イニシャル・コイン・セール (ICO) 実施中のEO 、仮想通貨 ― 不換通貨取引所及びウォレット開設のライセンスを取得

Sponsored by ExpertOption
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    4つのプラットフォームから成るEOが近く予定している仮想通貨―不換通貨取引所とウォレットの業務ライセンスを取得した。これによりEOは、仮想通貨商品のローンチ前にライセンスを取得する初の仮想通貨企業の一つとなった。EOの仮想通貨取引所、仮想通貨ウォレット、オンラインプラットフォームでは不換通貨も利用でき、EO自体のコインEOと不換通貨の交換が可能である。

    仮想通貨分野では規制が導入され始めたばかりであるが、仮想通貨関連プロジェクトが多数出てきている今、規制に関する関心は大いに高まっている。多くの仮想通貨取引所やウォレットが業務ライセンスを取得しようとしてはいるが、現在いくつかの最大手を含む取引所やウォレットはライセンスなしで営業しており、仮想通貨マーケットが生まれたばかりという事情もありそれが許されている。

    オンライントレード業界参入以来規制に従って営業してきたブローカーExpertOption を母体として設立されたEOは他の商品と共に、仮想通貨・不換通貨双方が扱える仮想通貨取引所、ウォレットも開発・ローンチしようとしているが、これらについてもExpertOptionと同様規制に従う意向であり、仮想通貨商品ローンチに先立ち、仮想通貨取引業者ライセンス(ライセンス番号 FVR000193) 及び仮想通貨ウォレット業務ライセンス(ライセンス番号 FRK000161) を取得した。

    仮想通貨 ― 不換通貨間の金融ハブとして仮想通貨、不換通貨の保管・交換の役割を果たすウォレットEO.Financeは現行ロードマップによれば2018年7月にローンチ予定である。エコシステム最大のプロジェクトであるEO.Trade取引所は同じく2018年の12月に開設予定であるが、仮想通貨 (及び他の全てのEO商品)⇔不換通貨の直接交換業務を行うためのライセンスを今回取得した。

    複数のプラットフォームから成るEOのエコシステムは、仮想通貨と不換通貨の交換を容易にすることによりオンライントレードとブロックチェーンプロジェクトの間の距離を縮めるだろう。これらプラットフォームにより、新しく仮想通貨取引を始める人は不換通貨を使って仮想通貨を購入できるし、複雑な手順なしで仮想通貨を不換通貨に替えることもできる。

    エコシステムのオンライントレードプラットフォームExpertOptionにはトークンベースの口座も導入される予定である。ここではより高い利率でEOコインを使った仮想通貨取引ができる。さらにEO.Finance、EO.TradeにおけるEOコインの取引手数料は他のプラットフォームを利用する場合に比べ低く設定される予定である。

    4月16日に開始されたEO コインプレセールは6月29日で終了するが、さらに7月16日から8月31日までのプレセール第2ラウンドが予定されている。

    関連記事

    • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

      「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
    • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

      ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
    • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

      より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

    コメント