まだ仮想通貨持ってないの?ってまだまだ持ってない人ばっかなんだけど!

ちぎた
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

こんにちは、ちぎたです。

タイトルの通りです笑。仮想通貨界隈にいると、みんなめっちゃ仮想通貨持ってそうってか、

全員持ってるんじゃね???って感じですが、全然そんなことはありません

色々データを見ていきながら、「おれらって、めっちゃイノベーターなんじゃね???ファーストペンギンってやつじゃね???」ってちょっと自己肯定感を高めてもらえるとよいかな、と笑。

仮想通貨ホルダーは日本人の約3%!

仮想通貨取引所を運営する会社等で構成される一般社団法人日本仮想通貨交換業協会が2018年4月に発表した資料「仮想通貨取引についての現状報告」によりますと、日本人で仮想通貨の取引したことがあるのは350万人だそうです。

国内仮想通貨取引状況

「仮想通貨取引についての現状報告」より抜粋

つまり、日本人の人口の 約3% しかまだ仮想通貨をやったことがないんですよね!

もちろん、1億3000万人全員が持ちうるわけではないですけど、直感的にも少ないですよね。

今の仮想通貨ホルダーはみんな「イノベーター」

有名な「キャズム理論」では普及初期のユーザー2.5%を「イノベーター」と呼びます。

このキャズム理論については、なんかかっこいい図とか入れたかったんですが、著作権とか怖いので、この辺見といてください。

【キャズム理論】マーケティングの深い溝を乗り越えるには?

このキャズム理論では、最初の2.5%のあとに、10数%の「アーリーアダプター」と呼ばれる層が続き、そして、「キャズム」と呼ばれる谷を越えると「アーリーマジョリティ」と呼ばれる層に大きく普及していく、というものです。

こうしてみると仮想通貨はまだまだ「イノベーター」の段階であり、普及の余地が大きいといえそうです。

15%くらいまではとりあえずいくんじゃね?

まあ、僕らが「イノベーター」だとして、そう、カッコいい「ファーストペンギン」だとして、誰もついてこなかったら悲しいですよね?笑、ちょっと別のデータも引いてみましょう。

統計局が出している日本人の貯金の状況です。

こちらによると、2人以上の世帯では約14%が「有価証券」として貯蓄していることが分かります。

enter image description here

統計局資料「貯蓄の状況」より抜粋

もちろん、2人以上の「世帯」となっていることや、投資対象としての性質の違いはありますが、要は、投資性のある貯蓄をしようとする家庭が14%程度あるということです。

そう考えると、環境の整備やリスクの管理などがきちんと行われるようになると、もっと仮想通貨を買う人は増えそうですね。

とまあ、これは「投資対象」という点でみたときにこのくらい所有する人がいてもおかしくない、という観点でして、実は仮想通貨自体はもっと普及すると考えているのですが、そちらに関しては別の機会に譲りましょう~!

こんな感じで、なんとなくポジティブな気持ちになれる記事を書いていきたいと思います~


著者:ちぎた

大阪のソフトウェア会社で営業とマーケをやっています。うまい酒とうまい飯が好きです。ITストラテジスト持っています。ブログはプログラミングのこと書きそうなタイトルですがそうでもないです

Twitter :wemakepplhappy

WebSite:初めてでもできるプログラミングブログ

enter image description here

関連記事

  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の
  • いま注目すべき、TEAMZブロックチェーンサミット

    TEAMZブロックチェーンサミットは、ブロックチェーン業界のキーパーソン、世界各業界の主要人物、最新のブロックチェーンプロジェクト、大手取引所とメディアプラットフォームを集めた盛大なビジネスイベントである。ブロックチェーンの最新動向を把握、ビジネスチャンスを掴む、貴重な人脈を作る絶好の機会は、2018年9月28日〜29日に東京で開催されるこのイベントにある。イベントの目的は、キーパーソンと優れたブロックチェーンプロジェクトを結びつけ、両者の良好な関係を促進し、取引成立、ビジネスアライアンスを確立、グローバルネットワークを拡大することである。2日間のサミットで、45名のスピーカーとキーパーソン、

コメント