仮想通貨取引所のフィッシングサイトを見抜く方法

ソラ
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

皆さん初めまして。通貨旅行ブログというブログを運営しているソラです。

大手取引所フィッシングサイト

皆さんは仮想通貨投資をする上で海外取引所は使うだろうか。

私は一年以上仮想通貨投資をしていますが、時折現れる大手仮想通貨取引所の偽物のフィッシングサイトには毎度のことながら、大変腹が立っています。

市場に混乱を招くだけでなく、多くの人の資産を奪ってしまう可能性のある取引所のフィッシングサイト。 その見破り方を見つけたので皆さんにもご紹介しよう

metamaskを使おう

簡単にmetamaskとは何なのか説明すると

  • クローム拡張機能のイーサリアムウォレット
  • サクッと導入ができる
  • 新アドレスの生成が簡単にできる
  • 複数アドレス管理や送受金も簡単
  • 分散型取引所を使う時に使える(DAppsなども)

恐らく、皆さんのmetamask の共通認識は「ウォレット」ですよね。

しかし、metamaskにはフィッシングサイトを見極められる便利な機能があるのです。

metamaskのEthereum Phising Detectorという機能を使えばフィッシングサイトにアクセスしようとすると下記の画像のような警告画面が出てきてフィッシングサイトを検知してくれます。

この機能を使えばフィッシングサイトに引っかかる可能性はグッと低くなりますよね。

仮想通貨投資は自分でリスク管理をすることがとても大切になります。

これを読んだら周りの人にこのことを教えてあげましょう!


著者:ソラ

2016年末に仮想通貨投資を始めて、2018年5月に脱サラしました。仮想通貨旅行ブログと仮想通貨情報共有のためのLINEグループを運営しています。

Twitter :ソラ(ミニプト戦隊)@仮想通貨旅行ブログ

WebSite:仮想通貨旅行ブログ

関連記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!

コメント