コイン相場の新機能「ハミングバード」:FcoinやBigONE対応、誰でも簡単に自動で取引マイニング

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

昨今注目されてる、FcoinやBigONEなどの取引所系のトークン。これらのトークンは、取引をすること自体がマイニングとなり、取引手数料が100%、トークンの形で返還されます。

※返還される手数料は、取引所毎に度々変更される事もあるので、ご自身でご確認下さい。

通常、個人でBotを作成しなくてはこのマイニングに参加するのは中々難しい現状でしたが、コイン相場アプリでは、APIを利用する事で誰でも自動マイニングを可能にします。

コイン相場は全ての機能を無料でご利用頂けますが、「ハミングバード」も無料で利用が可能です。

FCoinは既にiOSバージョンでは公開済。Androidバージョンも本日中に公開されます。

BigONEに関しては、取引マイニングが再開される明日(2018年7月5日)から公開されます。

※参考:BigONEサポートの再開について

使い方

1.「コイン相場」を開き、「ポートフォリオ」タブの中の「自動売買」を選択して下さい。その後、取引所を選択して、自動売買機能を開きます。

enter image description here

2.まず、仮想通貨取引所の管理画面からAPIを取得し、アプリに入力して下さい。コイン相場のAPIセキュリテイに関してはこちらを参照して下さい。

enter image description here

3.自動売買する通貨ペアを選択し(「自動売買ペア」)、1秒あたりの最大取引量を設定して下さい(「毎秒最大出来高」)。「ハミングバード」ではリスクの最小化するために、ユーザーが入力した量に基づいて、自動で数回に分けて売買を実行します。慣れてくるまでは、なるべく少ない量を設定してみて下さい。その後、段々と量を増やして下さい。設定する値が大きいほど、時間あたりの取引手数料が高くなり、マイニングの速度が速くなります。

enter image description here

4.正しく入力出来ていることを確認したら、下の緑のボタンをクリックして自動売買を開始してください。自動売買と同時に、消費された取引手数料、口座残高、取引の詳細を随時表示します。 下部にある停止ボタンをクリックすると、いつでも停止できます。

enter image description here

現在、自動売買に対応しているのはFCoinとBigONEです。今後、主要な取引所を順番に追加していきます。

また「ハミングバード」の取引ロジックは、随時アップデートされていきます。

ご利用の際には、慎重に数字等を確認して下さい。

コイン相場アプリについて

コイン相場」は仮想通貨取引に関わる主要な機能(相場チャート、ニュースキュレーション、ポートフォリオ管理、税金計算、ICO検索など)を網羅した、オールインワンアプリです。

現在、日本語・英語・中国語・韓国語、一部インドネシア語に対応しています。

運営元について

先日のリリースにもある通り、coinjinja.com及びコイン相場の運営主体はJINJA Ltdとなり、引き続き海外にも通用する機能を開発していきます。

関連記事

  • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

    世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で
  • BitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)が正式リリース

    OneBox株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤直樹)は、2018年12月13日に無料でBitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)を正式リリースしたことをお知らせします。()Tadacoin(タダコイン)は、2018年9月からBitcoinのFaucetサイト)としてβ版の提供をしておりました。 Faucetとは、「水道の蛇口」という意味から転じて、「蛇口をひねるように仮想通貨が出てくる」という意味で仮想通貨の世界では使われています。高水準の配布額で、ユーザー数は2ヶ月で2万人を超えました。2018年11月26日には、Tadacoin(タダコイン
  • 早稲田大学で講義しました!「コイン相場」開発週報 Vol.24

    急に寒くなりましたね。風邪には十分お気をつけください。私は暖房をタイマー設定するの忘れるのが多々あり、喉を痛めております。重複した内容を速報は1つだけ発信するようにニュース内容を解析して自動でフィルターに掛けれるように開発中です。履歴の価格計算の精度の向上を図っています。今まではグローバル価格で計算していましたが各取引所ごとの価格で算出できるよう開発中です。価格の上下が激しい場合に頻繁にアラートが鳴らないように開発中です。毎週金曜の作戦会議です。みんなで意見出し合ってより良いサービスを提供するために議論しています。12月10日に弊社の沼崎が早稲田大学で講義しました。眠そな人がいなくて助かりまし

コメント