仮想通貨を動かしてる勢力って?

ミコ
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

こんにちは。韓国ママコイナーのミコです。 仮想通貨って、今までの中央集権的な金融システムとは違い、分散型経済システムっていうところが魅力ですよね。でも、このP2Pネットワークシステムにおいても勢力争いっていうのは、やっぱりあります。

仮想通貨勢力図の中でのポジションニング

仮想通貨が使われるようになって、全世界的にブロックチェーン生態系がたくさん形成されています。仮想通貨に関わる様々な人達や団体がいて、仮想通貨用語が飛び交いますね。ブロックチェーン技術開発者、投資家、取引所、マイナー、プレセールマーケティング、仮想通貨の学会や団体、法律事務所、ICO代理店などなど。どのポジションが魅力的でしょうか?

ではこの中で一番力が強く、影響力があるといえるのでしょうか?

それは、実はコインの採掘を行うマイナー達といえます。マイナー達はマイニングで得たコインをたくさん持っているから力を持っているのでしょうか?それだけではありません。マイナー達が力を持っている理由は、ブロックチェーン生態系において、ブロック自体を作ることができるノードを運営するからです。

ノードとは

では、ノードがどうして重要でしょうか?

イメージ的には、携帯電話を使用するにおいて、通信社の通信網が張り廻られていれば使用できることと似ています。たくさん中継点があって、通信網が張られていれば、圏外ということもなく、お互いに連結でき通話もできます。ただ携帯電話などはある一つ会社によって運営される中央集権型システムの中で運営されています。

ブロックチェーン生態系ではノードが張られていればこそ、ユーザーも増え、活発に利用され、生態系が維持されるのです。そして、ノードを張り生態系を維持するキーマンとなるのが、マイナー集団なのです。

enter image description here

2017年8月にビートコインを新しく矯正にハードフォークをして、ビートコインキャッシュができました。これを主導していたのは、中国ビートメインのウ〇〇ン氏であるとよくいわれています。全世界の多くのコイナーたちは反対もしましたが、どうして強制ハードフォークが可能だったでしょうか?それは、まさにそのコインの開発者でもなく、そのコインをたくさん持った投資家でもなく、ビートコインのマイニングを一番たくさん行っていたマイナー達の力が強かったため、その勢力の意見を無視することもできず、影響力があったからです。

このようにブロックチェーン生態系においてノードを扱うマイナー達の影響力は強いということです。

世界のマイニング分布図

このように見たときに、早くノードを形成することができるということが生存競争の鍵になります。下の図は韓国のBlockchain Timesからの引用で、世界のマイニング軍団の分布図です。

enter image description here

enter image description here

現在は国家別にまた集団別に、イーサリウム軍団、ネオ軍団、エイダ軍団というように、クォンタム軍団というように早く生態系を占領しようとするマイナー集団たちがいます。マイナー達に支えられ、早くユーザーを増やしたときに、ブロックチェーンの生態系が世間に生き残ることができるのです。

今日は、仮想通貨の流れを見るうえでは無視できない、マイナー達の勢力についてでした!

著者:ANGELICOのミコ

韓国在住10年のママコイナーのミコです。仮想通貨があたり前の近い将来に先駆けて準備中!日本のお友達は少ないので、皆さん仲良くしてね! Twitter :@micoclub

Website:AngelIico

enter image description here

関連記事

  • ALISユーザーが語る!ALISのココがダメ!

    はじめまして、ブルーモアイです。普段はALISで記事を書いているALISユーザーでございます。ALISは今、クローズドβです。そのため外部の方々には、なかなか内情が分かりづらいかと思います。よって今回は普段ALISを見ない方々のために、その内情をユーザー目線からご紹介します。というかをします!では、行ってみましょう。ALISクローズドβに投稿できる記事は、「」と「」のみです。そりゃね?腐っても仮想通貨界隈の人々ですから、数記事位なら楽々書けるんですよ。しかしそれを何十記事も、となると厳しい!常にネタ切れと隣り合わせなんです!そんなわけで、投稿数はβ版公開からじわじわ下がってます。すこし
  • まだガラパゴス島で消耗してるの?

    はい笑 皆様、こんにちは。ペペカルトです。え?タイトルが何か・・・って? まあ、ええやんwでも、 だと思います。一時期、日本は仮想通貨関係の法律ができたり、参加者が多かったりして、みたいなことが言われていました。ぶっちゃけ最近どうよw?税制にしろ、規制にしろ、してる感が否めません。 いや、はっきり言います。です。さらに、我々日本人は当然ですが、日本語を使います、何らかの情報を追うにしても、日本語で書かれていたほうが理解しやすいです。しかしながら、実は、仮想通貨やICOの情報を集めたりする際に、日本語で書かれた記事だけを読んでいると、もちろん、しかし、日本語よりも英語で書かれた
  • 基盤コイン?子トークン?

    アンニョンハセヨ~。はじめまして。ソウル在住のアンジェリコのミコといいます。ご縁あって、コイン神社さんでブロガーとして活動させていただくこととなりました。皆様、よろしくお願いします。私は韓国に10年ほど滞在してます。2015年に知り合いからの勧めで、仮想通貨を始めました。初めて仮想通貨で海外送金したときに、銀行送金よりも早く、手数料もかからないので、これは便利!と感激してハマりました。分散型経済圏の発展に関心があり、仮想通貨は知れば知るほど面白く、 二児のママでもあるので、子ども達の時代には、仮想通貨があたり前の世界になると信じ、 最近はインスピレーションでICOへの投資を主にしています。仮想

コメント