ICOを検討中の企業様向け新サービス「トークン発行サポート」

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

株式会社COINJINJAは新サービス「トークン発行サポート」を行います。

仮想通貨関連に特化したサービスを行なっている当社のノウハウを駆使してトークン発行から仮想通貨取引所への上場支援まで一気通貫したワンストップサービスを提供いたします。

新サービス立ち上げの経緯

2017年9月よりICO検索サイト「COINJINJA」、2017年10月より仮想通貨アプリ「コイン相場」をリリースいたしました。COINJINJAは開始4ヶ月で月間150万PVを達成、コイン相場は現在日英中韓の4ヶ国語対応で約50万ダウンロードとなっており、数多くの企業様からICOのサポート依頼のお問い合わせをいただき、今回サポートをすることにいたしました。

ICOに関するノウハウは日本随一

COINJINJAでは2,000以上のICOプロジェクトの詳細を掲載しております。実際に取材をしたりするなどしてICOプロジェクトを日本で一番見てきた弊社に蓄積されているノウハウは日本随一です。

COINJINJAの強み

  • ワンストップでアドバイス
  • 精鋭エンジニア集団による優れた開発力
  • ERC20の実装もサポート
  • COINJINJAでのPR
  • 中韓のネットワークに強み
  • アプリユーザー約50万人へリーチ
  • 契約までの流れ
  • サービス内容
  • 価格表

ワンストップでアドバイス

戦略策定、ブロックチェーンを利用に関するアドバイス、ERC20実装、ICOプロモーション全てワンストップで支援いたします。

優れた開発力、ERC20の実装

弊社はアプリ、システム全て自前で開発しております。その優れた開発力によって迅速にERC20トークンの実装、サービス開発が可能です。

日英中韓の4ヶ国語でネイティブ人材

弊社は多国籍な人材を抱えており、日英中韓の4ヶ国語でネイティブ人材を抱えています。ホワイトペーパーの校正も可能です。

COINJINJAでPR

日本国内のICO投資家にとって必須と言っていいほど、COINJINJAは注目されています。そのCOINJINJAが全面バックアップしてプロモーションのお手伝いをいたします。

中韓のネットワーク

中国と韓国ではアプリユーザーが伸びて来ています。また各国の仮想通貨メディアや著名人とのコネクションもあり、中韓でのプロモーションをサポートいたします。

アプリユーザー50万人へのリーチ

アプリ「コイン相場」と「COINJINJA」のユーザー属性はやや異なります。コイン相場は仮想通貨初心者〜上級者、COINJINJAは仮想通貨中〜上級者向けメディアであり、両方のサービスでプロモーションすることで取りこぼしを無くします。コイン相場ツイッターのフォロワーは14,000人を超えており、ツイッターでプロモーションすることも可能です。

契約までの流れ

  1. ヒアリング(数回に及ぶ可能性あり)
  2. 見積もりご提示
  3. ご契約
  4. サポート開始

サービス内容

スタンダードプラン30万円〜

  • 戦略策定アドバイス
  • プロモーションサポート(COINJINJA、コイン相場)

アドバンスプラン60万円〜

  • 戦略策定アドバイス
  • アドバイザー人選
  • プロモーションサポート(COINJINJA、コイン相場)
  • ホワイトペーパー作成サポート

プレミアムプラン120万円〜

  • 戦略策定アドバイス
  • アドバイザー人選
  • プロモーションサポート(COINJINJA、コイン相場)
  • ホワイトペーパー作成サポート
  • 海外法人設立サポート

まずはお問い合わせください

ご興味持たれましたらコンタクトフォームよりご連絡お願いいたします。

コインポイン

関連記事

  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • ADAのチャールズ・ホスキンソン「ツイッターを一時停止する」

    エイダコイン(ADA)の発案者でブロックチェーンの研究機関IOHKのCEOで知られているチャールズ・ホスキンソンは7月16日午後13時ごろ(日本時間)「優先順位が高いものに集中するため、ツイッターをやめる」とコメントを残した。優先順位が高いものが何かについては明らかにされていない。参照元:<ins></ins><ins></ins>・・・・・・・・・
  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい

コメント