仮想通貨取引所のフィッシングサイトを見抜く方法

ソラ
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

皆さん初めまして。通貨旅行ブログというブログを運営しているソラです。

大手取引所フィッシングサイト

皆さんは仮想通貨投資をする上で海外取引所は使うだろうか。

私は一年以上仮想通貨投資をしていますが、時折現れる大手仮想通貨取引所の偽物のフィッシングサイトには毎度のことながら、大変腹が立っています。

市場に混乱を招くだけでなく、多くの人の資産を奪ってしまう可能性のある取引所のフィッシングサイト。 その見破り方を見つけたので皆さんにもご紹介しよう

metamaskを使おう

簡単にmetamaskとは何なのか説明すると

  • クローム拡張機能のイーサリアムウォレット
  • サクッと導入ができる
  • 新アドレスの生成が簡単にできる
  • 複数アドレス管理や送受金も簡単
  • 分散型取引所を使う時に使える(DAppsなども)

恐らく、皆さんのmetamask の共通認識は「ウォレット」ですよね。

しかし、metamaskにはフィッシングサイトを見極められる便利な機能があるのです。

metamaskのEthereum Phising Detectorという機能を使えばフィッシングサイトにアクセスしようとすると下記の画像のような警告画面が出てきてフィッシングサイトを検知してくれます。

この機能を使えばフィッシングサイトに引っかかる可能性はグッと低くなりますよね。

仮想通貨投資は自分でリスク管理をすることがとても大切になります。

これを読んだら周りの人にこのことを教えてあげましょう!


著者:ソラ

2016年末に仮想通貨投資を始めて、2018年5月に脱サラしました。仮想通貨旅行ブログと仮想通貨情報共有のためのLINEグループを運営しています。

Twitter :ソラ(ミニプト戦隊)@仮想通貨旅行ブログ

WebSite:仮想通貨旅行ブログ

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント