イニシャル・コイン・セール (ICO) 実施中のEO 、仮想通貨 ― 不換通貨取引所及びウォレット開設のライセンスを取得

Sponsored by ExpertOption
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    4つのプラットフォームから成るEOが近く予定している仮想通貨―不換通貨取引所とウォレットの業務ライセンスを取得した。これによりEOは、仮想通貨商品のローンチ前にライセンスを取得する初の仮想通貨企業の一つとなった。EOの仮想通貨取引所、仮想通貨ウォレット、オンラインプラットフォームでは不換通貨も利用でき、EO自体のコインEOと不換通貨の交換が可能である。

    仮想通貨分野では規制が導入され始めたばかりであるが、仮想通貨関連プロジェクトが多数出てきている今、規制に関する関心は大いに高まっている。多くの仮想通貨取引所やウォレットが業務ライセンスを取得しようとしてはいるが、現在いくつかの最大手を含む取引所やウォレットはライセンスなしで営業しており、仮想通貨マーケットが生まれたばかりという事情もありそれが許されている。

    オンライントレード業界参入以来規制に従って営業してきたブローカーExpertOption を母体として設立されたEOは他の商品と共に、仮想通貨・不換通貨双方が扱える仮想通貨取引所、ウォレットも開発・ローンチしようとしているが、これらについてもExpertOptionと同様規制に従う意向であり、仮想通貨商品ローンチに先立ち、仮想通貨取引業者ライセンス(ライセンス番号 FVR000193) 及び仮想通貨ウォレット業務ライセンス(ライセンス番号 FRK000161) を取得した。

    仮想通貨 ― 不換通貨間の金融ハブとして仮想通貨、不換通貨の保管・交換の役割を果たすウォレットEO.Financeは現行ロードマップによれば2018年7月にローンチ予定である。エコシステム最大のプロジェクトであるEO.Trade取引所は同じく2018年の12月に開設予定であるが、仮想通貨 (及び他の全てのEO商品)⇔不換通貨の直接交換業務を行うためのライセンスを今回取得した。

    複数のプラットフォームから成るEOのエコシステムは、仮想通貨と不換通貨の交換を容易にすることによりオンライントレードとブロックチェーンプロジェクトの間の距離を縮めるだろう。これらプラットフォームにより、新しく仮想通貨取引を始める人は不換通貨を使って仮想通貨を購入できるし、複雑な手順なしで仮想通貨を不換通貨に替えることもできる。

    エコシステムのオンライントレードプラットフォームExpertOptionにはトークンベースの口座も導入される予定である。ここではより高い利率でEOコインを使った仮想通貨取引ができる。さらにEO.Finance、EO.TradeにおけるEOコインの取引手数料は他のプラットフォームを利用する場合に比べ低く設定される予定である。

    4月16日に開始されたEO コインプレセールは6月29日で終了するが、さらに7月16日から8月31日までのプレセール第2ラウンドが予定されている。

    関連記事

    • 底打ちだろ?これ。俺はそう思うよ!

      今まで散々、下がる下がる行ってきましたがTweetでは昨日から上がる上がる言ってます。この記事を書いている最中にもまた一段階上がって6,500ドルを越えてきたようですという格言があるぐらいやから、ほんとに底を当てるのは難しいです。私も6350に下落したときに底宣言しておりました。一応、最後の下げが弱かったので半信半疑やったけど・・・。あれはいったい何だったのか?まぁまだ結論は出てないみたいだが、あれもクジラの相場を操作する手だとしたら非常にせこい・・・。実際、私のところにもかなり信頼できる方面からそんな話が入ってきておりました。まぁしかしそのおかげ?でショート1000ドル幅程度いただくこ
    • ALISユーザーが語る!ALISのココがダメ!

      はじめまして、ブルーモアイです。普段はALISで記事を書いているALISユーザーでございます。ALISは今、クローズドβです。そのため外部の方々には、なかなか内情が分かりづらいかと思います。よって今回は普段ALISを見ない方々のために、その内情をユーザー目線からご紹介します。というかをします!では、行ってみましょう。ALISクローズドβに投稿できる記事は、「」と「」のみです。そりゃね?腐っても仮想通貨界隈の人々ですから、数記事位なら楽々書けるんですよ。しかしそれを何十記事も、となると厳しい!常にネタ切れと隣り合わせなんです!そんなわけで、投稿数はβ版公開からじわじわ下がってます。すこし
    • 仮想通貨を動かしてる勢力って?

       こんにちは。韓国ママコイナーのミコです。仮想通貨って、今までの中央集権的な金融システムとは違い、分散型経済システムっていうところが魅力ですよね。でも、このP2Pネットワークシステムにおいても勢力争いっていうのは、やっぱりあります。 仮想通貨が使われるようになって、全世界的にブロックチェーン生態系がたくさん形成されています。仮想通貨に関わる様々な人達や団体がいて、仮想通貨用語が飛び交いますね。ブロックチェーン技術開発者、投資家、取引所、マイナー、プレセールマーケティング、仮想通貨の学会や団体、法律事務所、ICO代理店などなど。どのポジションが魅力的でしょうか?ではこの中で一番力が強く、影響力が

    コメント