【コイン相場3.0アップデート記念】プレゼント企画

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

キャンペーン概要

enter image description here

コイン相場 3.0版のリリースを記念して、Twitterアカウントのフォロー&リツイートで、1,000ALIS + 100,000NANJをLedger Nano Sに入れて、1名様にプレゼントします。Ledger Nano S自体の値段も含めると総額約5万円相当になります。

ささやかではありますが、日頃からお世話になっている皆さんへの感謝の気持ちと、日本の仮想通貨業界が盛り上がっていくよう願いを込めて、国産コインの2つを選択させて頂きました。

また、Ledger Nano Sは、日本の正規代理店・ハードウェアウォレットジャパンさんからキャンペーン用に提供して頂きました!

応募方法

・コイン相場アカウント(@coinjinja)をフォロー

・該当ツイート(https://twitter.com/coinjinja/status/1006001762308841472)をリツイートして下さい

締め切り&発表方法

応募の締め切りは2018年6月17日23:59となります。 当選者の方には2018年6月24日23:59までに、応募いただいたTwitterアカウント宛にダイレクトメッセージにてご連絡します。

※ダイレクトメッセージが送れない方は、当選を無効とさせていただきます。
※ダイレクトメッセージを送付後、1週間以内に返信いただけない場合は、当選を無効とさせていただきます。

Ledger Nano Sについて

ハードウェアウォレットの中でもトップクラスの人気を誇るのがLedger Nano Sです。

いわゆるCoinCheck事件の際にも発覚したように、仮想通貨取引所に資産を預けておく事自体に一定のリスクが伴います。

また、実際に、コールドウォレット(ハードウェアウォレット/オフラインウォレット)に仮想通貨資産を保管していなかったが為に発生した事件でもあるとも言えます。

仮想通貨資産を安全に管理するという意味では、1人1つは持っておきたいのがハードウェアウォレットです。

Ledger Nano SはBTCやETHといった主要コインから、ALISやNANJのようなERC20トークンまで幅広く保管が可能です。

今回、Ledger Nano Sをご提供頂いたのは、日本の正規代理店であるハードウェアウォレットジャパンさんです。

https://hardwarewallet-japan.com/

enter image description here

正規代理店以外からの購入は、様々なリスクが伴いますので、ご注意下さい。

ALISとNANJについて

もはや説明不要かもしれませんが、

日本初のICOとして様々な所で注目を浴びているALIS(https://alismedia.jp/)、既にクローズドβ版のソーシャルメディアも公開されています。

正確には日本初じゃないよ、という議論はありますが、先駆者として走っているのは間違いありません。

NANJ(https://nanjcoin.com/)はエアドロップコイン、1satoshiコインとして注目を浴びました。

コインとして言えば、上場後も日々流動性がある状態でここまで来ており、コミュニティの強さは圧倒的です。

個人情報の取り扱いについて

ダイレクトメッセージで取得した当選者の個人情報は、賞品発送のためだけに利用します。 細心の注意を払って取り扱いますが、情報の提供にご同意いただけない場合は、当選を無効とさせていただきます。

【重要】配布方法変更のお知らせ:更新(6/11 12:40)

ハードウェアウォレットにコインを入れて、という最初の趣旨でしたが、狸尊さん(@GodTanuXT)から下記のご指摘がありました。

  • 秘密鍵の譲渡は犯罪収益移転防止法に抵触する可能性がある
  • このようなハードウェアウォレット・プレゼント企画は犯罪のキッカケを作る可能性がある

プレゼントの応募方法や、内容は変更しませんが、

  • ハードウェアウォレットは未開封の状態でお送り致します
  • コインは別途、ETHアドレスをお伺いして、そちらに送金致します というようにプレゼントの送付方法を変更致します。

ハードウェアウォレットのプレゼント企画に関しては、

例えば、

ハードウェアウォレットに5,000円を入れて100名様にプレゼント

というプレゼント企画があった場合、支出は、ハードウェアウォレット代(16,000円程度)+5,000円で、200万円ですが、

100名中1人でも200万円以上ウォレットに入れていた場合を想定すると、犯罪側としては儲かる可能性がかなり高いです。

今後、同様の企画があった場合には、ご注意ください。

この度は、弊社の不注意でご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。

また、この件を受けて、

Ledger Nano Sの日本の正規代理店であるハードウェアウォレットジャパンさん(https://hardwarewallet-japan.com/)と、フィッシングやGox等も含めた、安全なウォレットの使い方セミナーを開催するよう準備を進めております。

後日改めてこの件は、ご連絡致します。

また、該当のTwitterのやり取りは下記のようになります。

狸尊さん、改めてご指摘ありがとうございました。

Twiiter原文

enter image description here

仮想通貨の安全管理セミナーを開催します:更新(6/14 14:30)

Ledger Nano S 日本正規代理店&仮想通貨アプリ・コイン相場のコラボセミナー

「仮想通貨を安全に保管する!セキュリティ知識向上セミナー」

申し込みはConnpassからお願いします。

→ https://connpass.com/event/91317/

上記のような経緯もあり、

  • そもそも安全に仮想通貨を管理する為にハードウェアウォレットを使おう
  • ハードウェアウォレットを使う際にも、注意すべき点があるよ

といった点にフォーカスしたセミナーをLedger Nano S 日本正規代理店である、株式会社Earth Shipさんと共催致します。

ハードウェアウォレットをこれから使い始めるという方も、既に使っているという方もぜひご参加ください。

→ https://connpass.com/event/91317/

関連記事

  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の
  • いま注目すべき、TEAMZブロックチェーンサミット

    TEAMZブロックチェーンサミットは、ブロックチェーン業界のキーパーソン、世界各業界の主要人物、最新のブロックチェーンプロジェクト、大手取引所とメディアプラットフォームを集めた盛大なビジネスイベントである。ブロックチェーンの最新動向を把握、ビジネスチャンスを掴む、貴重な人脈を作る絶好の機会は、2018年9月28日〜29日に東京で開催されるこのイベントにある。イベントの目的は、キーパーソンと優れたブロックチェーンプロジェクトを結びつけ、両者の良好な関係を促進し、取引成立、ビジネスアライアンスを確立、グローバルネットワークを拡大することである。2日間のサミットで、45名のスピーカーとキーパーソン、

コメント