書評:Amazon「金融・ファイナンス」部門1位『仮想通貨1年生の教科書』

Yu Numazaki
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

仮想通貨の世界に冒険に出る為の地図

先に、結論を書いてしまうと、これが僕が欲しかった入門本です。

『仮想通貨は怪しい』

『仮想通貨はよくわからない』

これは、仮想通貨に触れた事の無い方からよく言われます。

どちらも正解で、実際にネットで検索したり、本を手に取ってみても怪しい情報はたくさんあるし、分かりやすく網羅された媒体も無いんですよね。

現在の状態って、仮想通貨を始めるに当たって、必要十分な情報を手に入れるのが難しい状態であると思います。

率直に言えば、仮想通貨初心者の方が、COIN JINJAのページに来ても、

『え、なにこれ?』

『で、どうすればいいの?』

という状態になるのは間違いないです。

うちだけでじゃなくて、Cointelegraphさん( https://jp.cointelegraph.com/ )のページに行っても。

多分、我々のページってドラクエで言えば、武器屋とか道具屋とかでしか無くて。

どうのつるぎ買っても、目的地が分からなければ、冒険に出れないじゃないですか。

そうゆう意味では本書が仮想通貨業界の地図になると思っています。

億り人ハイパーニートポインの 仮想通貨1年生の教科書

億り人ハイパーニートポインの 仮想通貨1年生の教科書

ある程度網羅された内容

基本的な装備と、落とし穴に気をつけましょう、という点は網羅されています。

著者が書いてなかったサブタイトルを付けるとすれば、『自分の足で仮想通貨の世界を歩けるようにしよう』ですね。

参照:本書の目次

第1章 ニートの僕がビットコイン・仮想通貨を買った理由 ~何故仮想通貨は最強の武器なのか~

第2章 ポイン流・10の黄金ルール ~初心者でもすぐに実践できる魔法のテクニック~

第3章 仮想通貨で資産を増やす最強のトレンド活用術 ~脱初心者のための理論武装~

第4章 暴落、詐欺、GOX。リスクから資産を守る防衛術 ~仮想通貨に潜む3つの罠~

第5章 情報を制する者は仮想通貨を制する 〜ポイン式情報収集術〜

『じゃあ、どの通貨を買えば儲かるんですか?』

というのが初心者の最初の質問になると思うんですが、その答えは、

『この本を読んで、どうやって儲かるかは自分で考えてみて下さい!』

となります。

これが結構難しいポイントなんですが、当然簡単に儲かる話なんてこの世界には無くて。

丁寧に手取り足取り教えてくれる人もいません。

だいたい自分の頭で考えた人間だけがその果実を手に入れるわけなんですが。

甘い果実がコロコロ転がっているのが、(中身は毒かもだけど)仮想通貨の世界で、

そうゆう意味では、もっとも最短距離で、必要最低限のものを学べる本だと思います。

この本を片手に恐る恐る仮想通貨の世界に入っていくのが、一番安全そうな道で、その道は今まで無かったものです。

そうゆう意味で、エポックメイキングと言えるほど、大事な本だと考えています。


著者:Yu Numazaki

Focused on driving growth for CoinJinja.com, a top ICO search engine, and CoinView, the world's best all-in-one cryptocurrency portfolio management app available for iOS and Android.

Twitter :@yu_numazaki

WebSite:CoinView - Best all-in-one cryptocurrency portfolio management app

enter image description here

コインポイン

関連記事

  • ビットコインが安定収入になるアフィ知っていますか?:コインポインのご紹介

    マジ怪しいですよね、このタイトル。というか、一旦こうゆう話は怪しんで下さいね!!(仮想通貨とかあまり知らない方は特に!!)率直に言って、仮想通貨で儲けようなんて話はほぼ詐欺なので、投資とか、変な宣伝手伝っちゃうとかはとても慎重にやった方がいいです。で、今回はこれしかタイトル無かったので、あれなんですが、一応大丈夫な話です。し、詐欺スキームでも無いし、ピュアなアフィリエイト、しかもポイントサイトのスキームなので安心して下さい。今回のコインポインは、です。運営元は、仮想通貨アプリの「コイン相場」です。(正確に言えば、株式会社COINJINJAです。)ユーザーは、Moppyやハピタスといった他の
  • ブロックチェーン版、インスタグラムPIBBLE(ピブル)がα版をリリース

    韓国発のブロックチェーンプロジェクトPIBBLEが6か月間のクローズテストを終え、最近α版をプレイストアとアップストアに公開した。PIBBLEはインスタグラムに似ているがSNS活動をするすべてのユーザーは報酬として使えるポイントがもらえる。暗号資産のウォレット機能を利用できる人であればだれもがこのポイントをPIB(暗号資産)に交換し、世界どこでも利用できるのが大きなメリットである。特に、PIBBLEはインスタグラムにはない写真コマース機能を持っており、誰もが自分が持っている写真を販売用としてアップロードできる。ピブルチームは最近の“スマホのカメラ”について機能が高度化されているため、写真作家で
  • 法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

    2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。関連記事:大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。仮想通貨Watchアンダーソン・毛利・友常法律事務所後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。最前線の動きについては、Twitter()での書き起こしもかなり有能なので

コメント