GLITZKOINによるダイヤモンド業界専用ブロックチェーンと仮想通貨

Sponsored by GLITZKOIN
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    GLITZKOINによるダイヤモンド業界専用ブロックチェーンと仮想通貨 最先端のブロックチェーン技術を利用して、GLITZKOINが900億ドル規模のダイヤモンド業界が持つポテンシャルを最大限にまで活かします。 ダイアモンド業界に長年携わってきたCEOのナヴニート・ゴエンカと共に、当プロジェクトはダイヤモンド業界に存在する弱点が何なのかを突きとめました。

    プロジェクトが実施され次第、ブロックチェーンを基盤とした包括的なダイヤモンド取引用プラットフォームを提供いたします。国際的なダイヤモンド取引を隔てていた地理的な障壁は消えてなくなることでしょう。バイヤーはブローカーや代理人をいちいち通すことなく、セラーがリストアップしたダイヤモンドを閲覧することが可能となります。

    プロジェクトの一部として実装される仮想通貨は、銀行システムがダイヤモンド取引に及ぼしていた制約を取り除くことに貢献するでしょう。面倒な手続き、処理の遅延、銀行の多大な手数料はこれまでは避けて通れないものでした。GLITZKOINの仮想通貨を使ってブロックチェーンの取引プラットフォームで決済を行えば、銀行を介する必要もありません。国際的な取引をする際に生じる通貨の両替に関する問題も、暗号通貨を採用すれば直ちに解決することが可能です。

    ブロックチェーンは本物かつ正確にグレーディングされたダイヤモンドのみがリストアップされることを確実にします。リストアップされるダイヤモンドには必ず信頼あるダイヤモンド試験機関から発行された証明書が必要となります。こうすることにより、熟練のバイヤーも新規のバイヤーも自信を持って取引できる安全な取引環境を生み出すことができるのです。

    マネジメントチームはこのプロジェクトをダイヤモンド業界と仮想通貨の利用者や事業者に対して積極的にプロモーション活動を行ってきました。ナヴニート・ゴエンカはダイヤモンド業界に20年間にもわたって携わっており、その経験を活かして最新テクノロジーと何十億ドルという規模を持つダイヤモンド業界とを結び合わせることに成功しました。これにより、世界各地から有力な25のダイヤモンドディーラーが当プロジェクトに参加することとなりました。こうして参加していただいたディーラーの皆さまのおかげで、総額20億ドルにもなるダイヤモンドの数々がGLITZKOINのブロックチェーン上に登録されることとなりました。

    GLITZKOINトークンを「次世代」のデジタル通貨と位置づけたCEOのナヴニート・ゴエンカは、GLITZKOIN以外の事業においても暗号通貨の利用を積極的に促進してきました。その努力がマレーシアで最大のコングロマリットであるYTLグループとの提携という形で実を結ぶことになりました。YTLグループは自らの所有する2つの高級ショッピングセンターにてGLITZKOINトークンを支払い方法として採用することに決定したのです。スターヒル・ギャラリーおよびロット10は、トークンが暗号通貨取引所に上場され次第、支払い方法として採用する予定です。

    ダイヤモンド産業のブロックチェーンの取引プラットフォームにおいて利用され、有名ショッピングアウトレットにて支払い方法として採用されるだけに留まらず、GLITZKOINトークンは主要な取引所においても取引が可能となります。トークンの様々な用途は大きな需要を生み出すこととなり、トークンの価格高騰を呼び起こすはずです。

    この大きな可能性を持ったプロジェクトのために、現在ICOを開催中です。皆様のご参加をお待ちしております。

    関連記事

    • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

      通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。よりI
    • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

      仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:
    • コイン相場club主催【全国詐欺被害額選手権】エントリー募集!

      2017年はビットコインブーム!「億り人」なんて言葉も生まれたくらいに稼いだ人もいて仮想通貨を持ってさえいれば、みんなホクホク。そして2018年はICOブーム!上場前のトークンを安く買って、上場後に高く売ってその利益で、みんなホクホク。・・・とまあ、これだけ聞けば仮想通貨やICOに関わる人はみんなホクホクしたように聞こえますが実際には、騙されて損しちゃった人もたくさんいます。 ⇒根拠のないガセネタで、結局○○コインは翌週暴落し、それ以来、ずっと含み損を抱えている。 ⇒ICO自体がそもそも存在しない。上場ももちろんデマ。話のすべては仕組まれた詐欺だった。気付いたころにはもうトークン購入費は支

    コメント