中華系取引所トークン:BigONEが発行するONEについて

Yu Numazaki
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

最近話題になっている配当型の取引所トークンですが、BigONEという取引所も発行を発表し、早速アカウント開設の受付を始めています。

いずれも中華系の取引所で、FT、OCX、BIG、CONI辺りが現地では注目を浴びているようです。

※BIGはBigONEが発行するトークンで、ONEとは別に以前から発行されていたものです。

今回は、英語になっていた説明をざっくりと日本語にしてみました。

尚、「ONE」の取引マイニングへの参加は先着順で行われるようです。

スケジュール

2018年6月22日「ONE」のマイニングを開始

「取引マイニング」セクションの取引手数料の100%が「ONE」で配分されます。

最初の3日間の「ONE」の配分はすべて6月25日に行われます。

2018年6月25日「アーリーバード」になると「ONE」を獲得出来ます!

人数限定、数回に分けて「アーリーバード」の枠を開放していきます。

早期に「取引マイニング」を体験してみましょう。

2018年6月28日一般公開

「取引マイニング」が全ての人に公開されます。

「ONE」を持つ人に、取引手数料の100%が配分されます。

「ONE」とは?

仮想通貨取引所BigONEが新規発行するトークンです。

発行総数は200億枚、となり、マイニングされるまではロックされた状態にあります。

BigONEは、「ONE」ホルダーに取引手数料の100%を配分します。

51%:コミュニティインセンティブ

「取引マイニング」を通じて徐々にリリースされ、マーケットに流通していきます。

49%:BIGホルダー

既に発行されているBIG tokenのホルダーに「ONE」が段階的にリリースされていきます。

収益分配やコミュニティに対する権利は保持出来ますが、2022年7月1日まで取引可能は出来ません。

「取引マイニング」

「取引マイニング」によって発生した手数料はすべて「ONE」で100%配分されます。 「ONE」のコミュニティインセンティブ部分から翌日の午前11時にリリースされます。

「ONE」トークンホルダーに対する収益配当

BigONEの取引手数料は100%「ONE」トークンホルダーに配分されます。取引手数料は、様々なトークンの形で 「ONE」トークンホルダーに配分されます。

紹介により、「ONE」を更に獲得する

紹介された方が、KYCをパスし、アカウントに1USDT以上の資産を保持した場合に発生します。「取引マイニング」で発生した手数料の20%が「ONE」で配分されます。

Q&A

「ONE」はどうやって獲得しますか?

  1. 「取引マイニング」:Trade-mining セクションで売買を行った場合、取引手数料の100%の額と同等の「ONE」が付与されます。
  2. 「ONE」を直接購入する :他の仮想通貨との売買で、「ONE」を購入することが出来ます。
  3. リファーラルを活用する:紹介した方の取引手数料の20%が「ONE」で付与されます。
  4. BIG tokenを購入する:BIG tokenを持っていると、「ONE」が段階的に付与されます。ここで獲得した「ONE」は2022年7月1日まで売買は出来ませんが、配当等を受ける事は出来ます。

公式ページ等

なんか、ざっくり訳しました、だけになってしまいましたね。

特徴的に言えば、取引手数料がONEでキックバックされるのも100%分、配当も100%で配分される、という条件的には名一杯なのが特徴でしょうか。

BinanceやBit-Zも動き出すようで、取引所の序列は大分このタイミングで変わってきそうですね。


著者:Yu Numazaki

Focused on driving growth for CoinJinja.com, a top ICO search engine, and CoinView, the world's best all-in-one cryptocurrency portfolio management app available for iOS and Android.

Twitter :@yu_numazaki

WebSite:CoinView - Best all-in-one cryptocurrency portfolio management app

enter image description here

コインポイン

関連記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・

コメント