彼らの存在に気づくんだ。VC編

ペペカルト
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

皆様、生きていますか?

生きてください。冬を耐えた先に春があります。

さて、今回は仮想通貨界隈で活躍するVC(Venture Capital)の紹介です。

VCって何よ?

スタートアップ(創業して間もない企業)に投資して、将来的に大きなリターンを得ようとする投資会社です。

仮想通貨界隈に絞って言うと、仮想通貨系、ブロックチェーン系のスタートアップに投資する会社だと思ってください。

ICOにも参加してきたりします。

話題にならないけど、Binanceなどにいきなり上場して、大きく値を上げたりするトークンがあったりしますよね?

「話題にならない=ICOのマーケティングをしていない=ICOのマーケティングをする必要がない」とも考えることができますよね。

あ、日本で話題になっていなくても、海外じゃ話題になってたりするのはよくあることです( `ー´)ノ

有望なプロジェクトは、VCからの資金調達により、public sale(誰でも参加できるセール)をする必要がなくなったりします。また、public saleがあったとしても、売りだされるトークンが少ないため、即完売したりもします。

では彼らのポートフォリオを見てみましょう。

ポートフォリオを公開しているVCを選んでみました。

SIGNUM CAPITAL 有名どころが多いですね。有利な価格でトークンを購入して、暴騰時に売るというナイストレードができてたら、かなり儲けてそうw

Chain Capital カテゴリに分けて表示されてますね。見やすいです。

TLDR Capital 少し話題のessentiaが早速入ってますねw

他にもたくさんありますが、見てみたい方は、

ICO drops ここのサイトのHYPEがHIGHのICOはVC率高い気がします。

Quark Chain Binanceに上場してますね。下の方に30社ぐらいのVCのロゴがありますので、 ご参考に。

結局どうすればいいんよ?

はい、インフルエンサーがやたら勧めているICOに参加するより、VCを参考にしたほうが、まだ良いです。もちろん、自分で調べることも忘れずにね(; ・`д・´)

もちろん、VCが投資している=そのICOが成功するではありません ただ、参考にすべき情報ではあります。

それと、VCの中にはポートフォリオを公開しているところもあります。その中で、自分が知らないプロジェクトがあれば、調べて見ると、意外と面白い発見があるかもしれません。


著者:ペペカルト

個別株、投資信託、仮想通貨への投資が趣味。 Pepecash推し。

Twitter :@CultPepe

enter image description here

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。[無料チケットのお申し込みはこちら](https://summit.teamz.co.jp/blockchain-summit-conference-only-coinjinja/)スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェ
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント