ALISユーザーが語る!ALISのココがダメ!

ブルーモアイ
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

はじめまして、ブルーモアイです。

普段はALISで記事を書いているALISユーザーです。

ALISは今、クローズドβです。そのため外部の方々には、内情が分かりづらいかと思います。

そこで今回は、普段ALISを見ない方々のために、その内情をユーザー目線からご紹介します。というかダメ出しをします!

では、行ってみましょう。

テーマ縛りきつすぎ問題

ALISクローズドβに投稿できる記事は、「仮想通貨関連」と「ブロックチェーン関連」のみです。そりゃね?腐っても仮想通貨界隈の人々ですから、数記事位なら楽々書けるんですよ。

しかしそれを何十記事も、となると厳しい!常にネタ切れと隣り合わせです!

enter image description here (ALIS一般公開用Google Analyticsデータより)

そんなわけで、投稿数はβ版公開からじわじわ下がってます。少し前にはALIS離れ問題として騒がれました。コンスタントに毎日書いている人間は一握りです。

テーマ開放は正式版リリースまでに1回あるかないか、と運営はおっしゃっていましたから、今後しばらくはこの状態でしょうね。

ALIS関連記事ばっかり問題

ALISについて書かれた記事の数は、全記事のおよそ3分の1という分析があります。 enter image description here (「一か月の変化? 計2000記事から学ぶALISの傾向!」より改変)

引用元のきぃさんは、過去1000記事をさかのぼり分析されました。過去1000記事中、報酬5ALIS以上を獲得した記事の約30%(オレンジの部分)が、ALIS関連記事であるとのことです。(この分析は手作業であるため、あくまで目安までに)

これだけの数だと、「ALIS関連の記事にはもううんざり」というような方も多々いるかと思われます。実際それを指摘して、ALISから去った方もいらっしゃいました。

今後もそういった方は、後をたたないでしょう。

人気記事、ALIS関連ばっかり問題

人気記事の上位には、大抵ALIS関連の記事が並びます。Best10のほぼすべてがALIS関連、というのも珍しくありません。(最近はマシになってきました)

ALISクローズドβに参加される方は、ALISに興味がある方ばかりです。 そのためALIS関連の記事は、ALISユーザーの評価を得やすいのだと思われます。

これではALISに興味がないユーザーは定住しないでしょう。

機能なさすぎ問題【閲覧編】

はい、こちらALISのトップページです。

enter image description here

(ALISトップページより拡大)

わぁ~シンプル~

ページも「人気記事」「新着記事」の二つだけ!検索機能なし!通知機能なし!フォロー機能なし!ブログサービスとしてはお粗末ですねぇ…

一応、検索・通知機能は近々実装予定だそうです。他の機能もオープンβや正式版までには実装するのでしょう。

しかし今利用しているユーザーとしては、なかなか厳しいものがあります!今のところ有志が作ったALIS検索サイトや、Twitterで記事の共有をしている状況です。

一定のサービスを期待してALISに来る方は、間違いなく失望するでしょう。

機能なさすぎ問題【ライティング編】

ALISのライティング機能のすべてを見てもらいましょう!こちら!

文字修飾6種 enter image description here

  • 大文字+太字(h2タブ)
  • 太字(h3タブ)
  • ブロッククォート
  • 太字
  • 斜文字
  • リンク文字

画像修飾4種 enter image description here

  • ページ全幅
  • 左寄せ
  • 右寄せ
  • 3分割

その他機能1種 enter image description here

  • 点線

以上!計11種!機能少ない!

このシンプル過ぎる機能は、デザイナーの意向であるようです。

記事の本文で評価してもらうために、余計な修飾は搭載しなかった

ラジオでこんな感じのことをおっしゃってました。今のライティング環境は、デザイナーの思惑通りというわけですね。

しかしこの機能の少なさはつらい…特に色味がないのがつらい…

そこでALISユーザーはこんなものを考えだしました。

enter image description here

棒です!色付き棒の画像です!

これをこうして…

enter image description here どうでしょう?

見出し+点線」よりも「見出し+色付き棒画像」のほうが見やすくないですか?ほかにも画像修飾をつかって文を四角で囲ったり、文字入り画像にして見出しにしたり…。ALISユーザーはあの手この手で、キャッチ―なブログをつくっています。

このままでもやれないことはないですが……やはり機能はあったほうがいい!しかしデザイナーの意向を考えると、もしや正式版もこのまま…?

まとめ

主な問題点はこんなところです。他にもたくさんあるんですが、キリがないのでこの辺で。

前述の通り、今のALISの環境はなかなか厳しいものがあります。おそらくこれからも、多くの問題が発生するでしょう。

そんな厄介事だらけのALISですが、わたしはそれなりに楽しんでます。コミュニティ黎明期のシッチャカメッチャカ感がたまりません(笑) もし興味がおありなら、一度ALISをのぞいてみてはいかがでしょう? 待ってますよー!

ALIS登録はコチラ→ALIS Waitingリスト

著者:ブルーモアイ

ALISで好き勝手やってます。そこそこ真面目な投稿もします。よろしくおねがいしますヴォエ!ヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエヴォエ!

Twitter :ブルーモアイ@ざっくり学ぶ

WebSite:zakkuri-manabu | ALIS

enter image description here

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント