ロシアの小売大手、世界的メーカーがサプライチェーンの非効率さを解決するためAIを駆使する

Sponsored by OSA DC
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    非営利の小売協同組合である、Efficient Consumer Response Europe(ECR)、ロシアの小売大手Magnit、世界有数の小売業者数社は、小売業界にAIとビッグデータソリューションを提供するOSA Hybrid Platform(OSA HP)と提携しました。

    今回のパートナーシップにより、Magnit社と他の小売業者は、ECRとOSA Hybrid Platformの共同技術に基づくパイロットプロジェクトをテストする予定です。このパイロットは、Metro、Coca-Cola、Danone、PepsiCoなどの企業でOSAがすでに実施している成功した事例を基に構築されます。

    プロジェクトはモスクワの小売店舗100店で実施され、システムのアラートシグナルは各店舗の従業員によって処理されます。これにより、ユーザーは在庫切れをリアルタイムで検出することができ、これらの状況を修正するために店舗内の商品担当者に情報を送信することができます。

    テスト結果が満足のいくものであれば、Magnitはモスクワ全域の食料品店、家庭用品店、ハイパーマーケットにてこの技術を実装します。

    現時点では、システムを導入するための技術的作業が行われています。パイロットの終了後、結果は2018年9月までに分析されます。

    その主な目的は、製品の回転率を向上させ、在庫不足/過剰在庫を削減し、小売業者および製造業者がそれぞれ収益を増加させることです。

    在庫と品ぞろえの非効率さを解決するために、本プロジェクトはリテールビジネスに各製品と各店舗の正確な情報を提供し、売上に影響を与える問題を特定し、これらの問題を解決できるソリューションに取り組みます。

    このプロジェクトでは、コンピュータ視覚技術と画像認識技術もテストします。どちらもOSA HPが回転率の低い製品を安定して高精度に追跡することを可能にします。

    「小売市場における大規模なネットワークの競争が激化している現在、品揃えの品質管理の問題はますます重要になっています。この作業は、集中管理されたサプライチェーン管理システムのみで解決することはできません。

    個々の店舗の問題を特定し、従業員との業務上の連絡を行うツールが必要です。当社は、ECRとOSA HPのサービスの助けを借りて、製品取り扱い/在庫に関するエラーと、棚にまつわる問題の悪影響を軽減できると期待しています」 とMagnitの在庫管理技術部長、Constantine Gurov氏はパートナーシップに関して言及しています。

    1994年に設立されたMagnit社は、ロシア最大の食品小売業の1つで、世界で4番目の規模を持つ小売業者です。同社は2,000以上の地域で12,283店舗を運営しており、9,700店以上のコンビニエンスストア、242店のハイパーマーケット、3,890店の化粧品店、210店のファミリーストアを展開しています。

    「Magnitは、常に革新と画期的な技術が求められているロシアの小売食品業界で最大の店舗ネットワークを運営しています。当社のプラットフォームは、販売に影響を及ぼすプロセスをリアルタイムかつ高い信頼度で分析します。

    小売業者は、買い手の目線で棚を見て、サービスを改善することができます」 ECRロシアのエグゼクティブディレクター兼、ECRヨーロッパの共同代表、Maximilian Musselius氏はこの提携に関してこう話しています。

    OSA Hybrid Platform(OSA HP)はECRと緊密に連携しており、既に20以上のヨーロッパの小売業者やメーカーにて製品の無駄を削減し、収益を上げているサービスを開発しました。これらの早期導入企業は、売上高を5~7%増やし、収益は1億ドルを超えました。

    OSA HPはこの成功を踏まえ、当プラットフォームの分散型ブロックチェーンベース版であるOSA DCを立ち上げようとしています。このプラットフォームは、25兆ドル規模の世界の小売市場に変革をもたらすべく、小売業者と製造業者において毎年8,000億ドルを超える売上ロスの原因となる、製品廃棄物の削減を手助けするものです。

    世界初の分散型AI駆動データ市場を確立するOSA DCは、小売業向けにB2BソリューションとB2Cソリューションを提供します。すでに実績のあるOSA HPの一連の技術を活用して、より安価で簡単かつ安全なショッピング体験を実現します。

    小売業者および製造業者は、より効率的な製品監視戦略を実施することによってお金を節約し、消費者はOSA DCのサービスを利用して十分な情報に基づいた購入を行うことで、時間を節約し、健康を維持できます。

    OSA Dcの詳細については ウェブサイト をご覧ください。

    Magnitの詳細については http://magnit-info.ru/ をご覧ください。

    関連記事

    • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

      「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
    • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

      ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
    • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

      より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

    コメント