仮想通貨投機家はみんなイナゴなんだし仲良くしようよ

ヤバイWEB屋さん
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

やぁみんな

YouTubeでヤバイWEB屋たんの仮想通貨チャンネルという

仮想通貨関連の情報を発信するチャンネルを運営している

ヤバイWEB屋さん

と言うものだ

最初にみなに問う

あなたはイナゴ投機家か否か?

結論からいうと仮想通貨をもっているあなたは

イナゴ投機家

である

無名の人も

ブロガーも

インフルエンサーも

トレーダーも

仮想通貨売買を行なっている人はみな イナゴ なのである

まずは イナゴ について知らない人のためにウィキペディアから引用してきた

初見の人は読んでみてほしい

ある特定の銘柄についてテレビやネット等のニュース、

あるいはTwitterやLINEやFacebookなどのSNSで情報を知った個人投資家等が、

その情報を材料と見て一斉にその銘柄を取引することにより、特定の銘柄の株価が急騰・急落を引き起こすことがある。

このような個人投資家等の、急に現れて利食いをした後は、すぐ別の銘柄に当たるという投資行動を、

秋になると一斉に繁殖し大群で飛んできて稲穂に群がり食い尽くし飛び去るイナゴに例えて、

証券業界の関係者等はイナゴ投資家や「イナゴトレーダー」あるいは、単に「イナゴ」と呼んでいる。

引用元: イナゴタワー

さて、イナゴ投機家についてざっくり理解できただろうか?

これは株だけでなく仮想通貨にも同じことが言えるだろう

ある仮想通貨銘柄がTwitterや掲示板などで急激に広がり

そこに群がるイナゴ投機家はたくさんいる

個人投機家はみんなイナゴ

イナゴ投機家の意味をみて

「え!ワイ、イナゴじゃないけど?!」

って思った人は多いだろう

「否!!!あなたはイナゴだ」←

しかし、なにも残念がることはない

なぜなら 個人投機家はみなイナゴ だからだ

自分は下記リンク先のYouTube動画をみてそのことについて納得した

▶︎ MARGIN CALL season2 ep.9 三崎 + KAZMAX 編

この動画の中で凄腕トレーダーのKAZMAX(吉澤和真)氏が

「おれらはみんなイナゴ!」

という言葉を発している

ちなみにこの MARGIN CALL というのは

henashamp氏が

毎回数名のゲストを呼んで

仮想通貨関連のトークをYouTubeでLIVE配信している企画である

詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてほしい

▶︎ 仮想通貨飲み会番組「MARGIN CALL」とは?

KAZMAX(吉澤和真)氏のような

凄腕トレーダーでさえ自分のことを過信せずに

イナゴ

と呼んでいるのだ

つまり個人投資家は 機関投資家 のような大口投資家の イナゴ でしかないのだ

ちなみに 機関投資家 とは

生命保険会社、損害保険会社、信託銀行、普通銀行、信用金庫、年金基金、共済組合、農協、政府系金融機関など、大量の資金を使って株式や債券で運用を行う大口投資家のこと

である

つまり、大量の資金を動かす大口の投資家だ

引用元: 機関投資家 (きかんとうしか)

仮想通貨にもこれから

機関投資家が本格参入してくる可能性が高い

というニュースも去年からみかけるようになった

引用元: サークルが自動「サークルトレード」立ち上げ、機関投資家の参入本格化へ【フィスコ・ビットコインニュース】

しかしすでに、

"""クジラ"""

