イニシャル・コイン・セール (ICO) 実施中のEO 、仮想通貨 ― 不換通貨取引所及びウォレット開設のライセンスを取得

Sponsored by ExpertOption
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

    4つのプラットフォームから成るEOが近く予定している仮想通貨―不換通貨取引所とウォレットの業務ライセンスを取得した。これによりEOは、仮想通貨商品のローンチ前にライセンスを取得する初の仮想通貨企業の一つとなった。EOの仮想通貨取引所、仮想通貨ウォレット、オンラインプラットフォームでは不換通貨も利用でき、EO自体のコインEOと不換通貨の交換が可能である。

    仮想通貨分野では規制が導入され始めたばかりであるが、仮想通貨関連プロジェクトが多数出てきている今、規制に関する関心は大いに高まっている。多くの仮想通貨取引所やウォレットが業務ライセンスを取得しようとしてはいるが、現在いくつかの最大手を含む取引所やウォレットはライセンスなしで営業しており、仮想通貨マーケットが生まれたばかりという事情もありそれが許されている。

    オンライントレード業界参入以来規制に従って営業してきたブローカーExpertOption を母体として設立されたEOは他の商品と共に、仮想通貨・不換通貨双方が扱える仮想通貨取引所、ウォレットも開発・ローンチしようとしているが、これらについてもExpertOptionと同様規制に従う意向であり、仮想通貨商品ローンチに先立ち、仮想通貨取引業者ライセンス(ライセンス番号 FVR000193) 及び仮想通貨ウォレット業務ライセンス(ライセンス番号 FRK000161) を取得した。

    仮想通貨 ― 不換通貨間の金融ハブとして仮想通貨、不換通貨の保管・交換の役割を果たすウォレットEO.Financeは現行ロードマップによれば2018年7月にローンチ予定である。エコシステム最大のプロジェクトであるEO.Trade取引所は同じく2018年の12月に開設予定であるが、仮想通貨 (及び他の全てのEO商品)⇔不換通貨の直接交換業務を行うためのライセンスを今回取得した。

    複数のプラットフォームから成るEOのエコシステムは、仮想通貨と不換通貨の交換を容易にすることによりオンライントレードとブロックチェーンプロジェクトの間の距離を縮めるだろう。これらプラットフォームにより、新しく仮想通貨取引を始める人は不換通貨を使って仮想通貨を購入できるし、複雑な手順なしで仮想通貨を不換通貨に替えることもできる。

    エコシステムのオンライントレードプラットフォームExpertOptionにはトークンベースの口座も導入される予定である。ここではより高い利率でEOコインを使った仮想通貨取引ができる。さらにEO.Finance、EO.TradeにおけるEOコインの取引手数料は他のプラットフォームを利用する場合に比べ低く設定される予定である。

    4月16日に開始されたEO コインプレセールは6月29日で終了するが、さらに7月16日から8月31日までのプレセール第2ラウンドが予定されている。

    関連記事

    • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

      ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.29

      直近2週間は、UI最適化と機能追加により、アプリがアップデートしました。仮想通貨の相場は相変わらずの冬景色ですが、業界を少しでも盛り上げられるように頑張って参ります。最新版は今週中にリリース予定ですので、しばらくお待ちください。先週にリリースを予定していたTOPページなのですが、UIの微調整・ニュース整理のため予想していた時間より少し時間がかかりました。全ての情報をTOPページでスピーディーに確認できます。最新バージョンでは、各通貨詳細ページでSiri機能をショートカットで追加し、コインの価格がリアルタイムで確認できるようになります。簡単かつ便利に利用できる機能でございますので是非、お試しくだ
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.28

      2019年の1月も半分以上経っております。仮想通貨市場全体が下がっておりますが今年もコイン相場アプリはこれまで以上に進化していきますのご期待ください。今月は主に今までの機能を最適化する作業をおこないました。ニュースタブにTOPページが新設されます。今までユーザーは最新情報を得るために多数のページにアクセスする必要がありました。今回、アップデートされるTOPページではよりスピーディーな情報獲得ができます。また、速報スクリーンショットシェア機能が追加され、SNSで共有できるようになります。一般モードと夜間モード両方で目に負担がかからないような色を選別し、調整いたしました。待ち時間を減らすため、ポー

    コメント