仮想通貨取引所ABCCが独自トークン(AT)が本日取引開始

Sponsored by ABCC
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    ABCCのチームは、2018年7月25日13時に迫ったAT取引開始の準備を加速させている。世界の新興仮想通貨取引所の1つであるABCCは、ABCCチームの約束通り、独自トークンの取引を開始する。

    トレード・トゥ・マイン(ToM)取引所がブロックチェーンコミュニティに対して恩恵をもたらし、その発行以来期待通りの素晴らしい実績を見せたのは驚くべきことではない。2018年7月9日のAT発行以来のマイニング実績は、素晴らしい成功であり、取引量は1度世界第5位にまで登り詰め、現在も着実に成長している。

    「7月9日のABCCトークン(AT)の発行以降の取引量の圧倒的な急増、そして安定的な成長に驚いた。ATの価格が持続可能なマイニングモデルと、ABCCユーザーの信頼を反映すると確信している。オープンで、摩擦がなく、参加型であるという、我々が尊重するブロックチェーンの哲学は、我々がユーザーに比類のない取引エクスペリエンスを提供する動機となっている」と、ABCC取引所のカルヴィン・チェンCEOは語った。

    ABCCトークン(AT)は、ブロックチェーンネットワークでの待ち望まれる取引デビューを果たした後、予測される40セントの開始額から急上昇することは決定的だ。

    ABCCの野望は、マイナーにATで報酬を与えることにとどまらない。ABCCエコシステムの青写真の主要な要素として、価値のシェアを生み出し、ATの投資家、ATのスーパーマイナー、APIユーザー、ブロックチェーンプロジェクトチーム、その他のパートナーを1つにまとめる上で、様々な利害関係者の間でコンセンサスを可能にするのがATなのである。ATの価値への信頼を共にすることで、異なる参加者が協力し、リソースと価値をお互いに交換し、強力で長続きするコンセンサスを共に築き上げていく。

    ATの投資家、つまりATを保有するメンバーは、ATエコシステムにおいて必要不可欠な役割を果たす。報酬、エアドロップ、プライベートセール、上場投票、ToMを通じたマイニング能力の強化等、様々な恩恵を受けることができるようになる。ネットワークを支えるAT保有者に日々の取引手数料の80%がいき、トークンの保管と流通の動機付けになっていることが、現在の報酬の好例である。

    ABCCのWebサイト

    ABCCの日本語Telegam

    ここ数週間の間、仮想通貨市場の出来高は変動しているが、ABCCトークン(AT)を急騰させた取引量の急増を見ると、ABCCトークン(AT)は仮想通貨市場において最も有望なプラットフォームトークンの1つであると言える。取引量の増加と、ATのエコシステムへの導入は注目に値するもので、オープンで透明かつシームレスな取引エクスペリエンスを提供することを目指す会社の急速な成長を暗示している。

    ABCCはビットコインマイニングモデルを採用しており、マイナーはそのモデルを活かして、システムから著しい利益を得ることができた。トレード・トゥ・マイン(ToM)メカニズムとビットコインに似た発行と分配によって、システムはすべての人にとって有利なものとなる。

    ABCCトークン(AT)は、多次元的な価値提案とともに、様々なシナリオにATが組み込まれ、統合される、新しいプラットフォームトークン3.0モデルを代表し、よりオープンなアプローチで異なる参加者が価値をシェアすることのできる手段となっている。この動きは、長期的に流動性と価格を高める様に設定されており、ATは報酬が予測でき、価格が株価収益率に基づいて推定できる数少ないプラットフォームトークンの1つとなっている。さらに、長期的なインフレを最小化する現状で唯一の取引、マイニングプラットフォームでもある。この様にして、我々は価値がシームレスに流動し、その過程でさらなる価値が生み出されることを確かにすることができる。

    進化する仮想通貨市場への顧客の関心の高まりを考慮して、ABCCはユーザーに対してより透明性があり、信頼できる運営を約束している。その他のプラットフォームトークンの価格が急激に減少、短期的には上昇するが、長期的には減少するのに対して、プラットフォームトークン3.0モデルを組み込むことで、ABCCトークン(AT)の価格は長期的に上昇し、ATの保有者はその多次元の価値を享受することができる。

    仮想通貨の人気は長年にわたって大きく広がったが、他のトークンから本当に際立っているトークンを得ることは常々課題であった。今や、誰でもがその様な比類のないトークンを得るチャンスに恵まれている。

    ABCCのWebサイト

    ABCCの日本語Telegam

    関連記事

    • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

      「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
    • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

      ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
    • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

      より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

    コメント