と呼ばれる大口の投資家が存在していることが明らかとなっている

引用元: 仮想通貨市場の『クジラ』が数千億円規模のビットコインを買い注文か

こういった一部の層が仮想通貨の価格に波を起こしているのだと仮定すると

われわれのような個人投機家はすべてイナゴ

なのであるということが理解できる

大口投資家以外はみんなイナゴ

なのである

5ちゃんねる,Twitterで荒れる仮想通貨界隈

さて、そんな中

仮想通貨界隈はTwitterや5ちゃんねるで荒れに荒れている

もし仮想通貨関連のTwitterアカウントをフォローしているなら

一度は 醜い低レベルな争い をみたことがあるだろう

だいたいの仮想通貨アカウントは匿名アカウントだ

匿名であるがゆえについつい

いき過ぎた発言をしてしまうこともあるだろう

仮想通貨投機はお金が関わっているから損して気分が悪いときなんかは

なおさら暴言に拍車がかかってしまうこともあるだろう

匿名アカウントだからこそ起こりうるリスク

引用元: twitter

5ちゃんねると呼ばれる匿名掲示板でも

仮想通貨の有名Twitterアカウントに暴言をはいている

▶︎ 仮想通貨インフルエンサー総合スレ★21

みるとわかると思うが悪口のオンパレードだ

ただ

争っても1円にもならない

それどころかいき過ぎた発言をすれば

訴訟ごとになってお金を失う

リスクまで孕(はら)んでいる

なんとこのいざこざが原因で

Twitterから有名アカウントが消え去り

はたまた仮想通貨暴落を引き起こしたとまで言われている←

仮想通貨Twitter界隈ミキ損失ショック暴落

引用元: twitter

1円にもならないどころか損失を生んでいるではないか!

けしからん!

こんな争いをしても1円にもならないのだ

みんな同じイナゴなんだから仲良くしよ?

いや、別に仲良くしなくてもいいから

無益な争いうはやめよ?

と言いたい

もうすぐ七夕だ

みな短冊を用意せよ

そしてこう書くのだ

「イナゴ同士の無益な争いがなくなりますように」

ってね!

自分はどのタイプのイナゴ?

さて、ただ一口に イナゴ とは言っても

調べてみたところイナゴにはいろいろ種類があるようだ

以下、そのまとめである

enter image description here

引用元: textream

もしTwitterをやっているなら

フォローしている人をみてみて

ああ、この人はこのタイプのイナゴだなぁと分類してみると面白いだろう

「あ、この人はよく煽ってるから煽りイナゴだ」

とか

「あ、この人は煽りイナゴが煽ってるやつ買ってるから下級イナゴだ!」

とかね!

そうすると

みんな可愛くみえてくる

のだ

ちなみに私は紛れもない 養分イナゴ である

煽りイナゴ に進化したいものだ←

みんな同じイナゴなんだから仲良くしようよ

このように俯瞰的にイナゴを見渡してみると

あの人もこの人もイナゴに見えてきただろう?

それでいい

繰り返しになるがみんなおんなじイナゴなのだ

陥(おとしい)れようとしても1円にもならない

無益な争いをやめてイナゴ同士仲良くしようではないか

他人の足を引っ張る行為をするくらいなら

簡単にエアドロップに参加できる情報を厳選してツイート

している

下記のアカウントをフォローしてエアドロップに参加するほうが有益だ

▶︎ @yabaiwebyatan

イナゴは悪くない

醜い争いからは1円も生まれない

争うために投機をしているわけではないだろう

我々はなんのために投機しているのかをもう一度考えてみよう

ブロガーやトレーダー、インフルエンサーを叩いても1円にもならない


著者:ヤバイWEB屋さん

現在、仮想通貨におよそ15万円をぶっこんでいる仮装通貨投機家

この15万円を1億円まで投機で増やすのを目標にしている

仮想通貨関連のYouTube動画を配信中

チャンネル登録者数1000人を目指して週3本ペースで更新中

YouTube:ヤバイWEB屋たんの仮想通貨チャンネル

Twitter:ヤバイWEB屋さん

WebSite:仮想通貨ユーチューバー

ヤバイWEB屋さん

関連記事

  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。よりI
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:
  • コイン相場club主催【全国詐欺被害額選手権】エントリー募集!

    2017年はビットコインブーム!「億り人」なんて言葉も生まれたくらいに稼いだ人もいて仮想通貨を持ってさえいれば、みんなホクホク。そして2018年はICOブーム!上場前のトークンを安く買って、上場後に高く売ってその利益で、みんなホクホク。・・・とまあ、これだけ聞けば仮想通貨やICOに関わる人はみんなホクホクしたように聞こえますが実際には、騙されて損しちゃった人もたくさんいます。 ⇒根拠のないガセネタで、結局○○コインは翌週暴落し、それ以来、ずっと含み損を抱えている。 ⇒ICO自体がそもそも存在しない。上場ももちろんデマ。話のすべては仕組まれた詐欺だった。気付いたころにはもうトークン購入費は支

コメント