麻生さん、あの件どーなんですか!?

兎に猫
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

皆さんはじめまして!平成生まれのゆとり女子、兎に猫(とにねこ)と申します。

この度「AL●Sで書くならCOIN JINJAで書いてみない!?」に応募しまして、記事を書かせて頂ける事になりました。

COIN JINJAでは私が仮想通貨売買をした際に謎に思ったこと、よくわからなかった事や、時報ネタを分かりやすくまとめていこうと思っています。

遅筆ですが、どうぞ末永くよろしくお願いします。

麻生さん、私達も汗かいてますよ?

今日はタイムリーにあの発言について、お話してみようと思います。

先日、麻生財務相が意訳するとこんな発言しましたね。

麻生財務相「仮想通貨の税金20%は国民の理解が得られるか疑問。」

仮想通貨に投資している人は「なんでー?」って思う人が多いかもしれません。

一応続きには、「仮想通貨の位置づけが不透明」であることや、「ブロックチェーン技術は仮想通貨以外にも使える技術な為、技術の育成の為本当に必要かどうか疑問」とも発言をしています。

ブロックチェーンについては嬉しい事ですが、私達に直結する税金は別でよね。

仮想通貨と他の投資の税金の違いとは

まず、税金の違いをおさらいしてみましょう。

仮想通貨に適応されている税金は「総合課税」といいます。

雑所得税の中にある税金で、所得金額に応じて税率が変わると言うもの。

最大で45%の税金がかかり、その上一律10%の住民税がかかります。

つまり仮想通貨で稼いだお金のうち、税金は55%……。

億り人になっても、5500万円は没収されるって事ですね。

では、今回話題になった税率20%の申告分離課税とはなんでしょう?

これは、株やFXに適応されている、申告分離課税は、雑所得ではなく、別のものとして税金計算します。

その為、利益の15%が申告分離課税、住民税が一律5%になります。

総合課税に比べると、だいぶ安くなりますね!

FXも総合課税だった!?

実はFXも過去に同じ理由で総合課税の時期が長かったりします。

その為、手数料が高い分、申告分離課税だった「くりっく365」などの商品も出てきたりしており、稼ぐ人はくりっく365、あんまり稼げない人は通常のFXという棲み分けもあった歴史もあります。

景気がそれなりに良くなった今は貯金目的でFXをする人も多いですが、当時のFXはギャンブル的扱いのイメージが強く、「バカがするもの」的な時期でもありました。

つまり知名度が低く、投機として判断されているうちは、申告分離課税は難しいという事。

実際に仮想通貨に興味をたくさん示しているのは30代までの若年層。一番人の多い団塊の世代には、知名度が低いのが現状です。

いろんな人々が手をだし、投資として気に入ってくれるまでは、申告分離課税にはならなそうですね……


著者:兎に猫(とにねこ)

平成4年生まれのゆとり女子。夫と一緒に仮想通貨を始め、マイナーメインで仮想通貨をしています。投資はバイナリーオプションから始め、FXや株の投資経験有。投資の座右の銘は「貯金の金利より儲かればいい」

Twitter :@cat_labbit

enter image description here

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェーン業界における最先端のイノベーションについて、今日および今後に向けて話題となっているトピックについて見解を語ります。堀江貴文NEM財団 元代表 – ロン・ウォン(Lon Wong
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント