麻生さん、あの件どーなんですか!?

兎に猫
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

皆さんはじめまして!平成生まれのゆとり女子、兎に猫(とにねこ)と申します。

この度「AL●Sで書くならCOIN JINJAで書いてみない!?」に応募しまして、記事を書かせて頂ける事になりました。

COIN JINJAでは私が仮想通貨売買をした際に謎に思ったこと、よくわからなかった事や、時報ネタを分かりやすくまとめていこうと思っています。

遅筆ですが、どうぞ末永くよろしくお願いします。

麻生さん、私達も汗かいてますよ?

今日はタイムリーにあの発言について、お話してみようと思います。

先日、麻生財務相が意訳するとこんな発言しましたね。

麻生財務相「仮想通貨の税金20%は国民の理解が得られるか疑問。」

仮想通貨に投資している人は「なんでー?」って思う人が多いかもしれません。

一応続きには、「仮想通貨の位置づけが不透明」であることや、「ブロックチェーン技術は仮想通貨以外にも使える技術な為、技術の育成の為本当に必要かどうか疑問」とも発言をしています。

ブロックチェーンについては嬉しい事ですが、私達に直結する税金は別でよね。

仮想通貨と他の投資の税金の違いとは

まず、税金の違いをおさらいしてみましょう。

仮想通貨に適応されている税金は「総合課税」といいます。

雑所得税の中にある税金で、所得金額に応じて税率が変わると言うもの。

最大で45%の税金がかかり、その上一律10%の住民税がかかります。

つまり仮想通貨で稼いだお金のうち、税金は55%……。

億り人になっても、5500万円は没収されるって事ですね。

では、今回話題になった税率20%の申告分離課税とはなんでしょう?

これは、株やFXに適応されている、申告分離課税は、雑所得ではなく、別のものとして税金計算します。

その為、利益の15%が申告分離課税、住民税が一律5%になります。

総合課税に比べると、だいぶ安くなりますね!

FXも総合課税だった!?

実はFXも過去に同じ理由で総合課税の時期が長かったりします。

その為、手数料が高い分、申告分離課税だった「くりっく365」などの商品も出てきたりしており、稼ぐ人はくりっく365、あんまり稼げない人は通常のFXという棲み分けもあった歴史もあります。

景気がそれなりに良くなった今は貯金目的でFXをする人も多いですが、当時のFXはギャンブル的扱いのイメージが強く、「バカがするもの」的な時期でもありました。

つまり知名度が低く、投機として判断されているうちは、申告分離課税は難しいという事。

実際に仮想通貨に興味をたくさん示しているのは30代までの若年層。一番人の多い団塊の世代には、知名度が低いのが現状です。

いろんな人々が手をだし、投資として気に入ってくれるまでは、申告分離課税にはならなそうですね……


著者:兎に猫(とにねこ)

平成4年生まれのゆとり女子。夫と一緒に仮想通貨を始め、マイナーメインで仮想通貨をしています。投資はバイナリーオプションから始め、FXや株の投資経験有。投資の座右の銘は「貯金の金利より儲かればいい」

Twitter :@cat_labbit

enter image description here

関連記事

  • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

    ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.29

    直近2週間は、UI最適化と機能追加により、アプリがアップデートしました。仮想通貨の相場は相変わらずの冬景色ですが、業界を少しでも盛り上げられるように頑張って参ります。最新版は今週中にリリース予定ですので、しばらくお待ちください。先週にリリースを予定していたTOPページなのですが、UIの微調整・ニュース整理のため予想していた時間より少し時間がかかりました。全ての情報をTOPページでスピーディーに確認できます。最新バージョンでは、各通貨詳細ページでSiri機能をショートカットで追加し、コインの価格がリアルタイムで確認できるようになります。簡単かつ便利に利用できる機能でございますので是非、お試しくだ
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.28

    2019年の1月も半分以上経っております。仮想通貨市場全体が下がっておりますが今年もコイン相場アプリはこれまで以上に進化していきますのご期待ください。今月は主に今までの機能を最適化する作業をおこないました。ニュースタブにTOPページが新設されます。今までユーザーは最新情報を得るために多数のページにアクセスする必要がありました。今回、アップデートされるTOPページではよりスピーディーな情報獲得ができます。また、速報スクリーンショットシェア機能が追加され、SNSで共有できるようになります。一般モードと夜間モード両方で目に負担がかからないような色を選別し、調整いたしました。待ち時間を減らすため、ポー

コメント