Mixin南アジア展開へ〜City Express Money Transferとの業務提携のお知らせ

Sponsored by Mixin
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

〜Mixinの南アジア展開〜

City Express Money Transferとの業務提携のお知らせ

Mixin Limited(本社:香港、事務所:香港、北京、東京。以下「Mixin」)、はネパールの大手総合金融グループCity Express Groupの中核会社 City Express Money Transfer PVT. LTD.,(本店:ネパール、事務所:カトマンズ、東京、以下「City」)は分散型台帳技術に基づいたMixin Network及びMixin Messengerのペイメントシステムに関する業務提携を同意し、ネパール向けにペイメントシステムをはじめとするMixinの技術・商品の提供を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

Mixin-CityExpress.jpg

City取締役Mahesh Kumar Shrestha氏(以下Shrestha氏)の紹介により、ネパールは世界でも屈指の出稼ぎ大国ともいえ、名目GDP(2013〜2014年度分)は約194.7億ドルであり、そのうち外国労働者と関わる海外送金額の対GDP比率が約28.2%になっております。また、ネパール国内でも労働者の64%は農業分野の仕事に務めております。近年、スマートフォンの普及に伴ったものの、モバイルペイメントシステムの整備が追いつけていない現状です。

Mixin Networkの分散型台帳ネットワークを採用したメリットとして、ネパールルピーによる購入したデジタル通貨を発行することができ、また疑わしい取引の追跡、KYCなどの機能まで搭載することも可能です。Mixin Networkを利用したMixin Messengerはチャット機能や2次元コード支払い機能を搭載しており、City Pay Out Networkに加盟している5,000超の金融機関等のカウンターにて入出金がご利用いただけます。更にデジタル通貨を利用した買物、送金サービスの利用も期待されております。

今後、Mixinは当社技術コンサルティング業務を担当するANEX株式会社(所在地:東京、以下「ANEX」)を通じてCity Express Money Transfer PVT. LTD.,と商品開発、実証試験等について取り組んで参ります。

WechatIMG298.jpeg

Mixin COO Danny Lee氏(別称:ミント氏)とCity Express Money Transfer取締役Shrestha氏の東京ANEX社での写真。

City Express Money Transfer(http://www.ctxpress.com/):

ネパール(E-Money事業者登録済;)、日本(資金移動業登録済)、韩国(韓国電子金融大手のWebcashと共同で海外送金事業者GmoneyTransに出資)等でペイメント、送金サービスを展開しております。

■ City Express Group 主要会社:

  • City Express Money Transfer PVT. LTD.[ペイメント]
  • City Express Finance Limited[銀行、ネパール証券市場上場コード:- CEFL]
  • City Express Saving and Credit Coopreative Ltd.[金融サービス]
  • Center for Power Development PVT. LTD.[水力発電]

Mixin Limited(https://mixin.one/):

元一下科技(YIXIA TECH)の技術パートナー,元BigONEシニアエンジニア馮暁東氏が、李笑来氏及び羅永浩氏から出資をいただき、創業した分散型台帳システムの開発会社です。元BigONE COO Danny Lee氏(別称:ミント氏)は2018年にMixinへ入社しました。現時点、分散型台帳を利用した開発者向けプラットフォームMixin Network、チャット及び仮想通貨送付等の機能を搭載したMixin Messengerを展開しております。

ANEX株式会社(https://docodemo.com/):

当社は青山哲氏と中山博氏より2017年にて創業し、Mixin Networkに関する技術コンサルティング業務を提供しております。また、仮想通貨取引交換所マッチングエンジン、仮想通貨分別管理財務システム、事業者ウォレット、不正侵入検知システム、本人確認自動化、AMLモニタリングシステムの日本展開に関するコンサルティング業務を展開しております。Fintech協会に加入しております。

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。[無料チケットのお申し込みはこちら](https://summit.teamz.co.jp/blockchain-summit-conference-only-coinjinja/)スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェ
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント