ブロックチェーンとAIによるショッピングの再構築 - OSA DC、トークンセールを開始

Sponsored by OSA
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    OSA DCは、すでに20の小売業者が使用しているプラ​​ットフォームを通じて、100万ドル以上の収益を上げており、今後世界中の数千のスーパーマーケットや小売店舗に、ブロックチェーンの透明性とAIの効率性高いモデルを広げていく計画です。小売業者が数十億ドルを節約するかたわら、同社のプラットフォームは、消費者に対し、購入前にすべての製品についてリアルタイムに競争力のある価格設定、製品の詳細、およびピアレビューを提供します。

    ニューヨーク、2015年5月15日 - 人工知能、ブロックチェーン技術、小売業界における専門家チームであるOSA Decentralized(OSA DC)がトークンセールを開始しました。同社の目標は、セールで調達した資金を使用して、AI対応のブロックチェーンプラットフォームを拡張し、小売業界全体が待ち望んでいたデジタル改革を提供することです。

    製品の発注、出荷、在庫管理で今も使用される旧式のアナログベースのシステムにより、小売業界は毎年4,000億ドル以上の損失を被っています。また、顧客の需要に基づく在庫管理に多くの店舗が失敗しているため、過剰在庫または在庫不足を引き起こしています。スーパーマーケットと食料品チェーンはさらに、大量の賞味期限切れ商品の廃棄により毎年1000億ドルの損失を被っています。

    OSA DCのデータおよび小売専門家は、AI、ブロックチェーン、スマートコントラクト技術を活用して、業界の混乱に秩序をもたらすことに専念しています。これにより、小売店のサプライチェーン上の製造業者、農家、運送会社によって生成されるあらゆるデータを誰でも追跡できるようになります。ブロックチェーンテクノロジーの特徴である、分散型元帳システムの透明性と高いデータ破損耐性により、OSAは小売業者とそのパートナー間の信頼関係が高まると確信しており、製品廃棄物は一掃されるでしょう。

    「現在、小売業では大規模な変革が進行中です。あらゆる国のスーパーマーケットチェーンは、老朽化し​​、学習機能の無い小売管理ソフトウェアを撤廃しており、学習可能なクラウドベースのアルゴリズムや人工知能で強化された店内ロボットと置き換えています。」とOSA DCのAlex Isaev最高経営責任者(CEO)は話しています。事実、International Data Corporation(IDC)が発表した経済予測によると、世界中の小売業者は今年だけでも34億ドルをロボットショッピングアシスタントやオムニチャンネルオペレーションなど、さまざまなAIシステムに投資しています。 「 非常に多くの小売業者がAIの統合を急いでいるため、ブロックチェーンベースのプラットフォームを作成し、その成長を加速する最初の企業は、市場を支配する大きな機会に恵まれます。私たちこそがその企業なのです。」

    2,285,714,285のOSAトークンが発行され、その45%(1,028,571,428)が購入可能となっています(1 OSAトークン= 0.0002 ETH)。当社は、4000万ドルの資金を調達する見込みであり、製品カタログと画像認識開発に資金の39%、コア製品開発に21%、研究開発に18%、そして17%をビジネス開発の支援に使用する予定です。OSA DCの目標は、調達した資金を利用することで既存のソリューションを画像認識モデルと包括的な製品マスタデータカタログによって強化し、AI駆動の分散型ブロックチェーンプラットフォームに搭載し、もっとも大きな市場である米国、中国、日本、韓国を始めとし、最終的には世界中に広げていくことです。

    消費者はOSAトークンを使ってB2Cサービスへの支払い、独占的なプロモーションオファーの受け取り、そしてもちろんヨーロッパ、北米、アジア太平洋地域の大手スーパーマーケットでの食料品購入を行うことが出来ます。スーパーマーケットのパートナー企業の経営陣と、OSAの創業者チームのデータサイエンティストは、今後OSAトークンを含めた暗号通貨が主流となって世界中の食料品店と小売店で広く受け入れられるだろうと同意しています。

    現在、米国では、13の国内小売業者が暗号通貨の支払いオプションを提供しています

    2015年に設立されて以来、OSA DCは20の小売業者と提携して100万ドル以上の収益を上げています。同社は、Coca-Cola、Mars、L'Oreal、Nestle、Metro Cash & Carryなどの主要国際ブランドにサービスを提供しています。

    小売業者とブランドの両方に対し、同社はAI駆動のビッグデータプラットフォームであるOSA Hybrid Platformを導入し、店舗の在庫を自律的に管理し、在庫切れの頻度を大幅に削減し、売上高を平均5.4%向上させました。ヨーロッパの代表的な製造業者と小売業者を代表する組織である、Efficient Consumer Response (ECR)とのパートナーシップを通じた3年間にわたる研究開発、プラットフォームのテストを経て、OSA DCの創業者たちは世界中の小売店とスーパーマーケットチェーンにプラットフォームと実績のあるソリューションを提供する準備を整えました。 「業界での50年の経験の中で、私は小売業における多くの体系的な変革を開発し、実行しました。」とウォルマートの元役員で現在はCygnus Familiaの社長兼CEOであるDon Swannは述べています。

    「店舗をより効率的にするために私が行った行ったすべての変革の中には、OSA Hybrid Platformで見たような大きなポテンシャルと顧客の信頼はありませんでした。これは本当にゲームのルールを変えるでしょう!」

    ブロックチェーンは、複雑なデジタル取引と詳細な製品データを記録、保管、追跡し、小売業者のサプライチェーン上の誰もがデータにアクセスできるようにします。これらの機能により、ブロックチェーンの民主的で透明性の高い技術は、消費者に最も大きな影響を与える可能性があります。スマートフォンアプリを通して情報を届けるか、各店舗の人工知能ロボットアシスタントを通じて話しかけるかに関わらず、買い物客は買い物の間に購入を検討しているすべての製品に関する豊富なデータにアクセスできます。

    過去に例のない購買力によって、買い物客は競争力のある価格情報、食品の成分に関する情報、そして食生活の習慣に合致するのかの情報へのアクセスを得ることができます。店舗内のロボットは、買い物客が店内を歩いているときにロボットが見るものに対して即座に情報にアクセスし、更新することができます。消費者は、購入する鶏肉が調達されてた農場の名前や住所を知ったり、食料品店の「鮮魚」売り場からマグロを購入する際には、いつ、どこでマグロが水揚げされたのかを即座に知ることが出来ます。もちろん、魚が本当に「新鮮」であるかどうかを知ることが出来るため、店舗の広告が正確であるかも分かります。

    これらのデータはすべて、消費者にこれまでにない小売の権限を与えます。正しい知識を持った、強力な買い物客の出現は、地元の市場においてスーパーマーケットがAIとブロックチェーン技術を統合した最初の企業になるべく急ぐ理由を正当化します。そのような技術を採用することは、小売業者の費用を節約し、廃棄物を最小限に抑えることよりもはるかに多くを意味します。それはまた消費者に力と、長きにわたり小売業者に求めてきた敬意を与えるのです。

    OSA DC、トークンセール、または会話に参加する方法の詳細については、以下のリンクをクリックしてください:

    セール中は毎日、100OSAトークンがラッキーなホワイトリスト 購読者に与えられます。ご興味ありますか?こちらをどうぞ: 100token-rules

    OSA DCの詳細とトークンセールに参加するには、次をご覧ください。 www.osadc.io

    Telegramの会話に参加し、当社の創業者と開発者に話すには、こちらをどうぞ: Telegram

    Follow us on Twitter: Twitter

    Facebookのフォローはこちら:Facebook

    MediumでOSA DCについてもっとよく知るには: Medium

    ブロックチェーン、および小売に焦点を当てた技術の専門知識を持つOSA DCチームは、買い物客に彼らにふさわしい力と尊敬を与える用意ができています。

    関連記事

    • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

      「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
    • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

      ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
    • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

      より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

    コメント