実したライフスタイルへと消費の的をシフトさせました。ミレニアム世代は製品よりもサービスやテクノロジーにお金を使う傾向があります。これらの新しいトレンドによって、過剰在庫・過小在庫の問題が表面化してきました。需要と供給のミスマッチが発生している製品は、小売業者の売上に直結します。これが製品戦略において、長期に継続する混沌を招くことは言うまでもありません。

この混沌に関しては、2015年に食料廃棄物の量が約2842万トンがあったことから判断することができそうです。特に、まだ食べられる状態の食品廃棄物の量は約646万トンにも登り、その半分以上は消費者が購入する前に廃棄されたものでした。この問題は国連採用の開発目標”SDGs” (エスディージーズ:持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals) のアジェンダに取り上げられました。また増加する買い物コストは、電子商取引の発展・成長にも貢献しています。この5年間で日本における送料の総額は25.19%まで増加した一方、配送の量は18%伸びました。

OSA DCによるブロックチェーン技術と結合されたAIリアルタイムデータ分析・処理は、戦略とキャッシュフロー計画に高い効率性をもたらします。これにより同時に担保の浪費を排除し、消費者流入と残留の機会の増加、さらに投資水準における高利回りの実現も叶います。プラットフォームの見積もりは、伝統的な小売業社とトークン報酬プログラムの影響を受けたオンライン小売業社の特徴を組み合わせているため、オンライン小売業社にとって魅力的な代替物です。

OSA DCは全ての関係者に解決策を提供します。販売会社や製造業者にとって、それは改良された製品陳列と検証をもたらし、規定の商品価格と陳列の基準により小売業者へコンプライアンスを与えます。OSAの解決策は、製品戦略の需要に対する合致を保証するためデータ処理を強化し、従って余分な製品の保管・輸送における追加費用、過少在庫の場合の金銭的喪失を排除します。

小売業者は忠実な消費者(ならびに消費者全体の数)の増加、コスト最適化とROI(投資利益率)の向上、そして技術的に遅れている他の小売業チェーンストアの有効な分析データや、競争上の優位性をベースにした効率的な戦略計画という形で利益を受けます。

日本で賃金が下落している現状を受け、消費者は価格を追求し不必要な出費を避け、低価格のブランドを好むようになっています。一般的に人々は1年のうち約700回買い物をするといわれています (株式会社トクバイ取締役COO・沖本代表談)。全購入機会の80%はスーパーマーケットにおけるものとなっています。消費者は社会的交流の機会を大幅に減らし、外で過ごす時間を少なくすることで、ルーティーンを完全に変化させました。家に居るのを好む人々に「巣ごもり」「巣の中のひな」というあだ名まで付けられました。彼らは以前のように近場で買い物を済ませるのではなく、より良い選択肢を探して買い物に時間を割きます。同様の理由で、人々は社会的交流とエンターテインメント両方に対応する場所を求めています。

OSA DCは小売業者の収益を高く保ちつつ、こういった観衆の役に立ちます。プラットフォームによって必要な製品を実際に探すプロセスなしに手に入れられるため、消費者の金銭と時間の節約に繋がります。

日本の消費者は正に最も要求の厳しい聴衆として捉えられています。しかしこういった変化の影響で、需要がある=慎重で質と価格両方に注意を払っていることを指しています。オンラインショッピングは進んだ商品検索を行い価格を比較する機会を供給するため、(当初その予定はない場合でも)老舗小売業者全体から購入する機会を与えます。これはあまり乗り気ではないオンライン購入者にとって良いニュースです。というのも、彼ら自身が製品の検索・分析・価格・比較の全てを行う必要はなく、OSA DCが数秒の間に最適でベストな選択肢を提案するためです。その上、プラットフォームは透明性を与え、容易な情報共有を全員にとって利益のあるものにします。その理由は、全製品のライフサイクルステージにおける透明性とコントロールが、以前は製造業者・小売業者・補給庁・消費者の負担だった追加費用を排除してくれることにあります。この方法で、価格は低く抑えられ、小売業者の割り当てを実際に削減することなく、競争において優位に立つことができます。

日本の人々は友人や家族、同僚や店員を通した製品の推薦を大きく頼りにしているため、インフルエンサーマーケティングの拡大においてパーフェクトな観衆です。後者に関しては、人々の高いサービスの要望が、店内の客それぞれに対応する店員がいるべきということをほめのかしています。この状況は特に過去25年間で最悪とも言われる労働人口危機を受け、小売業界でかなりの困難を招いています。日本の人口は、高齢者人口の増加に対し若者の数が低下しており、全体的に減少しています。

その上送料の約50%が人件費に割かれており、具体的には利用可能な資源の不足と、配送の差し迫った課題を作り出しています。人材不足は巨大なテクノロジーの関与による前代未聞の基準を要します。2013年にはBakeryScan’が紹介され、進歩を見せましたが、一つの部門の問題を部分的に解決することにしか結びつきませんでした。このクライシスにより、他の会社が競争力に影響するサービス範囲の削減を行う一方、数社はITやロボットを試す必要性を迫られました。ここで、以前は数多くの社員を必要としたタスク処理をAIに任せるOSA DCが、その本領を発揮するのです。それだけではなく、OSA DCは顧客の好みのリストにアクセスし、顧客それぞれのフィードバックを基にした製品の推薦を行う、パーソナルアシスタントとしても機能します。

日本は常に最も長寿な国のひとつとして存在してきましたが、これは偶然ではなく、人々がオーガニック食品・自然でエコフレンドリーな商品を好み、食生活を維持しスポーツやレクリエーションに時間とお金をかける点に理由があります。その状況はまだ変わっていません。この場合には質のコントロール、そして犯罪的な製品安全性侵害の排除が、全体のヘルスケア・エコシステムにおいて極めて重要な役割を果たします。OSA DCが関係者全ての確実性を保証し、高位レベルでの汚職の機会を与えないことで、日本の人々は健康が害されることなく安心して生活することができます。

良好な始まりに関する要約

OSAの前回のバージョンは、Metro (Cash and Carry)・X5retail Group・Magnit・Dixyなどの小売と連携し、5.4%の小売客の成長をもたらしました。この結果は、AIが担当するスタッフ経営や、製品在庫と相互関係がある製品需要の分析によって得られたものです。前述した売り上げの上昇は、OSAサービスに投資された資金における150%のROIを保証し、現在の最小値となっています。

またOSAは、消費者の需要と好みを基に、製品陳列のクオリティを高めるため、Coca Cola・Danone,・Efes・ L’Oreal・Mars・Pepsico・SunInBevや JTIなどのFMCGサプライヤーとも連携しています。

日本の小売予測

OSA DCはアジア市場に向けて慎重なステップを踏んでいますが、近日の日本のハイテクコミュニティーとの出会いに特別な喜びを感じています。Neuromationと並んで、OSA DCは日本で開催された第2回AIエキスポ(最大の人工知能展覧会・会議)に参加しました。エキスポでは小売業界への組み込みを検討中のAIと機械が紹介されました。これはOSAと日本の人々の関係性における始まりにすぎません。少しの忍耐が大いに役立つことになります。日本はOSA DCの到来に向けて準備をしておいてください。

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。[無料チケットのお申し込みはこちら](https://summit.teamz.co.jp/blockchain-summit-conference-only-coinjinja/)スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェ
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント